ちんすこう

レキオストリート式 おみやげランキング(2015年8月~2016年7月)

レキオストリート的 おみやげランキング

ランキング

 

今年は集計に時間がかかりましたが、
「沖縄みやげ案内レキオストリート」の独自集計によるランキングを紹介します。

【昨年のランキングはこちら】

今回の集計期間は2015年8月から2016年の7月までの1年間です。

ぜひ、沖縄のおみやげ選びの参考にしてください。

昨年はトップ10まで紹介しましたが、
今年はトップ10は同数で並ぶものが多かったため、
トップ5で紹介したいと思います。

では、5位から見ていきましょう。

 

5位:、かりゆしウェア

 

過去記事はこちら

5位は沖縄の夏の定番、かりゆしウェア。

これを着ている人が多いと、沖縄に来た感じがしますよね。
ちょっと砕けた感じで、着心地も楽。
出張で沖縄に来た人も、ついつい購入してしまうというかりゆしウェア。

最近はネットの直販をしているお店が増えてきています。

中には、かりゆしウェアではなく、普通のアロハシャツを、
「かりゆしウェア」の名目で販売していることもあります。

正しいかりゆしウェアについては、過去記事を参考にしてください。
ポロゆしも毎年新しいものが出ていますので、プレゼントなどに是非どうぞ。

最近は冬シーズンにも耐えられる長袖仕様も出ています。

 

4位:沖縄本

 

ウチナーあるある
ウチナーあるある

posted with amazlet at 16.11.03
ウチナーあるある研究会
ティー・オーエンタテインメント
売り上げランキング: 77,163

 

過去記事はこちら

4位は、沖縄本。
沖縄に関する本がこのサイトからたくさん見られています。
観光本と言うよりも、沖縄に関するマジメな本を見てくれているようです。

今、社会的政治的にも注目され、経済的にも「ラストリゾート」と呼ばれて注目されている沖縄ですが、きちんと理解したいと考えている方も多いのですね。

沖縄の書店には沖縄に関する本が非常に多く並んでいます。
郷土研究が盛んな沖縄ですが、それだけアイデンティティを大事にしているのですね。
日本人でもあり、沖縄人でもある。そういった沖縄県の独特の感覚を知りたいという人が是非多くなってほしいものです。

 

3位:やちむん

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やちむん ノモ陶器 3.5寸マカイ(ご飯茶碗)
価格:1512円(税込、送料別) (2016/11/3時点)

過去記事はこちら

続いて3位は食器、やちむんがランクインです。

毎年、多くの人が沖縄を訪れ、おみやげにやちむんを購入していきます。
やちむんの聖地(?)である壷屋や読谷の窯には、多くの観光客が訪れます。

何を隠そう、私は結婚式の引き出物でやちむんを招待客にプレゼントしました。
もらって嬉しく、そして愛嬌と温かみのあるやちむんは、おみやげでも引き出物としても人気者なのです。

やちむんも種類が非常に増えてきて、デザインも様々です。
過去記事はやちむんについて詳しく扱っているので、よければ是非ご覧ください。

 

2位:珊瑚(サンゴ)アクセサリー

 

過去記事はこちら

2位は、芸能人の事件からも話題になった珊瑚がランクインしました。

沖縄といえば珊瑚というイメージを持っている人も多いですが、それがどのようにアクセサリーになっているのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。

サンゴも多くの種類があり、商品ラインも豊富です。
サンゴのアクセサリーをつけるだけで、アジアンビューティー度アップです。

観賞用に、また着装用に、是非見てみてはいかがでしょうか。

 

1位:うっちん(ウコン)

 

過去記事はこちら

1位は、なんと「うっちん(ウコン)」。

正直私も非常に意外でした。

検索からの反響としては、「さんぴん茶」が一位だったのですが、実際におみやげとして購入されたり選ばれているのは沖縄産のウコン製品だったんですね。

最近は若者のお酒離れが進んでいるといいますが、沖縄では以前としてお酒の文化は根強く残っているように感じます。胃や肝臓を大事にするためにも、うっちん製品をしっかり取り入れましょう。最近は居酒屋でもうっちん茶が頼めるところが増えましたね。

肝臓の機能を高めるので、体の調子を整えたり、代謝を高めてダイエットにも効果を発揮してくれますよ。

 

 

総評

以上が一年間のランキングでした。
今年は更新・発表が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

皆さんが購入したことのある品物はありましたか?

