沖縄の島コショウ「ピパーチ」がお土産でも人気に

「島コショウ」の「ピパーチ」をご存じですか?

G-0007 ピパーチ(ヒハツ)30g
最近、国際通りのお土産屋さんでもピパーチが増えてきました。

通称「島コショウ」と言われるこのピパーチ、実はすごい健康効果があるということでメディアに取り上げられ、そこから大人気商品になっていると言います。

沖縄は日本でも数少ないこのピパーチの産地。
お土産品でも、ネットでの購入でも、ピパーチの需要が高まっているそうです。

ピパーチ人気の理由

ピパーチ人気の最大の理由は、おそらく「痩せるから」です。

ピパーチは「ヒハツ」という植物で、沖縄で育てられているのは「ヒハツモドキ」という種類のものらしいのですが、そのヒハツには優れた血行促進効果があるそうです。

昔、痩せるということで七味唐辛子が流行し、「マイ七味」を持ち歩く女子高生も多くいたそうですが、ピパーチ(ヒハツ)も同様に血行を促進して新陳代謝を活性化し、ダイエットに有効なのだそうです。

また、有効成分の「ピペリン」は、効果がゆっくりで、毛細血管を丈夫にしつつ毛細血管を拡張する働きがあり、そのために末端まで血行が良くなるそうです。冷えに悩む人に特に有効なのだとか。

↓↓ 参考になりそうな動画見つけました。

沖縄の地元人は肥満に悩む人も多くなっていますが、冷えはあまり多くない、かな。

ピパーチの風味と使い方

ピパーチ、私も何度か口にしたことはありますが、東南アジア系の料理で口にしたことがありそうな味のスパイスです。

コショウというよりも、ブレンドされたスパイスのような、まろやかというか、いろんなな味がするスパイスだなと思っています。

沖縄では、八重山そばやジューシーにピパーチを入れて食べることがあるとのことですが、個人的にはトウガラシと好みで分けてる(代用?)のかなという印象です。ただ、スパイスを入れると味がしまるので、好きな人は好きでしょうね。中身汁に入れても美味しいですし、フライ系の衣に味付けとして入れるのも良いと思います。

沖縄のスパイスに期待

実は今、沖縄ではスパイス屋さんが増えてきています。

沖縄県産のものばかりではないのですが、沖縄は今や日本だけでなく、東南アジアの玄関としても訪れる人が少なくありません。中南米やヨーロッパからの観光客も増えており、そういった海外の人々には東南アジアで取れるスパイスは興味深く見えるようですね。

海外勢に負けず、沖縄のスパイスも頑張ってほしいと思います。

興味のある方は、以前に書いたスパイスについての記事もご覧ください。

沖縄めぐりを楽しくしてくれる「通」の書籍たち

沖縄めぐりを楽しくする書籍

沖縄の石畳

 

沖縄を扱った書籍というのは非常に多いのですが、観光などで来る方は観光地やショッピング、また飲食店やドライブマップのような書籍を利用されている方が多いと思います。

今回は、そういった定番ではなく「通」になれる書籍を紹介したいと思います。
これを読んでおけば、旅がより味わい深くなるのではないでしょうか。

やっぱり「ブラタモリ」は面白い

まず紹介したいのがNHKで放送されている「ブラタモリ」の本。
沖縄にもタモリが来て色々と歩き回っていましたが、首里城やナハについての様々な情報が紹介されています。観光地を押さえつつ、その歴史や味わいに興味を持たせる内容になっているので、是非ご覧いただきたいです。

 

ブラタモリ 6 松山 道後温泉 沖縄 熊本
KADOKAWA (2016-12-16)
売り上げランキング: 1,136

 

今回は沖縄が載っているものを紹介していますが、2017年の年初に放送されていた、横浜のハマに関する話も、沖縄といろいろオーバーラップする状況があって面白かったです。

地元ガイドの底力「那覇まちま~いの本」

こちらは那覇の観光ガイドを行なっているガイドさんたちが執筆している那覇に関する書籍です。地元の人も知らないようなウンチクが多くあり、見慣れた町の景色もどこか違って見えるようになります。

 

地元ガイドが書いた那覇まちま~いの本―一緒に歩こう那覇のまち
那覇まちま~い
ボーダーインク
売り上げランキング: 75,649

 

