その他おみやげ

サンゴは貴重な資源であり、稀少なおみやげ品

サンゴ

珊瑚(サンゴ)とはそもそも何か

サンゴというと、多くの人は石のようなものと考えています。宝石かな?という印象ではないでしょうか。

しかし、サンゴというのは生物です。正確には動物です。そして、その動物であるサンゴが石灰質の骨格を発達させるようになったものが私たちのイメージするサンゴなのです。そして、その上に藻類が付着して共生し、海中で栄養をサンゴに与えています。

沖縄はそうしたサンゴたちの集まった珊瑚礁が隆起してできた島です。

実際にサンゴは宝石のような貴重な石として扱われており、おみやげとしてもアクセサリーやオブジェとして加工され販売されています。

【ハワイアン雑貨】珊瑚礁のオブジェ/置物 (テーブルサンゴ)
ワイルドマーメイド
売り上げランキング: 517,967

サンゴは持ち帰ってはいけない

とあるアイドルが海岸で拾ったサンゴの死骸を持ち帰ったことをブログで報告したところ、全国から指摘があり謝罪するようになったというニュースがありました。

このことからもわかるように、サンゴの持ち帰りは禁止されています。これは生死を問わず禁止になっています。

おみやげ品として持ち帰りが可能なのは、産業用に養殖されたものであり、自然のサンゴは環境保護のために持ち帰りが禁止です。インターネット上では「少量なら持ち帰っても良い」という主張もよく見かけますが、法令上は禁止事項なので、持出しが見つかった時点でまず確実に没収されます。「持ち帰ることが(方法として)可能」というのと「持ち帰ることが許可されている」とは別です。

古い情報源には大丈夫と書かれていることも多いので、なるべく最新の情報で行動していただきたいと思います。

それほど大々的に告知されているわけでもないので、地元の人も知らないことが多いです。

これは、生きているサンゴであれば再生することがあることと、またサンゴが白骨化してもそれを足場にして新たに生態系が作られるなどの理由が考えられます。温暖化や環境汚染の影響で、沖縄近海の珊瑚礁はどんどん減少しているため、近年特にその保護に神経を尖らせているようです。

ですが、近隣の国から沖縄近海から生きているサンゴまで密漁されるという事件も起こっています。
サンゴは希少で価値あるものですが、生態系を考えた時にも希少だからこそ保護の意識をもってほしいものです。

サンゴとサンゴ礁のはなし―南の海のふしぎな生態系 (中公新書)
本川 達雄
中央公論新社
売り上げランキング: 282,786

ダイビングをされる方々へ

沖縄でダイビングをされる方も多いと思いますが、ダイビング中のフィンキックによるサンゴへのダメージが深刻化しているそうです。故意ではないにしろ、特に初心者ダイバーも多く潜りますのでその際にサンゴを折ってしまうケースや、こっそり持ち帰るケースも多いそうです。

貴重な経験だとは思いますが、自然への敬意をこめて、マナーを守って潜っていただきたいと思います。

また、水中で写真を撮る人がサンゴを折ってしまう事故率は撮らない人と比べて5倍くらいになるそうです。撮るなとは言えませんが、周囲にも一層注意して撮影するようにお願いしたいです。

サンゴを使ったおみやげ品

■アクセサリー

直径8mm真紅の血赤珊瑚K18ピアス
株式会社 宝光堂
売り上げランキング: 2,246

■活水剤

■インテリア

■コーヒーの焙煎用に

【参考】
Wikipedia 「サンゴ」

沖縄情報IMA「珊瑚の海を楽しむために」

沖縄で最も熱いプロスポーツチーム「琉球ゴールデンキングス」

琉球ゴールデンキングス

沖縄で最も熱いスポーツ「バスケットボール」

molten(モルテン) GIUGIAROジウジアーロ バスケット7号球 BGL7
molten(モルテン)
売り上げランキング: 1,449

沖縄で、今最も熱いプロスポーツはバスケットボールです。

なぜなら、沖縄にはプロリーグであるbjリーグの2013-2014シーズン優勝チーム「琉球ゴールデンキングス」があるからです。

沖縄県初のプロスポーツチームということもあって、地元でのテレビ中継や新聞などでの取り扱いも大きく、沖縄県内で大人気です。選手たちも積極的に地元のメディアやスポンサー企業の広告に登場していたり、その他の地域活動にも大きく貢献しています。

沖縄でバスケットボールが人気の理由

沖縄はアメリカ文化の影響を強く受けた経緯から、バスケットボールが野球とともに盛んです。あちこちの公園にバスケットボールのリングが備え付けてあったり、ストリートバスケ用のコートや施設も時々見られます。

