沖縄のナショナルウェア「かりゆしウェア」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
かりゆしウェア

かりゆしウェアとは?

かりゆしウェアとは、沖縄県で主に着用されているシャツで、ワイシャツとネクタイに代わるホワイトカラーの服装として定着しています。官公庁や一般の企業でも広く着用されています。ハワイのアロハシャツをモチーフに、半袖開襟のデザインで作成されていますが、襟元は現代的にボタンダウンやスタンドカラーなどいろんな種類が現在は登場しています。
沖縄に関係のあるものがデザインとして用いられているのが大きな特徴です。

月桃物語 かりゆしウェア メンズ 絣ジャガード・柄ポイント使い ボタンダウン

2005年以降は温暖化対策の一環としてのクールビズの一種としても注目されるようになりました。

「かりゆし」とは漢字では「嘉利吉」と表記され、沖縄の方言で「めでたい」という意味を持っていて、沖縄では冠婚葬祭の場面に応じたかりゆしウェアが利用されるようになってきています。

「かりゆしウェア」は登録商標です。

沖縄県衣類縫製品工業組合では、かりゆしウェアの定義を、

①沖縄県内で縫製されたもの(布地は県外で生産されたものでも良い)
②沖縄観光をPRする柄のもの

としていて、認定を受けた工場・メーカーに「沖縄産かりゆしウェア」のタグをつけて品質管理に務めています。

 

かりゆしウェアの種類とトレンド

かりゆしウェアは、基本的に半袖で開襟であり、シャツから出して着ることが想定されています。

そのため、ワイシャツのようにゆったりしたデザインだけでなく、若者向けの細身型のものや、女性向けの七分丈の型など様々なデザインのものがあります。

価格帯はさまざまで、1,000~3,000円くらいの量販品から、一着数万円という高級素材のシャツまで様々です。上記のかりゆしウェアのタグがついているような商品には量販品はほとんど見られません。沖縄県衣類縫製品工業組合では、

「かりゆし」のタグの有無について、県や関係団体の指導を受け、沖縄で企画製造されていることが明白な伝統工芸のかりゆし、また製造者と購入者がお互いを認知している事が明確である個人注文かりゆしなどは、タグを下げることを義務づけていません。

というようにしているため、そうした所で製造されているものや、年度落ちのデザインが安く量販品として販売されることが多いです。

おおよそ、普通のワイシャツよりは少し高めで5,000円前後から10,000円の価格帯が多いように思います。

かりゆしウェアは、冠婚葬祭やビジネスの場など、いろんな場面で用いられます。

沖縄では結婚式だからどの色、柄、ということはかりゆしウェアに関しては定めは特に無く、自由な色や柄のものを着てきます。葬儀や法事の際には、黒い布地の喪服用のかりゆしウェアが着用されるようになってきています。

日本は、スーツが正装になっている一番緯度の低い(=南の)国だと言われています。その中でも最南端に位置する沖縄は当然夏も暑く長いため、スーツをいつも着用していると苦しいという事情もあって、急速に普及するようになりました。

毎年、あちこちで新作のデザインコンテストが開かれており、年々新しいデザインが取り入れられています。

2014年時点では、色は爽やかな色や薄めの布地のものが人気があるそうです。柄は少し前は小柄でシンプルなものが多かったのですが、最近は大柄なものが人気になっているようです。職場などで大柄なかりゆしを着ても、ほとんど咎められることはありません。

(マジュン) MAJUN メンズかりゆしウェア 半袖ボタンダウン Flower Line Art

かりゆしウェアの着こなし

かりゆしウェアの着こなしですが、クールビズのワイシャツと同様に考えてもらって大丈夫です。

ただ、一点だけ「シャツはズボンに入れない」ことだけご注意ください。ズボンから出した時にきれいに見えるようにカットされているので、無理に入れるとかえって不恰好になってしまいます。

女性のかりゆしウェアは、男性のものと比べて、胸元が大きく開かないように配慮されており、女性らしい体のラインが出るように(でも目立ちすぎないように)できているものが多いです。

男女とも、スーツ用のスラックスやスカートなどと合わせて着られていることが多いです。靴もビジネスシューズなどが締まっていてかっこよく映ります。基本的にスーツスタイル、準正装くらいの位置づけで考えておけば失敗はないでしょう。

アロハシャツのようにゆったり着るのが涼しくて良いかと思いますので、あまりぴったりしたデザインのものを選ばない方が快適です。特に男性は、細身の人が細いスタイルのものを選ぶと、柄が大きく見えすぎて軽薄な印象を受ける場合もあります。デザインの好き嫌いや先入観ではなく、実際に試着して選んだ方が無難です。肌の色によっても合う色や合わない色があります。

男女ともですが、かりゆしウェアの上からジャケットを羽織るスタイルはあまりオススメできません。一枚で着るときにきれいに見えるように作られているため、ジャケットを羽織るとチグハグな感じを受けます。

もし冷房などが強くて寒く感じるときは、色や柄がワイシャツよりもカジュアルな印象になりますので、あまり色やデザインが派手でないカーディガンや、シンプルなデザインでカジュアルなジャケットを羽織ると良いでしょう。その際も、前のボタンはしめない方が見栄えがいいです。シャツの持つ色や柄を潰さないようにするのがいいかと思います。

購入に際して

購入は沖縄県内なら、フォーマルな洋服を扱っている多くの店で可能です。デパートはもちろん、ショッピングセンターや大手のスーツの量販店などでも販売されています。もちろん、メーカーの直営店もありますし、多くの観光地でも取扱いがあります。

ただ、時々普通のアロハシャツを「かりゆしウェア」として売っているお店もありますのでご注意ください。あまりにも安い場合や他のお店の商品と違う場合は気をつけましょう。

沖縄県外でも、わしたショップや、インターネット上のショップから購入が可能です。ネットショップでは試着ができませんので、ある程度自分の傾向がわかってから購入する方が無難ではないかと思います。

高級品は、素材から沖縄の芭蕉布や月桃を用いたものや、沖縄伝統のウージ(さとうきび)染めを用いたもの、伝統工芸の紅型を用いたものなど、沖縄の文化を凝縮したものになっており、また地域の環境に合わせて着心地がよく、汗をかいても乾きが早かったり、肌触りが非常によいものが多いです。インナーのシャツが全く要らないと感じるほど、吸水性・速乾性に優れ、優しい肌触りのものもあります。このレベルの高級品はインターネットでは取り扱いが少なく、メーカーの直営店でのみの販売や、限定の個別注文になる場合が多いそうです。

沖縄では、個別注文の高級かりゆしウェアがプレゼントとして用いられることもあります。特に定年後の様々な年齢に関するお祝いの際にプレゼントされることが増えています。

【参考】
沖縄県「『かりゆしウェア』とは」

Wikipedia「かりゆしウェア」

内閣府沖縄振興局「かりゆしウェアについて」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*