私もガイドをお願いして巡ったことがありますが、たくさんの歴史が那覇の町のあちらこちらに残っていることに驚きました。そして、ガイドさんは職場を引退された方も多いのですが、年齢の割に皆さんご健脚です。

ガイド料金も控えめで利用しやすいので、歴史散策がお好きな方や、イベント性のある観光がしたい方は是非どうぞ。

那覇まちま~い

使って嬉しい「ランチマップ」

こちらは紹介できる画像が無いのですが、今、沖縄で人気のあるジャンルとして、「ランチマップ」という書籍があります。

これは地域別に作られていて、周辺のお店を紹介しつつ、掲載店のランチが500円で食べることが可能というもの。1000円で購入できるので、3~4回使えば充分に元が取れます。同じお店でも何回か使えます。ただし、期間限定ですから注意してくださいね。

書店や一部コンビニで販売されているので、ある程度長期ステイになる人は購入してみてもいいと思います。種類も沖縄そばはもちろん、カフェランチからバーガーショップ、カレー、ハンバーグ、沖縄料理などなど盛りだくさんで魅力的です。

その他にも沖縄の書店には地元情報を紹介する本が豊富にありますので、お土産探しの際にはぜひ書店にも立ち寄ってみてくださいね。

レキオストリート式 おみやげランキング(2015年8月~2016年7月)

レキオストリート的 おみやげランキング

ランキング

 

今年は集計に時間がかかりましたが、
「沖縄みやげ案内レキオストリート」の独自集計によるランキングを紹介します。

【昨年のランキングはこちら】

今回の集計期間は2015年8月から2016年の7月までの1年間です。

ぜひ、沖縄のおみやげ選びの参考にしてください。

昨年はトップ10まで紹介しましたが、
今年はトップ10は同数で並ぶものが多かったため、
トップ5で紹介したいと思います。

では、5位から見ていきましょう。

 

5位:、かりゆしウェア

 

過去記事はこちら

5位は沖縄の夏の定番、かりゆしウェア。

これを着ている人が多いと、沖縄に来た感じがしますよね。
ちょっと砕けた感じで、着心地も楽。
出張で沖縄に来た人も、ついつい購入してしまうというかりゆしウェア。

最近はネットの直販をしているお店が増えてきています。

中には、かりゆしウェアではなく、普通のアロハシャツを、
「かりゆしウェア」の名目で販売していることもあります。

正しいかりゆしウェアについては、過去記事を参考にしてください。
ポロゆしも毎年新しいものが出ていますので、プレゼントなどに是非どうぞ。

最近は冬シーズンにも耐えられる長袖仕様も出ています。

 

4位:沖縄本

 

ウチナーあるある
ウチナーあるある

posted with amazlet at 16.11.03
ウチナーあるある研究会
ティー・オーエンタテインメント
売り上げランキング: 77,163

 

過去記事はこちら

4位は、沖縄本。
沖縄に関する本がこのサイトからたくさん見られています。
観光本と言うよりも、沖縄に関するマジメな本を見てくれているようです。

今、社会的政治的にも注目され、経済的にも「ラストリゾート」と呼ばれて注目されている沖縄ですが、きちんと理解したいと考えている方も多いのですね。

沖縄の書店には沖縄に関する本が非常に多く並んでいます。
郷土研究が盛んな沖縄ですが、それだけアイデンティティを大事にしているのですね。
日本人でもあり、沖縄人でもある。そういった沖縄県の独特の感覚を知りたいという人が是非多くなってほしいものです。

 

3位:やちむん

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やちむん ノモ陶器 3.5寸マカイ(ご飯茶碗)
価格:1512円(税込、送料別) (2016/11/3時点)

過去記事はこちら

続いて3位は食器、やちむんがランクインです。

毎年、多くの人が沖縄を訪れ、おみやげにやちむんを購入していきます。
やちむんの聖地(?)である壷屋や読谷の窯には、多くの観光客が訪れます。

何を隠そう、私は結婚式の引き出物でやちむんを招待客にプレゼントしました。
もらって嬉しく、そして愛嬌と温かみのあるやちむんは、おみやげでも引き出物としても人気者なのです。