沖縄は高校野球が強いことはよく知られていますが、実はバスケットボールの全国大会優勝回数も非常に多いです。男女ともに、沖縄出身の選手でトップレベルで活躍する人は現在も多く、日本代表レベルで活躍している選手もいます。

そういった環境だからこそ、バスケットボールは身近に見るスポーツであり、人気のあるスポーツなのです。

bjリーグとは?

bjリーグとは、日本にあるプロバスケットボールリーグです。

bjリーグの特徴は、地域が主体となってチームを運営していることです。だからチーム名の頭にはその自治体名がつきます。琉球ゴールデンキングスはbjリーグ上は「沖縄」と表記される場合があります。

日本にあるもう一つのプロバスケットボールリーグであるNBLは企業が主体となってチームを運営していて、こちらは企業名がチーム名の冠になっています。

bjリーグは10月から5月まで、年をまたいで約半年間をかけてレギュラーシーズンのリーグ戦を行なっています。ですから、2014-2015シーズンというような表記になります。室内競技ですので、熱気の強い夏季よりは冬季に行なう方が選手も観客も体調管理が容易になります。このように秋~春季にかけて行なわれるのはNBAなど外国でも同じです。

琉球ゴールデンキングスの特徴

琉球ゴールデンキングスの一番の特徴は、地元出身の選手が多いこと、起用されているということ。また、沖縄らしく米国出身の選手が活躍しているということです。沖縄は郷土愛が強いので、キングスが他地域のチームと戦って勝つことに大きなカタルシスを覚える人は少なくありません。

そういう理由で、子供たちだけではなく、おじぃおばぁ(おじいさんおばあさん)までバスケットボールに夢中な人もいます。中には「アメリカの軍隊は嫌いだけどキングスの選手は好きさー」と言っているおばぁまでいたりします。スポーツに国境はないなぁと感じるばかりです。

プレイ面での特徴は、よく走るということ。
決してキングスの選手たちは体格的に恵まれた選手ばかりではありません。プロとして一線で戦うには小さな選手も多いです。しかし、暑い沖縄での練習で鍛えられたスタミナとスピードから出るダイナミックなプレーは、バスケットを知っている人にも知らない人にも感動を与えてくれます。

そしてディフェンスがいいです。
キングスはbjリーグの中でも平均失点の少ないチームです。よく足を動かして守りを固めるので、相手が自由にプレーできません。そして一瞬の隙を見てボールを奪い、得点に繋げることが多いチームです。長距離移動が多い中でそのようなプレーができるのは日々の鍛錬のたまものですね。

琉球ゴールデンキングスについて

■名称

沖縄は遡ると琉球王国であったという歴史に由来したチーム名であり、王(キング)という響きに力強さと風格が感じられ、bjリーグの中でもキングのような存在になって欲しいという願いの込められたチーム名です。後に、チーム名に基づいてロゴがデザインされる過程で決まった3色のチームカラーより「キング(王)」のイメージを最も強く表現するゴールドをチームカラーとして採用し、チーム正式名称に「ゴールデン」が付記されました。
(琉球ゴールデンキングス公式Webサイトより)

■カラー説明

カラー説明
「琉球」と「キングス」の名にふさわしく金箔(ゴールド)、南方独特の藍(スチールブルー)を基調に、鮮明な朱(パールレッド)をアクセントにしています。同色のコンビネーションによる華麗かつ重厚なチームカラーを採用しました。

だから、ユニフォームは非常に特徴的な配色をしています。
地元のスポーツ用品店やバスケットボール専門店でも一際目を引きますね。カッコいいです。

■活動拠点
ホームアリーナとしては沖縄コンベンションセンターとなっていますが、ホームゲームの会場は交通や集客の関係上、那覇市民体育館が一番多いです。その他にも、バスケットボールの強豪校が多くバスケットボール熱の高い中部地域で試合や活動が行なわれることが多いです。また、離島にも積極的に顔を出しながら、地域のスポーツの普及と活性化に務めています。

琉球ゴールデンキングスを応援しよう

琉球ゴールデンキングスの応援グッズは県内外の様々なスポーツ用品店やバスケットボール専門店、またキングスが登場する試合会場などで手に入ります。

また、沖縄発の限定「キングス応援ツアー」も旅行会社などから販売されています。アウェー戦では全国各地を飛び回りますので、スケジュールをチェックしておいてお近くの地域で試合がある時に行ってみてもいいかもしれません。ゲームのチケット予約はコンビニなどでも行なっています。

沖縄の人で応援に来る方も多いので、キングスのユニフォームを着て応援席にいれば、そこで沖縄の友達ができるかもしれませんね。
【参考】
Wikipedia「日本プロバスケットボールリーグ」
Wikipedia「琉球ゴールデンキングス」
琉球ゴールデンキングス