その他おみやげ

これもお土産・・・沖縄の魔よけ「石敢當」

これもお土産・・・沖縄の魔よけ「石敢當」

沖縄ではおそらく「道を歩けば石敢當(いしがんとう)に当たる」というくらいに多く見かける石敢當。

これもまた、近年なぜかお土産化されているアイテムのひとつです。

魔よけとして沖縄の人はあるのが当然のように思っていますが、内地に行くと鹿児島くらいでしか見かけることはないらしく、しかも読み方も「せっかんとう」なのだとか。

シーサーもそうだと言えるのですが、沖縄の人は魔よけをお土産にするのが好きなのでしょうか・・・うーむ。しかし、何でも妙に親しみをもってアイテム化してしまう、このセンスが嫌いになれないんですよね。

 

石敢當とは何?

石敢當とは、魔よけです。

沖縄ではマジムンという悪い霊(魔物?妖怪?)がいるとされていて、それらは直進する性質を持っていると言います。そのため、三叉路や丁字路においては、その向かい側にある家の中にそうした魔物が入ってくるとして、それらを祓うために設置されている魔よけが石敢當なのです。この石敢當によってマジムンは跳ね返って戻っていくとか砕け散るとか言われています。

表札のようなデザインなので、苗字だと勘違いされることもありますが、そういった苗字はありません。

元々は中国から伝わってきた習慣とも言われていて、石敢當という名前はある勇者の名前という説があるようですが、明らかなものはありません。

 

石敢當を使ったお土産

石敢當を使った(イメージした?)お土産は実に多様です。

【そのもの】
土産もの屋さんではマジメに石敢當そのものが販売されていることもあります。
購入される方がいる、って事ですよね・・・。

石敢當 万年青(小)

【ステッカー】
車に貼り付けるタイプもよく見かけます。
カッコいいのでしょうか・・・(笑)

OKINAWA ドロップス立体ステッカー 紅型石敢當(大)

【雑貨】
家の中の三叉路にでも置いておく、というよりもインテリアにもなっています。
オシャレなのかはわかりませんが、親しみをもって見てあげてください。

【お菓子】
「あの魔よけがお菓子に!」「食べられる魔よけ」など良くわからないPOPを沖縄では見かけることもあります。魔よけとは一体・・・。

実は沖縄特産!?「ミドリムシ(ユーグレナ)」

実は沖縄特産!?「ミドリムシ(ユーグレナ)」

沖縄の新しい特産品になろうとしているもののひとつが、ミドリムシです。

ミドリムシ

ミドリムシというと、学校の理科の授業のイメージが浮かぶ人が多いと思いますが、このミドリムシ、実は今、健康食品として非常に注目を集めているもので、そしてそのミドリムシの培養は日本で(もしかすると世界で)沖縄の石垣島でのみ行われているのです。

ミドリムシは学名を「ユーグレナ」と言い、世界的にはこちらの表記が一般的。日本においてはミドリムシがすっかり定着していますが、ちょっと名前とイメージが商品展開上は不利な感じがして、ユーグレナももっと定着してほしいと思います。

現在市販されている商品の原料は石垣島産であり、他成分や含まれる濃度などによって商品に違いが出ているという状況なのだそうです。

 

ミドリムシが世界を救う日

実は、ミドリムシというのはすごい生き物です。

生物の進化の中では、かなり原始生物に近い生物なのですが、自ら活動することができるという動物の性質を持ちつつも、葉緑素を持って光合成を行うことができるという植物の特性を持っています。簡単に言えば、動物と植物の両方の特性を持っているのです。

そして、最近わかってきたのはこのミドリムシ、ものすごく栄養価が高いということです。何と、59種類もの栄養素をその体内に有していて、人間に必要な栄養素がほぼ全てその中には入っているのだそうです。

光合成で成長するということは、水と光と二酸化炭素さえあれば、自分で増えていきますから、これを食料品として加工することができれば、世界中の食糧問題が解決できるのでは?とまで言われているんですね。ただ、その培養には色々技術的に難しい部分があり、まだそのノウハウを持っている企業が東京大学発の企業のみで、それが沖縄の石垣島で研究・培養施設を持って活動しているのですね。

さらに、光合成は熱も作り出しますし、そして二酸化炭素を吸って酸素を作り出しますので、CO2の問題やエネルギー問題の解決にも利用できるのではないかと研究が進められているそうで、このミドリムシには世界中から熱い視線が注がれているのです。

ちなみに作っているのは、こちらの「株式会社ユーグレナ」さんです。

 

ミドリムシの栄養は?

