沖縄の「世界初の真珠」というおみやげはいかが?

沖縄の「世界初の真珠」というおみやげはいかが?

沖縄に観光に来られたことのある方の中には、リゾートホテル内やおみやげ品店のアクセサリーコーナー、また街中のお店で真珠を扱ったものが多いことに気付いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

知る人ぞ知る、という感じではありますが、実は沖縄県の石垣島では、真珠の養殖も行われているので、それを加工した真珠製品がたくさんあるのです。

沖縄サミットが行われた際も、主賓の方々への贈答品として贈られたり、結婚記念日のプレゼントなど、大事な方のおもてなしやプレゼントに最適として、非常に人気があるものなのです。

豊かな自然が生み出した良質な真珠

沖縄は誰もが知るとおり、豊かな自然環境、特に海洋環境に恵まれた地域です。

大昔には、近海で採取される様々な貝を持って航海して貿易し、貝の道と呼ばれる海路で日本列島の各地と交易をしたり、朝鮮半島とも交易を行っていました。

それだけ沖縄の近海は様々な貝が採れる地域ということですが、特に石垣島の川平湾は真珠の生息に最適の地域で、非常に良質の真珠が採れるそうです。沖縄の石垣島で世界で初めて養殖に成功したのは黒蝶真珠と呼ばれる種類です。

黒蝶真珠はどこでも採れるわけではなく、サンゴ礁の生息するきれいな海、そして温度や栄養、また台風の影響を受けにくいなどの様々な条件が必要になります。

こういったことを踏まえて、数十年にわたって研究し、黒蝶真珠の養殖に取り組んだ結果、現在の成功に繋がっているのです。その後、さらに研究が続けられ、世界で初めて白蝶真珠の養殖にも成功するようになりました。

今もひとつの真珠ができるまで、数年の歳月をかけてひとつずつ大事に育てています。

黒蝶真珠とは?

黒蝶真珠の母貝となるクロチョウガイは別名「ブラックリップ」とも呼ばれ、貝の内側は白銀色の真珠層でありながらも、外部の周縁部は黒味を帯びることに由来します。

黒蝶真珠は、母貝のクロチョウガイがアクティブなため、その影響を受けて生まれる真珠の形が真円状、ドロップ状、バロックなどバラエティがあります。他の真珠と比較したときには、同心円状の筋が入ることが多いのが特徴です。

黒蝶真珠はクロチョウガイが3色の色素を持っているため、豊富な色のバリエーションがあるのが特徴です。

天然の黒蝶真珠は40万個のクロチョウガイから1個しか取れないとも言われていて、「幻の真珠」と呼ばれるそうです。

白蝶真珠とは?

白蝶真珠の母貝になるシロチョウガイには、真珠層の周縁部が銀白色のもの(「シルバーリップ」)と黄色のもの(「ゴールドリップ」)の2種類があります。前者はオーストラリア北部の海域、後者は東南アジアの海域に生息しています。

白蝶真珠の貝がらは「マザーオブパール(MOP)」と呼ばれ、古くから高級な貝ボタンやナイフ、フォークの柄などの材料に使われてきました。黒蝶真珠も白蝶真珠も、昔から高級腕時計の文字盤などにも用いられているそうです。

白蝶真珠もカラーバリエーションや形が豊富なことが魅力の真珠で、しかも真珠貝の中でも特にボリュームがあることが特徴です。白やゴールドのような気品ある色で存在感があるので、愛好家も非常に多くなっています。

真珠はすべて一点もの

養殖されるとはいえ、そこから取り出される真珠は一点もの。
ひとつひとつ形も質も違ってきます。

ですから、世界でたったひとつの贈り物として、非常に価値のあるものとなるでしょう。
沖縄の旅の思い出として、ぜひご利用くださいね。

真珠を扱っているお店には、真珠を取り出す体験をさせてくれるところもあります。

そういったアクティビティもぜひチャレンジしてみてくださいね。

フェイスマスク「LuLuLun(ルルルン)」の沖縄限定がアツイ!