普通のおみやげランキングだと、ほぼ間違いなく「ちんすこう」が一位になりますが、ここのランキングだとあまり上位に来ません。

割と通のおみやげが選ばれるレキオストリートでは、意外なものがランクインして来るのが特徴です。

食品類が沖縄のお土産では定番ですが、旅行慣れした方や通の方、また沖縄が地元という方へのお土産には、少し定番を外して、上記のランキングのものが良いのかもしれませんね。食品はアンテナショップでも購入できますし、ちょっと意外性を出して、こういったものを現地で買い付けたりネットで注文すると喜ばれるのではないでしょうか。

ランク外になりましたが、その他に評価が高かったのは、

といったものがありました。

沖縄の魅力とおみやげを、地元民の目線でお伝えしていくレキオストリート、これからも頑張っていきますので、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

沖縄の人気おみやげ菓子「サーターアンダギー」

サーターアンダギー
さーたーあんだぎー(サーターアンダギー)8個入り
健食沖縄
売り上げランキング: 110,641

沖縄の人気菓子「サーターアンダギー」

ちんすこうと並んで沖縄のお菓子で最も有名なのがこのサーターアンダギーです。

サーターアンダギーとは砂糖を意味する「サーター」と揚げ物を意味する「アンダギー」をつなげた言葉。方言が禁止された時代のおばぁたちは時々「砂糖てんぷら」と言ったりします。最近はあまり耳にしなくなって少しさびしい気もします。

今の人たちなら、沖縄風ドーナツと言った方が味も雰囲気もわかりやすいかもしれません。ミスタードーナツにDポップというドーナツがありますが、あれのプレーン味をゴルフボール~テニスボール大にしたものだと思えばいいでしょう。最近は女性も食べやすいようにもっと小さいサイズのものも出ていますね。

一般のスーパーなどでも勿論購入できますし、家庭でも簡単に作れます。また、てんぷら屋さんでも販売されています。

本題とはそれますが、誤解のないようにお伝えしておきますと、沖縄のてんぷらは本土のてんぷらとは違い、庶民が気楽に食べるものです。材料も安価なイカや魚、野菜などが多く、おやつ感覚で食べたりもします。ひとつ30円~100円くらいが多いですね。学生が学校帰りにてんぷら屋さんで買い食いするというのも沖縄では割と見られる光景です。サーターアンダギーも、そういうてんぷらの仲間として扱われているのかもしれませんね。

NHKの連続テレビ小説「ちゅらさん」で全国的に有名になったと言われています。

子どもから大人まで大人気で、お茶やコーヒーにも合う人気者、それがサーターアンダギーなのです。

ちゅらさん 完全版 DVD-BOX

ちゅらさん 完全版 DVD-BOX

posted with amazlet at 14.11.21
ポニーキャニオン (2003-09-18)
売り上げランキング: 14,482

サーターアンダギーは縁起がいい?

はい、正解です。

昔からサーターアンダギーは縁起物として尊ばれていました。

というのは、生地を球状に丸く成形して油に入れて揚げるのですが、表面から熱されて固まっていき、その後、内部が熱をだんだんと受けて膨張していくため、球状の表面が割れます。その時の様子が花が開いたように見えるということで、縁起が良いと言われ、お祝いごとや結納(形が女性を象徴するとも言われているそうです)などの際に用いられました。

同じ材料で同じように作る三月菓子(サンガツグァーシー)というのもありますが、こちらは生地を球状にではなく棒状にして切れ目を入れて揚げます。こちらも同じようにお祝いの席などで縁起をかついだ御菓子としてよく見かけます。かっこよく言えば、こちらは沖縄風フィナンシェといったところでしょうか。

名前の由来は、旧暦三月三日のハマウリ(浜下り)の行事の際に食していたことから。三月のお菓子の意。

サーターアンダギーあれこれ

最近はサーターアンダギーも、ドーナツ感覚でいろんな味があります。

普段みかけるサーターアンダギーはキツネ色をしているかと思いますが、これは白い砂糖を使って作ったもの。この砂糖を黒糖にして作ると、より濃い茶色のサーターアンダギーになります。

