沖縄ビジネスカジュアルの新定番「ぽろゆし」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ぽろゆし

沖縄ビジネスカジュアルの新定番「ぽろゆし」

(ぽろゆし) ぽろゆし前開ポロシャツ メンズ ホワイト L
沖縄のクールビズといえばかりゆしウェアというのが基本ではあるのですが、最近広がってきているのが「ぽろゆし」です。

簡単に言えば「沖縄を連想させるようなアロハ柄のポロシャツ」と言ったところでしょうか。
沖縄で言う「微吉(ほろよし)=何となく良い」とポロシャツをかけて命名されたというこのシリーズは、アイロン不要なことや楽な着心地であることが受けて、今では多くの企業で認められ、ユニフォームにもなっています。

ぽろゆしのはじまり

ぽろゆしは、最初は大手が開発に協力してくれなかったこともあって、小さなラインで生産されていました。

それが国産の高品質商品となって良かった面もありましたが、今ではより多くの人に着てもらうために生産ラインを海外に移して大量生産が行なわれるようになり、従来のものよりも価格が3~4割安い商品が市場に増えてきました。これが普及を押し上げて人気商品にした一因と考えられます。

また、かりゆしウェアのブームがひと段落した時期だったこともあって、新しい沖縄発のファッションムーブメントが求められていたこともあってぽろゆしは2010年代に登場して強く支持されるようになりました。

今では多くの企業がぽろゆしの製作と販売を手がけています。

ぽろゆしで町おこし

最近、このぽろゆしによる町おこし効果を狙った取り組みが増えています。

たとえば、うるま市や宜野座村などでは地域限定のポロゆしが作成されています。また、沖縄市のコザではエイサー祭りの時期にエイサーぽろゆしが販売されたり、いろんなイベントとぽろゆしを組み合わせるケースが続々と現れました。

毎年新しいデザインが登場するので、毎年訪れてイベントを堪能するリピーターの中には、このぽろゆしを継続的に購入してコレクションとする人もいるそうです。

ぽろゆしあれこれ

■ ぽろゆしの価格
ぽろゆしの価格帯は、メーカーによって幅があります。

普及品はセールなどで3000円~5000円前後で販売されていることが多いです。
新作などはおおよそ5000円~10000円程度の幅になります。特殊に加工されたものや、織りや染めに伝統工芸技術が施されたものなどはそれ以上の価格になります。

感覚としてはかりゆしウェアと同程度の価格と考えて良いでしょう。

■ ぽろゆしの利用シーン
ぽろゆしの利用シーンは様々で、ビジネスでもカジュアルでも可です。

ビジネスシーンでは、かりゆしウェアよりもカジュアルな感じになりますので職場を選ぶ面があること、また冠婚葬祭の場での利用は今のところあまり無いといえるでしょう。
リラックスした雰囲気を出したいサービス業などで利用されている印象です。

ジーンズやスラックスと合わせてカジュアルに着ても違和感が無いので、おみやげや贈答品としても喜ばれます。

とはいえ、内地のビジネスシーンでの着用は今のところ難しいと思われますので、あくまで沖縄県内の話としてお考えくださいね。

【参考】

こちんだアトリエ 「”ぽろゆし”が生まれるまで」

ハブボックス 「ぽろゆし特集」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*