雑貨・工芸品

サンゴは貴重な資源であり、稀少なおみやげ品

サンゴ

珊瑚(サンゴ)とはそもそも何か

サンゴというと、多くの人は石のようなものと考えています。宝石かな?という印象ではないでしょうか。

しかし、サンゴというのは生物です。正確には動物です。そして、その動物であるサンゴが石灰質の骨格を発達させるようになったものが私たちのイメージするサンゴなのです。そして、その上に藻類が付着して共生し、海中で栄養をサンゴに与えています。

沖縄はそうしたサンゴたちの集まった珊瑚礁が隆起してできた島です。

実際にサンゴは宝石のような貴重な石として扱われており、おみやげとしてもアクセサリーやオブジェとして加工され販売されています。

【ハワイアン雑貨】珊瑚礁のオブジェ/置物 (テーブルサンゴ)
ワイルドマーメイド
売り上げランキング: 517,967

サンゴは持ち帰ってはいけない

とあるアイドルが海岸で拾ったサンゴの死骸を持ち帰ったことをブログで報告したところ、全国から指摘があり謝罪するようになったというニュースがありました。

このことからもわかるように、サンゴの持ち帰りは禁止されています。これは生死を問わず禁止になっています。

おみやげ品として持ち帰りが可能なのは、産業用に養殖されたものであり、自然のサンゴは環境保護のために持ち帰りが禁止です。インターネット上では「少量なら持ち帰っても良い」という主張もよく見かけますが、法令上は禁止事項なので、持出しが見つかった時点でまず確実に没収されます。「持ち帰ることが(方法として)可能」というのと「持ち帰ることが許可されている」とは別です。

古い情報源には大丈夫と書かれていることも多いので、なるべく最新の情報で行動していただきたいと思います。

それほど大々的に告知されているわけでもないので、地元の人も知らないことが多いです。

これは、生きているサンゴであれば再生することがあることと、またサンゴが白骨化してもそれを足場にして新たに生態系が作られるなどの理由が考えられます。温暖化や環境汚染の影響で、沖縄近海の珊瑚礁はどんどん減少しているため、近年特にその保護に神経を尖らせているようです。

ですが、近隣の国から沖縄近海から生きているサンゴまで密漁されるという事件も起こっています。
サンゴは希少で価値あるものですが、生態系を考えた時にも希少だからこそ保護の意識をもってほしいものです。

サンゴとサンゴ礁のはなし―南の海のふしぎな生態系 (中公新書)
本川 達雄
中央公論新社
売り上げランキング: 282,786

ダイビングをされる方々へ

沖縄でダイビングをされる方も多いと思いますが、ダイビング中のフィンキックによるサンゴへのダメージが深刻化しているそうです。故意ではないにしろ、特に初心者ダイバーも多く潜りますのでその際にサンゴを折ってしまうケースや、こっそり持ち帰るケースも多いそうです。

貴重な経験だとは思いますが、自然への敬意をこめて、マナーを守って潜っていただきたいと思います。

また、水中で写真を撮る人がサンゴを折ってしまう事故率は撮らない人と比べて5倍くらいになるそうです。撮るなとは言えませんが、周囲にも一層注意して撮影するようにお願いしたいです。

サンゴを使ったおみやげ品

■アクセサリー

直径8mm真紅の血赤珊瑚K18ピアス
株式会社 宝光堂
売り上げランキング: 2,246

■活水剤

■インテリア

■コーヒーの焙煎用に

【参考】
Wikipedia 「サンゴ」

沖縄情報IMA「珊瑚の海を楽しむために」

南国の思い出「琉球ガラス」

琉球ガラス
琉球ガラス 【2個セット】デコたるグラス 【琉球ガラス村】

琉球ガラスとは?