そして、最近は紅いもを織り込んだり、パイン果汁を織り込んだもの、チョコでコーティングしたものがあったり、いろんな食べ方があります。
沖縄のホテルのバイキングに行くと、チョコレートフォンデュにつけてサーターアンダギーが食べられるお店もあります。

そして、最近の傾向としては小型化です。昔ながらのテニスボール大のものは女性たちには食べにくく、特に口元が汚れてしまうので敬遠されがちです。そこでピンポン玉を一回り小さくしたようなサイズのサーターアンダギーが登場していて、一口で軽く食べられるものも登場しました。喫茶店でお茶受けとして出てくる場合もありますね。

たまにですが、街中でおばあさんがカートを引きながらサーターアンダギーを販売していることがあり、急に話しかけられて買うように勧められます。おばあさんのお小遣い稼ぎでやっている場合が多いそうなのですが、観光客には高い値段を提示することがあるので気をつけましょう。私も数年前に経験がありますが、ビニール袋に詰めた大きめのサーターアンダギー8個で500円と言われました。その辺のお店で買えばおそらく250~300円程度です。おみやげ品としてはパッケージ代や、保存のための真空パックなどが必要なのでそのくらいの値段がしても納得なのですが、そういうわけでないなら割高です。

【うちな~むんシリーズ】サーターアンダギーストラップ(中)
食品サンプル山月 ムーンリトル
売り上げランキング: 655,563

【参考】
Wikipedia 「サーターアンダギー」

沖縄の茶道?「ぶくぶく茶」はセレブの味

ぶくぶく茶とちんびん

ぶくぶく茶って何?

ぶくぶく茶というのは、沖縄で飲まれているお茶の一種で、ソフトクリームのような泡を飲む(食べる?)という珍しいお茶です。こうした泡を飲むお茶は、日本でもいくつかしか種類がなく、振茶と呼ばれるそうです。

沖縄では、中国から伝わってきた様々なお茶と、日本から伝わってきた茶道の技術があって、ぶくぶく茶という独特の茶道ができたと言われています。

油っぽい食事の後に消化を助ける効能があるといわれ、沖縄ではお祝い事の際に飲まれていました。戦争中に茶器や良い水が手に入らなくなり、技術者も多く失ってしまって、一時は失われた技術になっていましたが、人々の努力によって復活し、今日に至っています。

その食感は本当に柔らかい、泡を食べているという感じ。しかし、泡だからこそ立ち上ってくる香りが楽しく、そしてほのかな甘みを楽しむことができます。ちょっとベトベトしてきたら、底にあるお茶を少しすすって、また泡を食べて。。。食べること自体が楽しい飲み物と言っていいでしょうね。

沖縄でレアかつセレブなひと時を過ごしたいなら、ぶくぶく茶に是非ともチャレンジしてほしいと思います。ちなみに、筆者は少々苦手です。。。

ぶくぶく茶の作り方

ぶくぶく茶の作り方は、以下のようになります。

  1. 煎り米を作る
  2. 煎り米湯を作る
  3. 茶湯を作る
  4. 泡を立てる
  5. お茶を入れて泡を乗せる

詳しくは、以下のWebサイトに詳しく載っています。ご自分で作ってみたい方はぜひ見てみてください。

【参考:ぶくぶく茶って、どんなお茶?「ぶくぶく茶の作り方」】

作る際に、お水は硬度の高いお水でないと良い泡が立たないそうです。

沖縄では、サンゴ礁が溶け込んだ質の良い硬水が昔はそこかしこにありました。特に、日本の名水百選にも選ばれた垣花樋川(かきのはなひーじゃー)の水が最も良い泡が出るといわれています。

今は水道の水も軟水になっているため、硬水のミネラルウォーターなどを利用して作られることが多いそうです。

味の違いは主に、使うお米と、使う茶葉によって決まります。個人的には茶葉はさんぴん茶を使った方が泡を食べた時に香りが楽しめてよいと思います。泡はお米が使われていることもあって少し甘いので、そこが筆者は少し苦手なんですよね。お茶味でいいのに、と思ってしまいますが、でも女性にはそこが人気なんだそうです。

