これもお土産・・・沖縄の魔よけ「石敢當」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
沖縄の石畳

これもお土産・・・沖縄の魔よけ「石敢當」

沖縄ではおそらく「道を歩けば石敢當(いしがんとう)に当たる」というくらいに多く見かける石敢當。

これもまた、近年なぜかお土産化されているアイテムのひとつです。

魔よけとして沖縄の人はあるのが当然のように思っていますが、内地に行くと鹿児島くらいでしか見かけることはないらしく、しかも読み方も「せっかんとう」なのだとか。

シーサーもそうだと言えるのですが、沖縄の人は魔よけをお土産にするのが好きなのでしょうか・・・うーむ。しかし、何でも妙に親しみをもってアイテム化してしまう、このセンスが嫌いになれないんですよね。

 

石敢當とは何?

石敢當とは、魔よけです。

沖縄ではマジムンという悪い霊(魔物?妖怪?)がいるとされていて、それらは直進する性質を持っていると言います。そのため、三叉路や丁字路においては、その向かい側にある家の中にそうした魔物が入ってくるとして、それらを祓うために設置されている魔よけが石敢當なのです。この石敢當によってマジムンは跳ね返って戻っていくとか砕け散るとか言われています。

表札のようなデザインなので、苗字だと勘違いされることもありますが、そういった苗字はありません。

元々は中国から伝わってきた習慣とも言われていて、石敢當という名前はある勇者の名前という説があるようですが、明らかなものはありません。

 

石敢當を使ったお土産

石敢當を使った(イメージした?)お土産は実に多様です。

【そのもの】
土産もの屋さんではマジメに石敢當そのものが販売されていることもあります。
購入される方がいる、って事ですよね・・・。

石敢當 万年青(小)

【ステッカー】
車に貼り付けるタイプもよく見かけます。
カッコいいのでしょうか・・・(笑)

OKINAWA ドロップス立体ステッカー 紅型石敢當(大)

【雑貨】
家の中の三叉路にでも置いておく、というよりもインテリアにもなっています。
オシャレなのかはわかりませんが、親しみをもって見てあげてください。

【お菓子】
「あの魔よけがお菓子に!」「食べられる魔よけ」など良くわからないPOPを沖縄では見かけることもあります。魔よけとは一体・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*