沖縄のみやげ物屋の店先に多い「LuLuLun(ルルルン)」

「LuLuLun(ルルルン)」といえば、女性の方ならご存知の方も多いフェイスマスクですが、沖縄にはこのLuLuLunのご当地バージョンが二種類販売されています。

「シークァーサーの香り」と「ゴーヤーの香り」の二種類です。

お土産屋の店頭で沖縄限定コスメとしてよく並んでいます。

沖縄で嬉しいフェイスマスク

沖縄といえば強い紫外線で有名です。
よく外国から来た白人の方が肌を真っ赤にしてしまっているのを見ますが、もともとメラニン色素も少なく日光に弱い白人の方が沖縄で肌をさらしていたら、一日も持たずに日焼けによる炎症だらけになるのは仕方ありません。

ウルトラマンのようになってしまった肌の方を見るたびに目を伏せたくなります。
要するに、痛々しい。

日焼けをブロックするために日焼け止めは大切ですが、同時に肌の潤いをしっかり保っておかないと、日焼けのダメージも大きくなりますし、その後の肌トラブルも増え、後でシミやソバカスの原因となってしまいます。

ですから、ルルルンのようなフェイスマスクは沖縄でのおみやげとしてだけではなく、現地での肌の応急処置のためにも重要なのです。

沖縄素材が沖縄の日光に効く?

ルルルンの沖縄限定商品は、沖縄の素材が使われているのがポイント。
やはり厳しい現地の環境で育った植物の成分は、現地の自然環境に対応する能力が高いのです。

「シークァーサーの香り」ではシークァーサーの表皮エキスやハイビスカスエキスが含まれていて、肌にツヤや潤いを与える効果があります。

「ゴーヤーの香り」ではビタミン豊富なゴーヤーのエキスやアセロラエキスを配合。南国の植物のチカラで、強い紫外線による酸化ストレスからも肌を守ってくれます。

沖縄に行く人は、先にこういったもので肌を慣らしておくのもいいかもしれませんね。

ザンビアに潤いを

ルルルンの公式サイトを見てみると、「世界を変えるルルルンプロジェクト」ということで「世界中の女の子をうるおしたい」という壮大な計画を行っているようです。

ザンビア編はとても面白かったですし、社会的な意義を感じました。

ザンビアも日光の強い地域ですから、日差しのダメージから肌を守るためにもこういったものが普及すると良いですね。

【参考:世界を変えるルルルンPROJECT】

沖縄限定だけど・・・ネットでは売っている

このルルルンの沖縄限定バージョンは、沖縄でしか販売されていないということになっていますが、ネット上では商品が無いわけではありません。

ただ、どうしてもネット上で販売されているものは在庫も少なく、割高な価格になっているものが多いです。また、販売元から注意がされないか勝手に心配しております。

それでも「沖縄のものが気に入った!」という方は良いと思いますが、できれば現地でしっかり買い付けた方が良いのかもしれませんね。

比較的良心的な価格で提供しているお店もありますから、そうしたお店を探すのも良いかもしれません。

買い逃してどうしても欲しい、という場合はそういったお店を使うのも悪くは無いと思いますが、現地の知り合いがいればお願いして購入してもらうのが一番ですね。

当サイトでは、当然代理購入はしておりませんのであしからず。

沖縄のプレミアムルルルン ゴーヤ&アセロラ
株式会社グライド・エンタープライズ
売り上げランキング: 107,850

沖縄はマンガで地域学習!「沖縄まんが物語」

全国初の地域学習マンガ全集「沖縄まんが物語」

沖縄のお土産品として、また沖縄をもっと知りたい、沖縄に移住してきた、そういう人にぜひ紹介したいのが、全国初の地域学習マンガ全集である「沖縄まんが物語」です。

沖縄は地域研究が非常に盛んですが、歴史の勉強ではなかなか勉強することができない内容や、近代の偉人たち、社会の構造などがマンガでわかりやすく描かれています。

地元の人も知らなかったと驚くようなエピソードも多く、読めば沖縄について興味が湧き、また沖縄がもっと好きになる、そういった内容のマンガ本です。

沖縄に行きたい、という方の事前学習にも最適で、コンセプトをもった旅がしたいのであればアイデアを提供してくれる本でもあります。

作られたキッカケ

もともとは地域資源を題材にして、地域への理解を深め、地域振興や人材育成に役立てることができるようにと沖縄県から委託を受けて行なわれた事業でした。

そのため、教育機関を中心に多くの分野で購入されたという実績があります。

内容も非常に多岐にわたり、文化や芸術、歴史はもちろん、スポーツや医療、SFや観光、お土産に至るまで、幅広い分野からエピソードが抽出されていて、様々な角度から沖縄に触れることができます。