琉球ガラスとは、沖縄県で生産されている吹きガラスなどのグループ作業で製作される手作りガラスを指します。

日本では古くは6世紀ごろには生産が行なわれ「瑠璃」と呼ばれたそうですが、その技術は途絶えてしまい、西洋国との貿易が始まる16世紀ころまでガラス文化が途絶えます。その後は各地でガラスの製造がされるようになっていきます。

沖縄でガラス製作が始まったのは明治時代と言われ、長崎や大阪からやってきた職人によって技術が伝えられました。

戦後、駐留米軍が使用したコーラやビールのビンを再生して、彼ら向けにガラスを作っていたところから独自の技術と製法が発達し、沖縄独自のガラス文化が発達しました。

よって、比較的新しい工芸品ではありますが、職人たちが「現代の名工」選ばれたりして知名度を上げ、平成10年に沖縄の伝統工芸品として指定を受けるようになりました。

外見的な特徴としては、非常にカラフルな色遣いをしていることと、気泡をわざと入れて凹凸を作ったり、表面をザラザラに見せるサンドブラストや、ヒビ模様といった、普通のガラス細工には見られないデザインが盛り込まれていることがあげられます。

材質的には特別なことはありませんが、ソーダ石灰を用いたガラスで、比較的低温で溶かして成形して作られます。

琉球ガラスの使われ方

琉球ガラスは沖縄ではやちむん(焼き物)と並んで、食卓を初めとして、インテリアや工芸品など幅広く用いられています。

■コップ

 

■お皿

■インテリア

■アクセサリー

ガラス作り体験

沖縄県のガラス工房の多くでは、琉球ガラス作りを体験することができます。
自分で作ってみたガラスの器は、食卓を彩ると共に見るたびに旅の思い出を甦らせてくれます。

費用は何を作るかによっても変わってきますが、おおよそ1,500円~3,000円くらいです。一番人気のあるグラス(コップ)作りは1500円前後になっていて、団体割引でもっと安くなる施設が多いです。

実際にする作業は、形を整える作業だけという所が多いです。その他の作業は色々と技術と時間がかかるので観光には不向きなんだそうです。焼いたり冷ましたりする工程上、当日に製作物を渡すのは難しく、後日の配送になる場合がほとんどです。

一部の施設では、製作物に刻銘したりなどのサービスを予め請け負っているところもあります。そうした作業は事前に行なうために、事前予約が必須となっている場合があります。沖縄観光では、ガラスに限らず、体験コースは全て事前予約を行なっておくとサービスが付いてお得な場合が多いです。

 

実はベトナムでも作っています

琉球ガラス製作の最大手である、琉球ガラス村グループでは、ベトナムに100%出資の工場を作って、そこで技術と精神を現地の人々に伝えています。ベトナムの工場で生産された製品の製法や材料は現地生産のものと同じであり、その品質を保証するために、検品によって一定の基準をクリアした製品には、特別な認証マークを与えています。

ベトナムに工場を構えている理由として、琉球ガラス村グループでは、

①手工芸に長けた人材が多くいること
②ベトナムは沖縄と深いつながりが歴史的にあること
③真面目で勤勉な国民性があること

を挙げています。沖縄は地理的・歴史的要因もあってグローバル化が進んでいるのかもしれませんね。

 

琉球ガラス製品利用上の注意

琉球ガラス製品を利用される際の注意として、以下のようなことがあります。

ガラス製品は手作りのため、一つ一つ形状や色、気泡などに細かい違いがあります。
ガラスは耐熱ガラスではありません。そのため、お湯や熱い液体を注がないようにしてください。また、急速な温度変化にガラスは弱いので、そういった環境に持ち込まないようにしてください。
製品に細かいヒビが見られる場合がありますが、デザイン上つけているものです。異様に大きなヒビでない限りは問題ありません。
洗う時は台所用の洗剤で大丈夫です。
電子レンジや冷凍庫、食器洗い機・乾燥機などで利用しないで下さい。破損の恐れがあります。
クレンザーや金属タワシなどでこすると、破損の原因になったり、細かい破片が中身に入ったりします。使わないで下さい。

【参考】
Wikipedia 「琉球ガラス」

琉球ガラス村 琉球ガラス工芸協業組合

森のガラス館

琉球村

 

琉球ガラス 潮騒でこぼこグラス 青・水【琉球ガラス村】
琉球ガラス村
売り上げランキング: 91,552