沖縄の代表的お菓子「ちんすこう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
沖縄特選 ちんすこう お試し20個セット

ちんすこうとは?

ちんすこうとは、沖縄で琉球王朝時代(1429~1850年)から作られていた伝統的なお菓子です。原材料は、小麦粉、砂糖、ラードが用いられ、西洋におけるビスケットに似た食感を持っています。漢字では「金楚糕」と書くそうですが、これは地元の人でも読めません。

由来もいろいろあるらしいですが、正確なところはわかりません。中国伝来のものが変化したという説もありますし、西洋のボーロなどのお菓子の技術を沖縄の風土に合わせて改良していった結果、今の形になったとも言われます。

もともとは琉球王国の王族や貴族が、祝い事の時に食べるおめでたいお菓子だったと言われているもの。お菓子が庶民の口に入るようになったのは20世紀に入る頃だと言われています。そして、おみやげ品として有名になるのは、1975年の沖縄国際海洋博覧会からだと言われています。

 

レシピ

ちんすこうは簡単な材料で作れるので、レシピがあれば自宅でも作れます。うちの奥さんも見よう見真似で作ってみたらそれらしいものができていて驚きました。ラードの代わりにバターを使うとビスケットのようになります。

以下はWikipediaより抜粋。

大きさにもよるが、分量はおよそ20個分~
ラード、もしくはショートニング(100g)を常温に戻し、ボウルに入れて薄力粉(200g強)をふるってクリーム状になるまでよく混ぜ合わせる
1に砂糖(上白糖または三温糖100g)を入れ、さっくりと混ぜ合わせる。この際にダマにならないよう注意する。
整形してオーブン(170°Cで15~17分)で焼く。

 

ちんすこうの種類

伝統的なちんすこうがおみやげ品としては人気ですが、最近は味や形に工夫を凝らしていろんな商品が出ています。いくつか参考に紹介します。

■ちんすこうショコラ

ちんすこうショコラ ダーク 12個入
株式会社ファッションキャンディ
売り上げランキング: 71,198

1996年にファッションキャンディ社が開発した、チョココーティングのちんすこう。ちんすこうにバリエーションを与えた草分け的な商品で、今も大人気です。このちんすこうショコラの成功後、いろんな味のちんすこうが開発されるようになります。

■まんまるちんすこう

ちんすこうは元々は丸い菊の形をしていたそうですが、今では細長い瓦型のものがポピュラーとなっています。しかし、一口サイズで食べやすくしたのがまんまるちんすこうです。食べやすく、個数もあってかさばらないため、会社など大人数へのおみやげに向いています。

■子宝ちんすこう

形状を男性のシンボルのように成型し、子宝祈願という付加価値をつけたもの。味は普通のちんすこうです。

■ちんすこうアソート

いろんな味のちんすこうの詰め合わせ。人によっては好き嫌いが分かれる?おみやげの定番商品。

■塩ちんすこう

雪塩ちんすこう「ミルク風味」 48個(2×24袋)
南風堂株式会社
売り上げランキング: 15,098

通常のちんすこうの生成過程の中で、少量の塩を加えてその甘みを引き立てたり、味にアクセントを加えたもの。沖縄県産の塩が使われることが多いです。最近のヒット商品。

 

ちんすこうに関するエトセトラ

沖縄ではちんすこうは一般的なお菓子で、私が子供の頃もよく食べられていました。近所の駄菓子屋さんで、2本が一袋になって20円~30円で売られていたと思います。小学生の時に部活動の帰りなどにちょこっと買って食べていた思い出があります。おみやげ品と比べると包装も簡易で安かったです。

ちんすこうは、原材料を見てもわかるとおり、クッキーやビスケットに近いお菓子です。ですから、お茶やコーヒーなどと良く合います。若い人はコーラと一緒に食べたりします(沖縄はコーラを初めとする炭酸飲料の消費量が多いそうです)。アイスクリームの口うけや、最近ではアイスの中に入ったり、菓子パンに入ったり、様々に冒険的な商品も開発されています。何かの食品に「ちんすこう味」という名前がつくほど、沖縄県内では浸透され愛されている商品なのです。

今でこそ有名なちんすこうですが、ちんすこうの「ちん」は「珍」で「貴重な、めずらしい」の意、「すこう」は「お菓子」という意味があるそうです。だから、めずらしく貴重なお菓子なのです。

 

【参考】

新垣ちんすこう

Wikipedia「ちんすこう」

珍品堂

南風堂株式会社

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*