やちむんも種類が非常に増えてきて、デザインも様々です。
過去記事はやちむんについて詳しく扱っているので、よければ是非ご覧ください。

 

2位:珊瑚(サンゴ)アクセサリー

 

過去記事はこちら

2位は、芸能人の事件からも話題になった珊瑚がランクインしました。

沖縄といえば珊瑚というイメージを持っている人も多いですが、それがどのようにアクセサリーになっているのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。

サンゴも多くの種類があり、商品ラインも豊富です。
サンゴのアクセサリーをつけるだけで、アジアンビューティー度アップです。

観賞用に、また着装用に、是非見てみてはいかがでしょうか。

 

1位:うっちん(ウコン)

 

過去記事はこちら

1位は、なんと「うっちん(ウコン)」。

正直私も非常に意外でした。

検索からの反響としては、「さんぴん茶」が一位だったのですが、実際におみやげとして購入されたり選ばれているのは沖縄産のウコン製品だったんですね。

最近は若者のお酒離れが進んでいるといいますが、沖縄では以前としてお酒の文化は根強く残っているように感じます。胃や肝臓を大事にするためにも、うっちん製品をしっかり取り入れましょう。最近は居酒屋でもうっちん茶が頼めるところが増えましたね。

肝臓の機能を高めるので、体の調子を整えたり、代謝を高めてダイエットにも効果を発揮してくれますよ。

 

 

総評

以上が一年間のランキングでした。
今年は更新・発表が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

皆さんが購入したことのある品物はありましたか?

普通のおみやげランキングだと、ほぼ間違いなく「ちんすこう」が一位になりますが、ここのランキングだとあまり上位に来ません。

割と通のおみやげが選ばれるレキオストリートでは、意外なものがランクインして来るのが特徴です。

食品類が沖縄のお土産では定番ですが、旅行慣れした方や通の方、また沖縄が地元という方へのお土産には、少し定番を外して、上記のランキングのものが良いのかもしれませんね。食品はアンテナショップでも購入できますし、ちょっと意外性を出して、こういったものを現地で買い付けたりネットで注文すると喜ばれるのではないでしょうか。

ランク外になりましたが、その他に評価が高かったのは、

といったものがありました。

沖縄の魅力とおみやげを、地元民の目線でお伝えしていくレキオストリート、これからも頑張っていきますので、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

沖縄には薬草がいっぱい

沖縄には薬草がいっぱい

クワンソウ

 

沖縄といえば、内地(本土)とは違った自然環境から、独特の生物が生息していることが広く知られていますが、亜熱帯という自然環境の中で育った植物には多くの薬効を保有するようになったものもあります。

現代はいろんな病気がありますが、沖縄の多くの薬草たちは健康食品やサプリメントなどで注目されていて、多くの人々の健康維持・増進のために役立てられています。

そんな薬草を利用した商品も沖縄のおみやげとして、特に中高年齢層が相手であれば非常に喜ばれます。いくつかをご紹介しましょう。
 

沖縄ハーブ健康法~病気のデパートだった私がみつけた病に負けない生き方
安田 未知子
WAVE出版
売り上げランキング: 269,516

 

長生きできる?「長命草」

 

 
「一株食べると、一日長く生きられる」というところから名前がついたと言われる長命草は、ボタンボウフウという和名のある植物です。長寿につながる薬草として、沖縄では昔から「長命草(チョーミグサ)」と呼ばれています。

いかにも薬草な感じのネーミングですが、普通にスーパーや八百屋さんに並んでいることもあり、家庭によっては普通に食事に混ざっていることもあります。

そんな長命草は、昔から滋養強壮に効果があると言われていて、今は特に活性酸素のダメージを抑制する抗酸化成分の作用が抗がん効果が期待できると言われ、また頻尿などの泌尿器系のトラブルにも効果があると言われています。

その他、高血圧、動脈硬化、神経痛、リュウマチ、鎮咳、鎮静、利尿作用、感冒、咳止めなどの効果が期待できるそうです。

これだけ効果があれば、確かに長生きするしかありませんね。

 

「命の薬(ぬちぐすい)」の代表格「ハンダマ」

 