残念なことに書店ではかなり品薄で、なかなか手に入らなくなっています。
Amazonの中古品は価格が5倍近くなっていて焦りました。

ですが、電子書籍の形で提供されています。
こちらは元の書籍版の3分の1くらいの価格で購入可能です。

 

ぶっちゃけた感想

私も数冊読みました。
全冊読みたいのですが、探せる範囲では全部を見つけることができず。。。
一冊あたり、300~400ページくらいありますから、読むのもそれなりに大変です。
もしかすると、沖縄以外の地域の人だと、方言まじりのセリフも多く、多少読みにくい印象を持つかもしれません。

マンガの内容としてはとても興味深いです!
しっかり取材してあることがわかりますし、普段なかなか興味の幅が追いつかない部分についても紹介されていますから、沖縄に対する理解が深まることは間違いありません。

個人的にはスポーツ大好きなので、第一巻はオススメです。
野球やウエイトリフティングなど、沖縄スポーツの歴史を見ることができます。

マンガ好きな私としては、マンガ自体のレベルは正直「・・・」という部分はあります。たとえて言えば、進●ゼミのマンガの方が画力などは高いと思います。また、回によって作者も違うため、品質のバラツキも大きいのは気になります。

ただ、それを差し引いても読むだけの価値があり、よくぞこのページ数にこれだけ情報を詰め込んだなと思うほどです。編集した人をむしろ褒めたいという内容です。いや、もちろんマンガ描いてくれた方にも感謝なんですけどね。

サンプルはこちらから。

【沖縄まんが物語(公式サイト。ページ下段にサンプルあり)】

 

どんな内容?

巻によって内容が違います。以下のような内容です。
カッコ内は私がテーマについて補足しています。

◆Ⅰ巻:人物・歴史・スポーツ篇
1.月下武人 佐久本嗣男の空手道
2.黄金の旋風 沖縄甲子園記
3.県立病院は眠らない(救急病院)
4.おもりそうし(ウェイトリフティング)
5.礼(なぎなたがテーマ)
6.Uchinanchu In The World(世界のウチナーンチュ大会)
7.琉球英雄伝(沖縄の戦国時代の話)
8.What a Wonderful Sweets Memory(沖縄のお菓子の話)
9.島の上等むん かりゆしウェア
10.シーサー物語

◆Ⅱ巻:文化・観光篇
1.美ら鍵(美ら海水族館の話)
2.結(リゾートウエディング)
3.組踊ナウ
4.平敷屋朝敏(沖縄の歌人のエピソード)
5.沖縄の歌、琉歌です
6.沖縄の民話
7.那覇大綱挽
8.チムドンドン(エイサーの話)
9.まんが沖縄観光MAP
10.北窯四人衆(読谷村のやちむんの里の話)

◆Ⅲ巻:産業・特産篇
1.We can do IT(IT産業の話)
2.沖縄コスメ物語
3.おりものがたり知花花織
4.科学の種未来へ
5.モロモロもろみ酢
6.シークヮーサー物語
7.沖縄塩物語
8.沖縄薬草物語
9.Okinawan Farming 沖縄農業
10.沖縄をアジアの物流拠点へ
11.世界へ響け♪美ら音 From Made in OKINAWA(オーボエ製作会社の話)

