原始時代の沖縄

原始時代の沖縄

→ 年表へ

沖縄における人類の居住跡を示している化石によれば、約32,000年前には人類がいたということが考えられています。ただ、その生活文化の実態についてはまだまだ不明な部分が多いようです。

旧石器時代と言われた時代が過ぎ、日本において縄文時代が始まると、九州から縄文文化が及び、それぞれの島々で個性的に先史文化を形成するようになったと言われています。

その後、弥生文化の影響もあったはずなのですが、農耕跡や集落といった弥生期の特徴を示す跡があまり見られないことから、影響はあれども定着はなかったのではないかと考えられています。

先史時代の沖縄は、奄美・沖縄のグループと、宮古・八重山のグループに分けられ、前者は日本列島の流れを汲み、後者は太平洋島嶼文化の流れを汲んでいると考えられています。こういった違いは、顔立ちや言語、様々な風習などからも確認することができ、現在でも研究が続けられています。

 

日本人はどこから来たのか?
海部 陽介
文藝春秋
売り上げランキング: 1,398

 

主な出来事

BC 30000年頃 山下洞人などが居住する
BC 18000年頃 港川人などが居住する