 
沖縄料理店に行くと見かけることも多い「ハンダマ」ですが、何のことやらと思う人も多いでしょう。ハンダマは和名では「水前寺菜」とも呼ばれることがあるようですが、沖縄ではハンダマは一般的な野菜としてよく食べられています。

ハンダマはおひたしや天ぷら、サラダなどで食べることが多く、ぬめりが加熱すると出てくるという独特の食感と、葉野菜であるのにやや紫色をしているという特徴を持っていて、サラダなどに色を与えてくれるので料理にも使いやすい素材です。

実はハンダマの紫色はブルーベリーなどにも見られるアントシアニンという色素(ポリフェノール)で、高い抗酸化作用を持っていて、目の疲労回復や眼病予防に効果の高い成分です。

鉄分も多いので、貧血予防にも効果的ですし、「血の薬」と沖縄では昔から呼ばれていました。

低血圧、めまい、貧血、頭痛、不眠症などへの効果が期待できるため、薬膳で多く取り入れられています。

 

初めて見ると驚く「黒人参」

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

フッチョ 黒酢 ハーブ 黒人参 沖縄長生薬草本社 濃縮タイプ 200ml
価格:1140円(税込、送料別) (2016/9/10時点)

 
その名前の通り、黒い人参。
一度見ると、人参のイメージが完全に変わります。

人参のような栄養素に加え、アントシアニジンやポリフェノールといった栄養素を多く含んでいて、美容や健康にも大きな効果を発揮してくれるそうです。沖縄でも栽培がされていて、サプリメントや健康食品も多く出てきています。

抗酸化作用、腎機能の強化、目の健康増進、心臓病、アンチエイジングなどの効果があります。薬膳の世界では、黒い食べ物は腎臓に良いとよく言いますが、やはり例に漏れず腎臓の機能を維持・改善する効果が高いそうです。

 

「てーげー」気分にしてくれる?「クワン草」

 

もっと沖縄プロジェクト ぐっすりん 20粒入り 3箱セット
もっと沖縄プロジェクト
売り上げランキング: 243,696

 
クワン草はオレンジ色の花をもったきれいな植物ですが、根から花まで残すところなく食べられるという優秀な薬用植物。

興奮やイライラとした神経を押さえてくれる効果があり、また補血作用や滋養強壮にも効果があると言われています。沖縄の人は「てーげー(適当。気楽)」という感覚を非常に好みますが、まさにてーげーにしてくれる薬草です。

沖縄では不眠症にも有効という話が昔からあるのですが、科学的には裏づけらしいものがないらしいです。マウスによる実験では睡眠時間が伸びるのは確認されているそうですが、それだけでは不眠症への効果があるとは言い切れないのだとか。

ただ、それを除いても多くの効果を期待できるとして、様々に用いられています。

 

最も有名なのはやはり「ウコン」

 

沖縄ウコン100%琉球酒豪伝説 6包1袋×2
沖縄県保健食品開発協同組合
売り上げランキング: 101,004

 
沖縄の薬草としてもっとも有名なのはやはりウコンでしょう。

いわゆるターメリックとも呼ばれるものですが、高い抗菌作用があり、肝臓や胃腸の働きを助け、機能の向上を促す効果があります。結果、滋養強壮などの多くの病気に効果があるとされていますし、アルコールの分解能力もアップします。

胃炎、蓄膿症、肺炎、肝炎 、腎臓炎、胆のう疾患、黄疸、血尿、婦人病、抗酸化、生活習慣病など様々な薬効がありますから、特に現代人にとても有効な薬草です。

ウコン茶や、料理のスパイスとして様々に使うことができます。

 

沖縄の薬草がすごい理由

 
薬草というのは、それ自体が非常に強い生命力を持っているのが特徴です。

いわゆる薬草と言われるものは、過ごしやすい地域ではあまり育たず、過酷な環境の中で生存するのが特徴です。ですから、人間が食事などで摂取する際にその豊富な生命力を取り込むことができ、様々な病気に効果を発揮するのです。

年中を通して気温が高い沖縄ですが、人間には過ごしやすい面もありますが、植物たちにとってみれば、長期間にわたる強い日差しと、そして激しい雨や、年に何度も訪れる台風との戦いは避けられません。その中で培われた生命力は、まさに「命の薬(ぬちぐすい)」となって私たちに作用してくれるのです。

疲れやすい、年齢の影響を感じる、気になる病気がある、そういった場合は、沖縄の自然が生んだ薬草たちを摂取してみると良いかもしれませんね。
 

沖縄の「世界初の真珠」というおみやげはいかが?