◆Ⅳ巻:自然・環境・etc.篇
1.地球救助隊(SF、としか言いようがない)
2.ぼくらのサンゴ礁
3.ヤンバルクイナの声が聞こえる
4.聴導犬まつ君物語
5.おいしく健康に(もずく)
6.島豆腐上戸(島豆腐、豆腐よう)
7.沖縄北農豚チャーGood!!(北部農林高校のオリジナル豚開発話)
8.沖縄お気軽グルメ おきグル
9.せかめし!(世界の料理)
10.笑顔でアロハ(フラダンス)
11.就活物語
12.ちゅらぐくるアクション!(マナー講座)
13.いっぺーじょーとぉーうちなーの介護お助け本

◆Ⅴ巻:外国語篇
1.月下武人 佐久本嗣男の空手道 英語版
2.月下武人 佐久本嗣男の空手道 フランス語版
3.月下武人 佐久本嗣男の空手道 ポルトガル語版

書籍版での発注は現在、発刊元のホームページのみでの受付です。

【沖縄まんが物語(公式)】

沖縄の染色技術の結晶「紅型(びんがた)」

和柄生地 紅型 (びんがた)ブロード生地 綿100% (C:イエロー, 1mカット)

沖縄の染色技術の結晶「紅型」

沖縄には昔からいくつかの染色方法がありますが、その中でも最も有名なものとなっているのが「紅型(びんがた)」と呼ばれるものです。紅型は元々技法や製法を指す言葉ですが、それが転じて紅型で作られた衣類や布を指すようになりました。

その名称から赤色を想像しますが、昔の沖縄では色付けをすることを「紅(びん)をつける」と表現していたそうで、必ずしも赤い色だとは限りません。紅型だとしても黄色や青など多様な色の表現が行われています。

王族や上流階級の衣服によく用いられていて、沖縄が中国や東南アジア相手に交易を盛んに行っていた時期には貴重な輸出品としても用いられました。そのため、他国の歴史書や交流の記録には紅型と思われる表現が多く見えるそうです。

 

紅型の特徴

紅型の特徴は、顔料が主な染料となることや、自然にあるもので染めること、そして基本的に手作業で行われることにあると言えるでしょう。そして、沖縄の豊かな自然を鮮やかに表現したものが多くなっています。

日本の多くの染物は落ち着いた色合いが多いですが、沖縄の紅型では鮮やかな色が特に多くなっています。王族や上流階級が着用する機会が多かったからでしょう。

その作業は非常に手間暇のかかるもので、高い技術と経験が必要となるのは言うまでもありません。

【参考:ふくぎ「紅型ができるまで」】

こうした紅型を作るための型紙や道具は戦争によって失われていましたが、戦後に本土に持ち込まれて残っていた型紙や道具を故・城間栄喜さんが収集して、技術を継承し、紅型の復活に尽力したと言われています。

琉球紅型
琉球紅型

posted with amazlet at 16.04.27
青幻舎
売り上げランキング: 347,722

紅型の雑学

■ 黄色や赤が多いのはなぜ?
紅型に黄色や赤がデザインとして多いのはなぜかと言うと、沖縄が中国の文化の影響を強く受けていたからだそうです。昔の中国では、黄色は皇帝が着ける色として、非常に尊い色でしたし、赤は縁起の良い色として使われていました。

そのため、沖縄でも王族や上流階級を中心として、こうした色が高級品として好まれていたと言われています。庶民が青や藍の紅型をつけることもあったそうですし、喪服としての紅型には藍色も使われていたと言われています。

 

■ 柄で身分がわかる
基本的に、柄が大きい紅型は高級品であり、それなりの身分の人しか着れませんでした。また、竜や鳳凰の柄というのも王族にしか許されていなかったと言われています。

ただ、家柄が良くても老人になれば基本的に落ち着いた色で、柄の小さなものを着ていたと言われています。歳をとってからは栄華を強調せず、知恵をもって暮らすのが良いと考えられていたのでしょう。

 

■同じデザインは無い
手作業で作られ、また製法上環境の影響を受けやすいため、同じような色合いやデザインを作るのが難しいとされています。

さらに、昔はオーダーメイド品として、他の人が同じ服を着ることがないように、注文して作らせた後は型紙を処分してしまう風習があったそうです。

そのため、昔の王族などが着用していたような名作は、復興が不可能とされています。

 