ミドリムシには59種類の栄養素が含まれていると言いました。
表にすると以下の通りです。

ビタミン類 α-カロテン、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸
ミネラル類 マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム
アミノ酸類 バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、チロシン、トリプトファン、グリシン、セリン、シスチン
不飽和脂肪酸 DHA、EPA、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモγ-リノレン酸
その他 パラミロン(β-グルカン)、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシン

なかなか普段の生活では摂取しにくい栄養素を含めて、多くの栄養素が入っているのが嬉しいですよね。しかも、動物性の栄養素も植物性の栄養素も両方含まれているという、きわめて珍しい性質を持っているのが特徴です。

 

どのような商品がある?

今のところ、多く見られているのは栄養補助サプリメントで、またもうひとつがダイエット用の補助食品です。

品質などの細かい差異は私には分かりかねますが、いずれも高い人気と効果を誇る製品であるようです。

◆豊富な栄養だからこそ、体質の改善や強化に最適。体の不調にも有効です。

◆ミドリムシ、豊富な栄養の割りにはカロリーは少ないそうで、ダイエットやメタボ対策にも最適です。

このようなミドリムシですが、残念ながら現在のところお土産屋さんではあまり見かけられません。とはいえ、国際通りのドラッグストアに行くと割と強気なお値段にも関わらず、ほとんど売り切れています。きっと、お目が高い外国人観光客が購入していくのでしょうね。

インターネットで購入する分には売り切れの心配はあまりありませんし、お土産屋さんに行く必要もありません。隠れた特産品として覚えておいていただけたら幸いです。

沖縄旅行に来る際に準備すると便利なもの

沖縄旅行

沖縄にはいろんなお土産ものがありますが、お土産は現地から買って他の地域にもっていくものです。

逆に、沖縄に来る際にはどんなものがあると便利なのでしょうか。

現地の観光客を眺めながら関心したものをいくつか挙げてみましょう。

1.自撮り棒

沖縄に来ると、ついつい写真を撮りたくなるポイントが目白押しです。

しかし、そんなに都合よく写真を撮ってくれそうな人がいないこともあります。最近は外国人観光客も多く、国内からの旅行者だと気後れすることもあるかもしれませんね。

そういったときに便利なのがおなじみの自撮り棒です。

 

あまり長いものは他の皆さんのご迷惑になることもありますから、注意しましょう。防水のものは、海や雨天でも使えて便利です。

 

2.9インチタブレット

近年、沖縄の観光地の多くは、無料のWiFiが利用できるようになっています。多くの方々に沖縄の様子をSNSなどで拡散してもらえるように、県や市町村で積極的にアクセスポイントを提供しており、あちこちで利用が可能になっています。

スマホでももちろん良いのですが、やはり画面が見にくいですし、地図を確認するようなときには余計な時間がかかってしまって、それだけ観光の時間が減るのも勿体ないですよね。食事をしながらグループで情報を共有するためにも、ある程度のサイズのデバイスがあると便利だと思います。

 

クーポンを提供しているお店も多いので、持っていると色々お得な特典を受けられますよ。

 

3.Edyカード

意外に思われるかもしれませんが、沖縄はEdyの利用が盛んな地域です。

おそらく、ANAがEdyカードと一体になったマイレージカードを発行したあたりから、急激におみやげ物屋や、観光地での利用が可能になったような気がします。今でもコンビニや居酒屋、カフェ、おみやげ物屋など多くのお店で使うことが可能です。

レジで並んでお金を探すのも時間が勿体ないので、予めチャージして持っていくと便利です。

ただ、利用できるお店の数に比べてチャージできるポイントはそれほど多くない気がしますので、チャージできるポイントでしっかりチャージするのが良いでしょう。

ちなみに、クレジットカードも使えるお店は多いですよ。一体型のものがあると重宝するかもしれませんね。

 