ちなみに、お店でぶくぶく茶を頼むと一杯あたり500~800円くらいが相場です。
点てたお茶をいただくという感じですので、少し普通のお茶よりいいお値段になります。

添えるお菓子は何でもいいとは思いますが、やはりちんすこうがベストだと思います。

新垣ちんすこう(24袋)
有限会社新垣ちんすこう本舗
売り上げランキング: 5,993

ぶくぶく茶の歴史

ぶくぶく茶の起源は諸説あり、最も古いもので豊臣秀吉の時代からあったと言います。また、別の説としては18世紀にぶくぶく茶とおぼしき記述のある資料があり、そこが起源だという話もあります。

地域も様々に言われていますが、有力なものとしては那覇で生まれ、首里で飲まれることが多かったというところでしょうか。というのは、首里付近の「良い水」ではきれいな泡が立たず、那覇の塩っぽい水の方が泡が立ちやすかったということが言われているからです。
(ここで言う首里とは、首里城でおなじみのかつての琉球王国の都。那覇というのは、もっと低地の、海沿いの地域を指します。現在ではどちらも那覇市に属しています。)

これらは主に外交の際に客人をもてなすところで振舞われたことから、上流階級の男性が主にその作り手だったそうです。それが時代と共にだんだんと庶民にも普及していって、お祝い事などの際に飲まれたり、特別な日に飲まれていたそうです。普段から常用している人もいて、ぶくぶく茶売りが町を毎日歩いていたという記録もあります。

第二次大戦前まではよく飲まれていましたが、戦争の中ですたれていってしまいます。道具が焼けて無くなってしまったり、水を選ぶことが難しくなったなどの理由があると言われます。

戦後、戦争で失われていたぶくぶく茶を作るための道具(鉢や茶せん)を持っていた本土の人が沖縄の人にまた返してくれたところから、研究と情報収集が成されて少しずつぶくぶく茶が復興していったそうです。

現在ではNPO法人である「沖縄伝統ブクブクー茶保存会」「古琉球茶道ブクブク茶あけしのの会」などが伝統的なぶくぶく茶の保存と伝承に力を注いでおり、一方で観光用にカフェやホテルなどでぶくぶく茶が飲めるようになってきています。また、派生商品であるブクブクコーヒーなど、新たな展開も見せるようになってきています。

 

ぶくぶく茶に関する書籍

ブクブクー茶

ブクブクー茶

posted with amazlet at 14.10.28
安次富 順子
ニライ社
売り上げランキング: 1,318,705
絵本 おきなわブクブクー茶物語
あしとみ じゅんこ
沖縄伝統ブクブクー茶保存会10周年記念事業委員会
売り上げランキング: 1,665,499
沖縄健康茶読本

沖縄健康茶読本

posted with amazlet at 14.10.28
メディアプレス沖縄
売り上げランキング: 1,010,532

【参考】
ぶくぶく茶って、どんなお茶?

沖縄におけるブクブク茶の現状と歴史(PDF。注意)

「通」の沖縄みやげは「塩」

塩とコショウ
石垣の塩 500g

石垣の塩 500g

posted with amazlet at 14.10.14
オーシャンカンパニー
売り上げランキング: 11,958

沖縄は「ブランド塩」の宝庫

沖縄はブランド塩の産地です。

ミネラル分豊富な海水という資源があることはもちろんですが、旧来から受け継がれ研究されてきた製塩技術が進歩しています。

塩の国内自給率は実は12%程度しかなく、その多くが東北で作られているそうですから、沖縄で生産・販売されている塩は一般に食されている食塩とはまた違ったものなのです。

沖縄では様々な特徴をもった海、そして独特の技術がいろんな特徴をもった塩を生み出しているのです。

高い品質の商品を毎年表彰するモンドセレクションでも各賞を受賞している商品も大変多いのです。

黒糖本舗 垣乃花 雪塩黒糖 120g

沖縄の製塩のはじめ

戦後、ずっと米軍統治下だった沖縄は1972年に日本に復帰します。

そして、その年に日本の様々な法律が適用されることになりました。その中に、食塩に関するルールもあり、その中で沖縄で旧来用いられていた塩は法令の基準に合わないため、日本の食塩が利用されることになりました。当時の塩は、海水に電気を通して塩化ナトリウムを取り出すといったもので、ミネラルや風味など、従来の塩とは全く違うものでした。沖縄の伝統的な料理とも合わず、食材を傷めたこともあったそうです。

それから1974年に、政府から「オーストラリアまたはメキシコの天日塩を原料として使用した塩なら製造・販売してもよい。」認可を受けて沖縄の自然塩「シママース」が復活するようになりました。オーストラリアやメキシコから原塩をもってきて、それと沖縄の海水を混ぜて作ったかん水を煮詰めて、塩の結晶を作り出す形で、沖縄の自然塩を使ったシママースが復活しました。

そして1997年に塩の専売制が終わり、2005年には完全に自由化がされて、それから沖縄では様々なブランド塩が登場するようになりました。これらは一般の食卓で使われるにとどまらず、高級料理に用いられたり、おみやげ品として人気を博しています。

塩の専門店がすごい!

