沖縄めぐりを楽しくしてくれる「通」の書籍たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
沖縄の石畳

沖縄めぐりを楽しくする書籍

沖縄の石畳

 

沖縄を扱った書籍というのは非常に多いのですが、観光などで来る方は観光地やショッピング、また飲食店やドライブマップのような書籍を利用されている方が多いと思います。

今回は、そういった定番ではなく「通」になれる書籍を紹介したいと思います。
これを読んでおけば、旅がより味わい深くなるのではないでしょうか。

やっぱり「ブラタモリ」は面白い

まず紹介したいのがNHKで放送されている「ブラタモリ」の本。
沖縄にもタモリが来て色々と歩き回っていましたが、首里城やナハについての様々な情報が紹介されています。観光地を押さえつつ、その歴史や味わいに興味を持たせる内容になっているので、是非ご覧いただきたいです。

 

ブラタモリ 6 松山 道後温泉 沖縄 熊本
KADOKAWA (2016-12-16)
売り上げランキング: 1,136

 

今回は沖縄が載っているものを紹介していますが、2017年の年初に放送されていた、横浜のハマに関する話も、沖縄といろいろオーバーラップする状況があって面白かったです。

地元ガイドの底力「那覇まちま~いの本」

こちらは那覇の観光ガイドを行なっているガイドさんたちが執筆している那覇に関する書籍です。地元の人も知らないようなウンチクが多くあり、見慣れた町の景色もどこか違って見えるようになります。

 

地元ガイドが書いた那覇まちま~いの本―一緒に歩こう那覇のまち
那覇まちま~い
ボーダーインク
売り上げランキング: 75,649

 

私もガイドをお願いして巡ったことがありますが、たくさんの歴史が那覇の町のあちらこちらに残っていることに驚きました。そして、ガイドさんは職場を引退された方も多いのですが、年齢の割に皆さんご健脚です。

ガイド料金も控えめで利用しやすいので、歴史散策がお好きな方や、イベント性のある観光がしたい方は是非どうぞ。

那覇まちま~い

使って嬉しい「ランチマップ」

こちらは紹介できる画像が無いのですが、今、沖縄で人気のあるジャンルとして、「ランチマップ」という書籍があります。

これは地域別に作られていて、周辺のお店を紹介しつつ、掲載店のランチが500円で食べることが可能というもの。1000円で購入できるので、3~4回使えば充分に元が取れます。同じお店でも何回か使えます。ただし、期間限定ですから注意してくださいね。

書店や一部コンビニで販売されているので、ある程度長期ステイになる人は購入してみてもいいと思います。種類も沖縄そばはもちろん、カフェランチからバーガーショップ、カレー、ハンバーグ、沖縄料理などなど盛りだくさんで魅力的です。

その他にも沖縄の書店には地元情報を紹介する本が豊富にありますので、お土産探しの際にはぜひ書店にも立ち寄ってみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*