4.麦わら帽子・サングラス・UVカーディガン

沖縄では、麦わら帽子に限らず、帽子があるとすごく便利です。

季節を問わず、予想よりも日差しが強いと感じる人が多いので、日差しを避けるためのアイテムは必ずもって行きましょう。 当然現地でも購入は可能なのですが、探す時間をもっと他のことに当てられるかもしれませんから、事前に準備して持っていくのをオススメします。

そして、沖縄は気温は高いですが、年間を通して風が強めですので、日傘よりは帽子の方が手も空きますし、便利ではないかと思います。それに、風のために体感温度は低く感じますし、思わぬ時期に店舗内に冷房がかかっていることもありますから、温度調節のために薄手のカーディガンなども持っていくと良いでしょう。

 

5.ラッシュガード・マリンブーツ

海に入りたい、と考えている人は、日差し対策にラッシュガードやUVカットのTシャツを持っていきましょう。日焼け止めをつけても、水着だけだと大変なことになる場合もあります。沖縄にいると、白人の女性が海から帰る際に真っ赤になって、ウルトラマンみたいになっていることも少なくないんですよ。

 

また、サンダルよりもマリンブーツやアクアシューズと呼ばれるシューズがオススメです。運動性も良いですし、水に濡れてもすぐに乾かすことができます。 そして、沖縄はサンゴが石灰化してできた島でもありますから、整備されていない天然のビーチや海岸も多くあります。そして、そうしたビーチや海岸は、砂浜から少し進んで海に行くと、岩肌や小さなサンゴのかけらが多く、足を切ってしまう人も少なくありません。こうしたシューズ系はしっかり足を守ってくれるので安心です。

 

6.虫除けスプレー、虫除けパーカー、かゆみ止め

特にアウトドアを楽しみたい人は持っていくようにしましょう。

沖縄は、冬でも蚊が出ます(実話)!

自然がそのまま残っている地域では、楽しく過ごしている間は良いのですが、後からかゆくなって困ることも少なくありません。予め備えておくと、後から不愉快な気分にならずに済みます。

 

7.真空断熱タンブラー

旅行にタンブラーは荷物になるから要らない、なんて考えないでください。 沖縄の旅行では、タンブラーがあると大変便利なんです。車や船に乗っての移動時間は長くなることも多く、せっかくの飲み物がぬるく、または冷たくなってしまって、周囲にはお店がない、ということもあるのです。

それに、居酒屋やカフェでは美味しい飲み物を提供してくれるところも多いですから、持ち帰ってホテルで楽しむこともできます。

 

カフェで持ち帰りにルイボスティーを入れてもらったという友人もいましたし、強者はぶくぶく茶を入れてもらったと言っていました。ぶくぶく茶はあまり意味無いのでは・・・。

 

最後に:現地でも買えますが・・・

現地でももちろん購入することは可能なものばかりですが、現地での購入はせっかくの旅行の時間をムダにしてしまいます。その時間をもっと満喫するために使うのが良いでしょうし、余裕を持って買い物をすることでお買い得に購入することも可能でしょう。 しっかり準備して、沖縄をめいっぱい楽しみましょう。

沖縄限定のお土産商品コレクション

沖縄限定の商品たち

美ら海水族館

 

最近は甲子園などでも、地元出身じゃない生徒が活躍しているシーンをよく見かけますが、地元であればまず応援しているのではないかと思います。

沖縄みやげの世界でも、沖縄出身ではないものの、沖縄限定の冠をつけて頑張っているものも多いです。大人向けから子供向けまで、いろんな商品があるので、今回はそんなおみやげ品をいくつかご紹介したいと思います。

 

有名キャラクターたち

何と言っても有名なキャラクターたちの限定商品は多く進出してきていて、ファンたちの間や子供たちのお土産として重宝されているようです。

■ワンピース
いろんな名所に通ってくれたり、ハブと戦ったりしてくれています。

ワンピース ご当地ミニパズル 沖縄限定 OKN-01 ハブVSマングース&ルフィ 150pcs

 