■ 雪の柄もある
紅型は沖縄の自然を表現することが多いため、基本的に季節感が乏しいです。本土の方から見ると色合いなどからトロピカルな印象を抱くもしれません。実際、沖縄は気候的にも季節によるメリハリが少ないので、仕方ない部分があります。

しかし、本土との交流が盛んになってくると、そういった四季を体験した人がデザインを担当して雪を表現したり、沖縄にはない植物などを紅型で表現することもあったようです。

現代ではさらに、様々な表現が行われており、常に新作への挑戦が行われています。

 

■ 紅型体験は一般的
沖縄では、地域の文化を学ぶために紅型の体験を行うことが一般的に行われています。たとえば、紅型教室が催されたり、小学校や中学校では授業の一環として行われることもあります。地元の高校や大学の中には紅型などの染色を学ぶ学科もあったりします。

観光客向けに紅型体験コースをプログラムしている工房もあったりと、多くの人が紅型に触れる機会が提供されています。

やってみると、それなりのものが作れるので簡単だと思われがちですが、やはり職人が染め上げたものはその正確さや美しさが全然違いますし、柄も複雑で使用する色も多くなっています。

 

紅型のお土産品

紅型のお土産品にはいろんなものがあります。

■着物・反物
やはり代表は着物や反物ですね。いわゆる琉装といわれるものは紅型染めが多いです。

■手ぬぐい
手ぬぐいは沖縄ではティーサージと呼ばれています。暑い地域だけに使っている人も多いからか、いろんなデザインの品が販売されています。

注染てぬぐい 【ヤギセイ】紅型作家シリーズ 「 がじゅまるの森 」

■その他
のれんやテーブルクロスなど、生活の中で利用できます。

古紅型 大判 クロス 箱入り (唐獅子)

これもお土産・・・沖縄の魔よけ「石敢當」

これもお土産・・・沖縄の魔よけ「石敢當」

沖縄ではおそらく「道を歩けば石敢當(いしがんとう)に当たる」というくらいに多く見かける石敢當。

これもまた、近年なぜかお土産化されているアイテムのひとつです。

魔よけとして沖縄の人はあるのが当然のように思っていますが、内地に行くと鹿児島くらいでしか見かけることはないらしく、しかも読み方も「せっかんとう」なのだとか。

シーサーもそうだと言えるのですが、沖縄の人は魔よけをお土産にするのが好きなのでしょうか・・・うーむ。しかし、何でも妙に親しみをもってアイテム化してしまう、このセンスが嫌いになれないんですよね。

 

石敢當とは何?

石敢當とは、魔よけです。

沖縄ではマジムンという悪い霊(魔物?妖怪?)がいるとされていて、それらは直進する性質を持っていると言います。そのため、三叉路や丁字路においては、その向かい側にある家の中にそうした魔物が入ってくるとして、それらを祓うために設置されている魔よけが石敢當なのです。この石敢當によってマジムンは跳ね返って戻っていくとか砕け散るとか言われています。

表札のようなデザインなので、苗字だと勘違いされることもありますが、そういった苗字はありません。

元々は中国から伝わってきた習慣とも言われていて、石敢當という名前はある勇者の名前という説があるようですが、明らかなものはありません。

 

石敢當を使ったお土産

石敢當を使った(イメージした?)お土産は実に多様です。

【そのもの】
土産もの屋さんではマジメに石敢當そのものが販売されていることもあります。
購入される方がいる、って事ですよね・・・。

石敢當 万年青(小)

【ステッカー】
車に貼り付けるタイプもよく見かけます。
カッコいいのでしょうか・・・(笑)

OKINAWA ドロップス立体ステッカー 紅型石敢當(大)

【雑貨】
家の中の三叉路にでも置いておく、というよりもインテリアにもなっています。
オシャレなのかはわかりませんが、親しみをもって見てあげてください。

【お菓子】
「あの魔よけがお菓子に!」「食べられる魔よけ」など良くわからないPOPを沖縄では見かけることもあります。魔よけとは一体・・・。