塩の専門店として「塩屋(まーすやー)」さんというお店が那覇市の国際通り近く(平和通り内に)あるのですが、ここはすごいです。

沖縄はもちろん、世界のいろんな塩を700種類以上とりそろえていて、店舗ではいろんな地域のいろんな塩を試食できます(食べ過ぎ注意)。そしてソルトソムリエが希望をきいて、一番合った塩を出してくれたり、いいブレンドの塩を提案してくれます。

塩ってこんなにあるんだ!という感想を抱くことは勿論、大差ないだろうと思っていた塩の味の奥深さを感じますので、是非とも足を運んでいただけたらと思います。

【塩屋 公式Webサイト】

こんなところで使われている沖縄の塩

沖縄の塩は、いろんなところで利用されています。

・一般の食卓
・商用の高級おにぎりの材料
・クッキー、ケーキ、アイスなどの原材料
・高級ホテルなどの食材
・石鹸や歯磨き粉など健康・美容用品の原料
・様々な食品の原材料

塩ちんすこう、塩バニラアイス、などなど色んなものが作られているのを沖縄でよく見かけます。塩がそれだけ強調されるようになったんですね。塩サイダー、塩飴なんていうのも最近はありますね。

その他にもいろんな利用の道があり、高級品としての位置をちゃくちゃくと築いてます。

 

塩づくり体験、その他

沖縄では製塩工場で塩作りを体験・見学できるところがあったり、観光スポットで塩づくりを体験できるところもあります。

自分が作った塩を食べてみると、同じ材料で同じ方法で作っても、隣の人と何か少し違ったりします。こういうのも面白いですね。

【GALA青い海 「塩づくり体験」】

ちなみに、塩のウンチクを少し紹介すると、財団法人塩事業センターによれば、体内において塩は、

・消化と栄養の吸収を助ける
・細胞の水分やpH値を保つ
・刺激の伝達を助け、脱水症状や血圧低下、立ちくらみなどの防止

という特徴があり、また、

・ビタミンCの分解抑制作用
・防腐作用
・脱水作用
・味に対する対比作用(一方の味を強める)や抑制作用(一方の味を弱める)
・食感に対する作用
・褐変防止作用

など、様々な特徴があるからこそ単純な食品、調味料の枠を超えて利用されているとのことです。

人間は塩が無いと死にますが、塩があって生きていればいいのではなく、塩の役割を理解してこそもっといろんなことに利用できるんですね。

沖縄に来て、塩について考えてみる、味わってみる、そんなテーマのツアーも面白いかもしれませんね。

【参考】
宮古島の雪塩 公式Webサイト

日本ソルトコーディネーター協会

ぬちまーす 公式Webサイト

塩の専門店「塩屋」 公式Webサイト

財団法人 塩事業センター

米国生まれ、沖縄育ちの「ブルーシールアイスクリーム」

ブルーシールアイスクリーム

沖縄のハーゲンダッツ?「ブルーシール」

沖縄には「ブルーシール」と呼ばれるアイスクリームブランドがあります。

沖縄での知名度は、ハーゲンダッツやサーティーワンよりもずっと上で、一般的な価格のアイスクリームから高級アイスクリームまで数々の商品が提供されています。気軽に家族で食べるアイスクリーム屋さんでもあり、お友達とちょっとした贅沢をしたい時にも適している、そんなお店がブルーシールアイスクリームです。

沖縄の気候風土にマッチした商品開発を続けて、戦後の1948年から歩み続けてきたブルーシールアイスクリームは、沖縄の人々に夢と涼しさを今日も変わらずに与え続けています。

アメリカ生まれ、沖縄育ち

ブルーシールアイスクリームの大元である、フォーモスト社は、もともとアメリカの会社です。戦後、沖縄に駐留する米軍関係者のために乳製品を供給するところから始まりました。