■ポケットモンスター
長年子供たちに愛されているポケモンですが、沖縄にもずいぶん馴染みました。

ポケモン ストア 沖縄 限定 バカンス ピカチュウ ぬいぐるみ セット

■妖怪ウォッチ
沖縄では限定の妖怪もあると言いますが、本当なのかしら。おじさんにはわかりません。

沖縄限定クリアファイル3枚セット(沖縄限定妖怪ウッチクリアファイル)

 

■銀魂
どうやら観光地ごとに商品があるようですね。
ご当地の学習が進むといいのですけど、鑑賞用で終わりそうですね。

銀魂 ご当地学習帳 沖縄限定 ぎんたマス

 

■ハローキティ
ずいぶん前からかぶり物に大忙しのキティちゃんです。
去年、韓国から来られたと思われる方がシーサーをかぶったキティちゃんのぬいぐるみを購入していくのを見ました。国際的な人気があるのはキティちゃんではなくシーサーであってほしいと願っているのですが、どうやらシーサーではなく、韓国でもキティちゃんは人気者のようです。

サンリオ(SANRIO) ハローキティ KITTY ぬいぐるみ 沖縄限定 ゴーヤー 限定品

 

思わず「オイオイ」と思ってしまう編

思わず大丈夫かと思ってしまうお土産品もあります。

 

■お茶漬け
「こんなものがあったのか!」と地元の人も知らずに驚く限定商品。
私としては、もずく茶漬けが一番美味しいと思いました。ゴーヤーチャンプルーは人を選ぶ、かなと思います。ネタ土産としてはとてもインパクトがあって良いかと。

永谷園 沖縄限定茶づけ もずく茶づけ・ゴーヤチャンプルー茶づけ・あぐー豚茶づけ 6袋入り

 

■ふなっしー
いったい、彼はどこのゆるキャラなんでしょう・・・?
神出鬼没のふなっしーは、沖縄でもいろんなキャラとコラボしたり頑張ってます。
実物は沖縄では見たことないんですが・・・。

ふなのみくす2 ~ナッシーバカンス沖縄篇~ [DVD]

正統派

やっぱり、正統派のお土産品が最も良いのかもしれません。
とは言うものの、沖縄ってどちらかというと奇をてらったお土産品が多いような気がします。正統なものだと種類が少ないからなのでしょうか。

 

■ボンカレー
沖縄ではまだ昭和のデザインのボンカレーが売り続けられています。
中にはこのボンカレーを調理して出す飲食店もあります。いいんでしょうか。。。

沖縄限定版ボンカレー中辛10パックセット

 

■ハイチュウ

ハイチュウは全国を旅して回っているようで、時々愛好家の方からお土産に買ってくるように求められることがあります。小分けにしやすいので配る際にも便利です。

沖縄限定 旅するハイチュウ シークヮーサー味 5本入り

 

■スターバックス
スタバのタンブラーやマグカップも現地にしかないデザインのものです。私はタンブラーを愛用していますが、ネットでは倍以上の価格で販売されていて驚きました。買う人いるんでしょうか。。。

スターバックス 沖縄限定 タンブラー&マグカップセット

他にも、沖縄に来てみなければ購入できない品々は多くあります。
そもそもここで紹介している時点で「沖縄でしか買えない」わけではないのですが、沖縄だからこそのデザインで作られた商品は旅の思い出にとてもいいですよ。ぜひ、お気に入りのものを探してみてくださいね。

沖縄の誇る日本一の水族館「美ら海水族館」

沖縄美ら海水族館写真集 -The Wonders of Okinawa Churaumi Aqarium-
晋遊舎
売り上げランキング: 211,234

沖縄が誇る日本一の水族館「沖縄美ら海水族館」

近年の沖縄観光の目玉のひとつといえば、何と言っても「沖縄美ら海水族館」です。

この水族館は、「世界一」「世界初」と称されるものが数多くあったことが一番の理由だったと思いますが、それらが塗り替えられた今もまだまだ強い人気を誇ります。

人間が到達することが難しい海の世界を凝縮して、水槽の中に見事に入れて見せたことや、海の生き物たちが魅力的に映るように工夫された展示は、水族館に対するイメージを大きく変えてくれます。まるで海に深く潜っていくかのような錯覚を来場者たちは覚えるのではないでしょうか。

