沖縄には薬草がいっぱい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

沖縄には薬草がいっぱい

クワンソウ

 

沖縄といえば、内地(本土)とは違った自然環境から、独特の生物が生息していることが広く知られていますが、亜熱帯という自然環境の中で育った植物には多くの薬効を保有するようになったものもあります。

現代はいろんな病気がありますが、沖縄の多くの薬草たちは健康食品やサプリメントなどで注目されていて、多くの人々の健康維持・増進のために役立てられています。

そんな薬草を利用した商品も沖縄のおみやげとして、特に中高年齢層が相手であれば非常に喜ばれます。いくつかをご紹介しましょう。
 

沖縄ハーブ健康法~病気のデパートだった私がみつけた病に負けない生き方
安田 未知子
WAVE出版
売り上げランキング: 269,516

 

長生きできる?「長命草」

 

 
「一株食べると、一日長く生きられる」というところから名前がついたと言われる長命草は、ボタンボウフウという和名のある植物です。長寿につながる薬草として、沖縄では昔から「長命草(チョーミグサ)」と呼ばれています。

いかにも薬草な感じのネーミングですが、普通にスーパーや八百屋さんに並んでいることもあり、家庭によっては普通に食事に混ざっていることもあります。

そんな長命草は、昔から滋養強壮に効果があると言われていて、今は特に活性酸素のダメージを抑制する抗酸化成分の作用が抗がん効果が期待できると言われ、また頻尿などの泌尿器系のトラブルにも効果があると言われています。

その他、高血圧、動脈硬化、神経痛、リュウマチ、鎮咳、鎮静、利尿作用、感冒、咳止めなどの効果が期待できるそうです。

これだけ効果があれば、確かに長生きするしかありませんね。

 

「命の薬(ぬちぐすい)」の代表格「ハンダマ」

 

 
沖縄料理店に行くと見かけることも多い「ハンダマ」ですが、何のことやらと思う人も多いでしょう。ハンダマは和名では「水前寺菜」とも呼ばれることがあるようですが、沖縄ではハンダマは一般的な野菜としてよく食べられています。

ハンダマはおひたしや天ぷら、サラダなどで食べることが多く、ぬめりが加熱すると出てくるという独特の食感と、葉野菜であるのにやや紫色をしているという特徴を持っていて、サラダなどに色を与えてくれるので料理にも使いやすい素材です。

実はハンダマの紫色はブルーベリーなどにも見られるアントシアニンという色素(ポリフェノール)で、高い抗酸化作用を持っていて、目の疲労回復や眼病予防に効果の高い成分です。

鉄分も多いので、貧血予防にも効果的ですし、「血の薬」と沖縄では昔から呼ばれていました。

低血圧、めまい、貧血、頭痛、不眠症などへの効果が期待できるため、薬膳で多く取り入れられています。

 

初めて見ると驚く「黒人参」

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

フッチョ 黒酢 ハーブ 黒人参 沖縄長生薬草本社 濃縮タイプ 200ml
価格:1140円(税込、送料別) (2016/9/10時点)

 
その名前の通り、黒い人参。
一度見ると、人参のイメージが完全に変わります。

人参のような栄養素に加え、アントシアニジンやポリフェノールといった栄養素を多く含んでいて、美容や健康にも大きな効果を発揮してくれるそうです。沖縄でも栽培がされていて、サプリメントや健康食品も多く出てきています。

抗酸化作用、腎機能の強化、目の健康増進、心臓病、アンチエイジングなどの効果があります。薬膳の世界では、黒い食べ物は腎臓に良いとよく言いますが、やはり例に漏れず腎臓の機能を維持・改善する効果が高いそうです。

 

「てーげー」気分にしてくれる?「クワン草」

 

もっと沖縄プロジェクト ぐっすりん 20粒入り 3箱セット
もっと沖縄プロジェクト
売り上げランキング: 243,696

 
クワン草はオレンジ色の花をもったきれいな植物ですが、根から花まで残すところなく食べられるという優秀な薬用植物。

興奮やイライラとした神経を押さえてくれる効果があり、また補血作用や滋養強壮にも効果があると言われています。沖縄の人は「てーげー(適当。気楽)」という感覚を非常に好みますが、まさにてーげーにしてくれる薬草です。

沖縄では不眠症にも有効という話が昔からあるのですが、科学的には裏づけらしいものがないらしいです。マウスによる実験では睡眠時間が伸びるのは確認されているそうですが、それだけでは不眠症への効果があるとは言い切れないのだとか。

ただ、それを除いても多くの効果を期待できるとして、様々に用いられています。

 

最も有名なのはやはり「ウコン」

 

沖縄ウコン100%琉球酒豪伝説 6包1袋×2
沖縄県保健食品開発協同組合
売り上げランキング: 101,004

 
沖縄の薬草としてもっとも有名なのはやはりウコンでしょう。

いわゆるターメリックとも呼ばれるものですが、高い抗菌作用があり、肝臓や胃腸の働きを助け、機能の向上を促す効果があります。結果、滋養強壮などの多くの病気に効果があるとされていますし、アルコールの分解能力もアップします。

胃炎、蓄膿症、肺炎、肝炎 、腎臓炎、胆のう疾患、黄疸、血尿、婦人病、抗酸化、生活習慣病など様々な薬効がありますから、特に現代人にとても有効な薬草です。

ウコン茶や、料理のスパイスとして様々に使うことができます。

 

沖縄の薬草がすごい理由

 
薬草というのは、それ自体が非常に強い生命力を持っているのが特徴です。

いわゆる薬草と言われるものは、過ごしやすい地域ではあまり育たず、過酷な環境の中で生存するのが特徴です。ですから、人間が食事などで摂取する際にその豊富な生命力を取り込むことができ、様々な病気に効果を発揮するのです。

年中を通して気温が高い沖縄ですが、人間には過ごしやすい面もありますが、植物たちにとってみれば、長期間にわたる強い日差しと、そして激しい雨や、年に何度も訪れる台風との戦いは避けられません。その中で培われた生命力は、まさに「命の薬(ぬちぐすい)」となって私たちに作用してくれるのです。

疲れやすい、年齢の影響を感じる、気になる病気がある、そういった場合は、沖縄の自然が生んだ薬草たちを摂取してみると良いかもしれませんね。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*