その初めは沖縄県の北部(中部?)にある、現うるま市の基地内でした。当時のアイスクリームは、基地の中でしか手に入らない貴重なものだったそうです。

1963年に米軍基地から浦添市の牧港に拠点を移し、沖縄独自のアイスクリームへと変化していきます。社名もフォーモストブルーシールと改めて、より沖縄の生活に浸透していきました。多くの人が足を運んでアイスを楽しむようになりました。

現在も、BIG DIPの愛称で親しまれる浦添市牧港のブルーシール本店は観光客にとっても人気スポットとなっています。ちなみに私は、日本国内でアイスクリーム専門でここまで大きな店舗は見たことがありません。

bigdip_makiminato

沖縄県内ではブルーシールの商品はスーパーやコンビニエンスストアのアイスクリーム棚で見ることができます。沖縄県民なら一度は飲んだことがあるだろう、ブルーシールのチョコドリンクは時々自動販売機でも見かけることができます。

クリスマスにはブルーシールでアイスケーキを頼む、という風習があるのももしかしたら沖縄県だけなのかもしれませんね。

少し前までは、日本国内で沖縄でしか食べられなかったのですが、東京や鹿児島に少しずつ出店するようになってきています。また、現在は通信販売も行なわれていますので、県外にいても気軽にブルーシールアイスクリームを食べられる環境が整ってきています。

沖縄らしさを追求した味わい

元々アメリカの企業であり、アメリカ人向けにアイスクリームを提供し始めたブルーシールですが、今ではすっかり沖縄にローカライズされるようになりました。

沖縄の気候や風土に合わせたさっぱりとした味が特徴ですが、コクがしっかりとしていて乳脂肪分は少なめで、ほとんどがラクトアイスに分類されています。

フレーバーの種類が非常に豊富なことと、沖縄の食材を使っている製品が多いことに特徴があります。

たとえば、

紅いも、ウベ(ベニヤマイモ)、シークァーサー(ライムのようなかんきつ類)、サトウキビ、マンゴー、パイナップルなどが用いられています。最近はちんすこうもアイスクリームになっています。

【参考? DEEokinawa 「ブルーシールの人気アイスを当てるまで終われま10」】

沖縄のブルーシールアイス「OKINAWANミックスセット」90ml×24個入

本店ではアイスクリームの他にも、パフェやドリンク、ハンバーガー、オリジナルグッズの販売も行なっています。

そして、中には3300円もするビッグマウンテンという、フレーバー違いのアイスを17個も積み上げたとんでもないパフェメニュー。でも、挑戦者多数なんだそうです。おなか壊さないように、グループで溶ける前にお召し上がりください。

私は昔からレインボーシャーベットがさっぱりしていて好きなのですが、沖縄食材が使われているわけではないようで、だんだん大きな店舗以外では見かけなくなってきました。残念。

味わいは沖縄なんですけど、内装やカラーリングはまさにアメリカ!って感じなのが、現代の沖縄らしくていいなぁと思います。

blueseal_nago

ブルーシールのサービスデー

■Big Dip Day(毎月10日、20日)
毎月の10日と20日はブルーシールではBig Dip Dayとして、なんとシングルアイスの価格でトリプルのアイスが食べられます。沖縄では新聞広告も出ているくらい有名な話で、学生たちやOLが狙って食べに来るくらいですが、観光でいらっしゃる方は知らない方が多いです。
あまりにもたくさんの種類のフレーバーがありますから、10日、20日に来たのであれば是非グループで行って、いろんな味を楽しんでみてくださいね。

■クレープの日(取り扱い店舗のみ。毎月9日19日29日)
また、クレープの日があります。
クレープの「ク」で「9」のつく日、9日19日29日はクレープが90円引きになります。

■その他
その他、LINEやFacebookで新着商品情報やプレゼントキャンペーン情報などを随時提供しています。お買い得商品やサービスデーの情報もこちらをチェックすると良いでしょう。

【ブルーシール 「ソーシャルアカウントのご紹介」】

 

【参考】
ブルーシールアイスクリーム

Wikipedia 「ブルーシールアイスクリーム」

うらそえナビ 「Blue Seal 牧港本店 」

ブルーシールアイスギフトパック スマイルパック 各90ml/17種類計18個入り ギフトセット