沖縄の染色技術の結晶「紅型(びんがた)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

和柄生地 紅型 (びんがた)ブロード生地 綿100% (C:イエロー, 1mカット)

沖縄の染色技術の結晶「紅型」

沖縄には昔からいくつかの染色方法がありますが、その中でも最も有名なものとなっているのが「紅型(びんがた)」と呼ばれるものです。紅型は元々技法や製法を指す言葉ですが、それが転じて紅型で作られた衣類や布を指すようになりました。

その名称から赤色を想像しますが、昔の沖縄では色付けをすることを「紅(びん)をつける」と表現していたそうで、必ずしも赤い色だとは限りません。紅型だとしても黄色や青など多様な色の表現が行われています。

王族や上流階級の衣服によく用いられていて、沖縄が中国や東南アジア相手に交易を盛んに行っていた時期には貴重な輸出品としても用いられました。そのため、他国の歴史書や交流の記録には紅型と思われる表現が多く見えるそうです。

 

紅型の特徴

紅型の特徴は、顔料が主な染料となることや、自然にあるもので染めること、そして基本的に手作業で行われることにあると言えるでしょう。そして、沖縄の豊かな自然を鮮やかに表現したものが多くなっています。

日本の多くの染物は落ち着いた色合いが多いですが、沖縄の紅型では鮮やかな色が特に多くなっています。王族や上流階級が着用する機会が多かったからでしょう。

その作業は非常に手間暇のかかるもので、高い技術と経験が必要となるのは言うまでもありません。

【参考:ふくぎ「紅型ができるまで」】

こうした紅型を作るための型紙や道具は戦争によって失われていましたが、戦後に本土に持ち込まれて残っていた型紙や道具を故・城間栄喜さんが収集して、技術を継承し、紅型の復活に尽力したと言われています。

琉球紅型
琉球紅型

posted with amazlet at 16.04.27
青幻舎
売り上げランキング: 347,722

紅型の雑学

■ 黄色や赤が多いのはなぜ?
紅型に黄色や赤がデザインとして多いのはなぜかと言うと、沖縄が中国の文化の影響を強く受けていたからだそうです。昔の中国では、黄色は皇帝が着ける色として、非常に尊い色でしたし、赤は縁起の良い色として使われていました。

そのため、沖縄でも王族や上流階級を中心として、こうした色が高級品として好まれていたと言われています。庶民が青や藍の紅型をつけることもあったそうですし、喪服としての紅型には藍色も使われていたと言われています。

 

■ 柄で身分がわかる
基本的に、柄が大きい紅型は高級品であり、それなりの身分の人しか着れませんでした。また、竜や鳳凰の柄というのも王族にしか許されていなかったと言われています。

ただ、家柄が良くても老人になれば基本的に落ち着いた色で、柄の小さなものを着ていたと言われています。歳をとってからは栄華を強調せず、知恵をもって暮らすのが良いと考えられていたのでしょう。

 

■同じデザインは無い
手作業で作られ、また製法上環境の影響を受けやすいため、同じような色合いやデザインを作るのが難しいとされています。

さらに、昔はオーダーメイド品として、他の人が同じ服を着ることがないように、注文して作らせた後は型紙を処分してしまう風習があったそうです。

そのため、昔の王族などが着用していたような名作は、復興が不可能とされています。

 

■ 雪の柄もある
紅型は沖縄の自然を表現することが多いため、基本的に季節感が乏しいです。本土の方から見ると色合いなどからトロピカルな印象を抱くもしれません。実際、沖縄は気候的にも季節によるメリハリが少ないので、仕方ない部分があります。

しかし、本土との交流が盛んになってくると、そういった四季を体験した人がデザインを担当して雪を表現したり、沖縄にはない植物などを紅型で表現することもあったようです。

現代ではさらに、様々な表現が行われており、常に新作への挑戦が行われています。

 

■ 紅型体験は一般的
沖縄では、地域の文化を学ぶために紅型の体験を行うことが一般的に行われています。たとえば、紅型教室が催されたり、小学校や中学校では授業の一環として行われることもあります。地元の高校や大学の中には紅型などの染色を学ぶ学科もあったりします。

観光客向けに紅型体験コースをプログラムしている工房もあったりと、多くの人が紅型に触れる機会が提供されています。

やってみると、それなりのものが作れるので簡単だと思われがちですが、やはり職人が染め上げたものはその正確さや美しさが全然違いますし、柄も複雑で使用する色も多くなっています。

 

紅型のお土産品

紅型のお土産品にはいろんなものがあります。

■着物・反物
やはり代表は着物や反物ですね。いわゆる琉装といわれるものは紅型染めが多いです。

■手ぬぐい
手ぬぐいは沖縄ではティーサージと呼ばれています。暑い地域だけに使っている人も多いからか、いろんなデザインの品が販売されています。

注染てぬぐい 【ヤギセイ】紅型作家シリーズ 「 がじゅまるの森 」

■その他
のれんやテーブルクロスなど、生活の中で利用できます。

古紅型 大判 クロス 箱入り (唐獅子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*