交通の便がそれほど良いところにあるわけではないですが、それでも来場者が後を絶たない理由はその満足感にあります。個人的には、満足感で言えば日本一どころか、世界一の水族館なのではないかと考えています。

 

美ら海水族館
 

実は日本一おみやげが充実している水族館

どうしてこのレキオストリートで美ら海水族館をとりあげているかと言うと、実は非常に自主ブランドのおみやげ品が充実している水族館だからです。

経緯は館長さんが水族館経営は入館者の入館料だけでなくお土産や食事といった付帯収入が大きなカギを握っているという考えをもっていて、その考えを形にしてきたということがありました。生物たちにも安定した環境を提供するためには、また働くスタッフたちが研究し、楽しく仕事をするためには先立つものが必要ということもあり、そうした部分の強化を図ったそうです。

結果として、水族館の来場者の顧客満足も上がり、知名度も上がって相乗効果があったそうです。こうした経緯は、以下の書籍に詳しく書かれています。

沖縄美ら海水族館が日本一になった理由 (光文社新書)
内田 詮三
光文社 (2012-09-14)
売り上げランキング: 110,175

美ら海水族館は、水族館に付属のおみやげ品店以外にも、那覇の国際通りにもアンテナショップを作って自主ブランドのおみやげ品を販売すると共に、美ら海水族館の魅力を観光に訪れた人たちに紹介するための活動をしています。

商売上手、というよりも、本当に水族館の魅力を追求していったところ、そうしたPR活動や館外でも記憶に残るような仕掛けを多く作るようになったという感じです。

また、水族館のスタッフのブログも更新が頻繁で、写真も多くて面白く見ていて癒されます。オススメです。

【参考:美ら海水族館スタッフブログ 「美ら海便り」】

 

人気者の多い水族館

美ら海水族館の一番の目玉はやはり、三匹のジンベイザメです。ジンベイザメは成長すると最大で9メートルにもなるので、それも考慮して水槽は作られていると言います。

このジンベイザメが特に看板キャラクターとして、ぬいぐるみやTシャツのデザインなどに使われ、色々なおみやげ品の中に登場しています。

AQUA(アクア)ジンベイザメL
AQUA
売り上げランキング: 68,321

並んで、マンタも人気で、いろんなおみやげのパッケージを飾り、自身もキャラクタライズされています。

その他にも一昔前のディズニー映画で有名になったカクレクマノミなども人気です。水族館に行くと、今でも子どもたちが水槽の前で「ニモ!ニモ!」と嬉しそうに指を指している姿を見て嬉しくなります。

こうした人気者が多いのも美ら海水族館が人気を博する理由でしょうね。
普通に見て回れば1時間もあれば回れますが、一日中いても飽きないという人がたくさんいるという話です。

 

体験のある水族館

美ら海水族館では、いろんな催しが開催されています。

係員による解説プログラムやイルカのショーなどはもちろんのこと、スタッフたちが餌を与えている水槽のふちまで行って餌やりをしている姿も見ることができます。また、館内では生き物たちの魅力や海の魅力を伝えるための映像資料も多く上映されています。

こうしたプログラムも日進月歩で進歩しており、こうした施設では他に類を見ないサービス精神を感じることができます。

ホスピタリティについて考えたり、魅力あるイベント体験について考えさせるための社員研修などでもよく利用されるそうです。

研修に来たついでに観光や水族館鑑賞までできるなら最高ですよね。しかも、はるばる県外からも来るというから驚きです!

ずっと海の生物たちを眺め、海のように作られた館内は非常にリラックスできるというか、余計な刺激が少なくて癒されます。こうした癒しを求めてくる人たちも多く、水族館は、好きな人が単に知的好奇心を満たす場ではないということを教えてくれます。

体験のある水族館として、美ら海水族館は日本の水族館の中でも独自の輝きを放っています。沖縄に旅行に来る人に、やはり一番薦めたいスポットのひとつです。いろいろとわかって行くと、また違った顔が楽しめていいですね。

ちゅらうみ 沖縄美ら海水族館への招待 [DVD]
ホリプロ (2007-05-25)
売り上げランキング: 121,398

【参考】

Wikipedia 「沖縄美ら海水族館」

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館アンテナショップ うみちゅらら