沖縄の「世界初の真珠」というおみやげはいかが?

真珠

 

沖縄に観光に来られたことのある方の中には、リゾートホテル内やおみやげ品店のアクセサリーコーナー、また街中のお店で真珠を扱ったものが多いことに気付いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

知る人ぞ知る、という感じではありますが、実は沖縄県の石垣島では、真珠の養殖も行われているので、それを加工した真珠製品がたくさんあるのです。

沖縄サミットが行われた際も、主賓の方々への贈答品として贈られたり、結婚記念日のプレゼントなど、大事な方のおもてなしやプレゼントに最適として、非常に人気があるものなのです。

豊かな自然が生み出した良質な真珠

沖縄は誰もが知るとおり、豊かな自然環境、特に海洋環境に恵まれた地域です。

大昔には、近海で採取される様々な貝を持って航海して貿易し、貝の道と呼ばれる海路で日本列島の各地と交易をしたり、朝鮮半島とも交易を行っていました。

それだけ沖縄の近海は様々な貝が採れる地域ということですが、特に石垣島の川平湾は真珠の生息に最適の地域で、非常に良質の真珠が採れるそうです。沖縄の石垣島で世界で初めて養殖に成功したのは黒蝶真珠と呼ばれる種類です。

黒蝶真珠はどこでも採れるわけではなく、サンゴ礁の生息するきれいな海、そして温度や栄養、また台風の影響を受けにくいなどの様々な条件が必要になります。

こういったことを踏まえて、数十年にわたって研究し、黒蝶真珠の養殖に取り組んだ結果、現在の成功に繋がっているのです。その後、さらに研究が続けられ、世界で初めて白蝶真珠の養殖にも成功するようになりました。

今もひとつの真珠ができるまで、数年の歳月をかけてひとつずつ大事に育てています。

黒蝶真珠とは?

黒蝶真珠の母貝となるクロチョウガイは別名「ブラックリップ」とも呼ばれ、貝の内側は白銀色の真珠層でありながらも、外部の周縁部は黒味を帯びることに由来します。

黒蝶真珠は、母貝のクロチョウガイがアクティブなため、その影響を受けて生まれる真珠の形が真円状、ドロップ状、バロックなどバラエティがあります。他の真珠と比較したときには、同心円状の筋が入ることが多いのが特徴です。

黒蝶真珠はクロチョウガイが3色の色素を持っているため、豊富な色のバリエーションがあるのが特徴です。

天然の黒蝶真珠は40万個のクロチョウガイから1個しか取れないとも言われていて、「幻の真珠」と呼ばれるそうです。

白蝶真珠とは?

白蝶真珠の母貝になるシロチョウガイには、真珠層の周縁部が銀白色のもの(「シルバーリップ」)と黄色のもの(「ゴールドリップ」)の2種類があります。前者はオーストラリア北部の海域、後者は東南アジアの海域に生息しています。

白蝶真珠の貝がらは「マザーオブパール(MOP)」と呼ばれ、古くから高級な貝ボタンやナイフ、フォークの柄などの材料に使われてきました。黒蝶真珠も白蝶真珠も、昔から高級腕時計の文字盤などにも用いられているそうです。

白蝶真珠もカラーバリエーションや形が豊富なことが魅力の真珠で、しかも真珠貝の中でも特にボリュームがあることが特徴です。白やゴールドのような気品ある色で存在感があるので、愛好家も非常に多くなっています。

真珠はすべて一点もの

養殖されるとはいえ、そこから取り出される真珠は一点もの。
ひとつひとつ形も質も違ってきます。

ですから、世界でたったひとつの贈り物として、非常に価値のあるものとなるでしょう。
沖縄の旅の思い出として、ぜひご利用くださいね。

真珠を扱っているお店には、真珠を取り出す体験をさせてくれるところもあります。

そういったアクティビティもぜひチャレンジしてみてくださいね。