ゴーヤー

フェイスマスク「LuLuLun(ルルルン)」の沖縄限定がアツイ!

lululun

沖縄のみやげ物屋の店先に多い「LuLuLun(ルルルン)」

沖縄のプレミアムルルルン ゴーヤ&アセロラ

 

「LuLuLun(ルルルン)」といえば、女性の方ならご存知の方も多いフェイスマスクですが、沖縄にはこのLuLuLunのご当地バージョンが二種類販売されています。

「シークァーサーの香り」と「ゴーヤーの香り」の二種類です。

お土産屋の店頭で沖縄限定コスメとしてよく並んでいます。

沖縄で嬉しいフェイスマスク

沖縄といえば強い紫外線で有名です。
よく外国から来た白人の方が肌を真っ赤にしてしまっているのを見ますが、もともとメラニン色素も少なく日光に弱い白人の方が沖縄で肌をさらしていたら、一日も持たずに日焼けによる炎症だらけになるのは仕方ありません。

ウルトラマンのようになってしまった肌の方を見るたびに目を伏せたくなります。
要するに、痛々しい。

日焼けをブロックするために日焼け止めは大切ですが、同時に肌の潤いをしっかり保っておかないと、日焼けのダメージも大きくなりますし、その後の肌トラブルも増え、後でシミやソバカスの原因となってしまいます。

ですから、ルルルンのようなフェイスマスクは沖縄でのおみやげとしてだけではなく、現地での肌の応急処置のためにも重要なのです。

沖縄素材が沖縄の日光に効く?

ルルルンの沖縄限定商品は、沖縄の素材が使われているのがポイント。
やはり厳しい現地の環境で育った植物の成分は、現地の自然環境に対応する能力が高いのです。

「シークァーサーの香り」ではシークァーサーの表皮エキスやハイビスカスエキスが含まれていて、肌にツヤや潤いを与える効果があります。

「ゴーヤーの香り」ではビタミン豊富なゴーヤーのエキスやアセロラエキスを配合。南国の植物のチカラで、強い紫外線による酸化ストレスからも肌を守ってくれます。

沖縄に行く人は、先にこういったもので肌を慣らしておくのもいいかもしれませんね。

ザンビアに潤いを

ルルルンの公式サイトを見てみると、「世界を変えるルルルンプロジェクト」ということで「世界中の女の子をうるおしたい」という壮大な計画を行っているようです。

ザンビア編はとても面白かったですし、社会的な意義を感じました。

ザンビアも日光の強い地域ですから、日差しのダメージから肌を守るためにもこういったものが普及すると良いですね。

【参考:世界を変えるルルルンPROJECT】

沖縄限定だけど・・・ネットでは売っている

このルルルンの沖縄限定バージョンは、沖縄でしか販売されていないということになっていますが、ネット上では商品が無いわけではありません。

ただ、どうしてもネット上で販売されているものは在庫も少なく、割高な価格になっているものが多いです。また、販売元から注意がされないか勝手に心配しております。

それでも「沖縄のものが気に入った!」という方は良いと思いますが、できれば現地でしっかり買い付けた方が良いのかもしれませんね。

比較的良心的な価格で提供しているお店もありますから、そうしたお店を探すのも良いかもしれません。

買い逃してどうしても欲しい、という場合はそういったお店を使うのも悪くは無いと思いますが、現地の知り合いがいればお願いして購入してもらうのが一番ですね。

当サイトでは、当然代理購入はしておりませんのであしからず。

沖縄のプレミアムルルルン ゴーヤ&アセロラ
株式会社グライド・エンタープライズ
売り上げランキング: 107,850

沖縄の県産野菜「島野菜」はいろいろスゴイ!

ゴーヤーチャンプルー

沖縄の県産野菜「島野菜」

ゴーヤーチャンプルー

 

沖縄は、独自の気候や風土によって生育する果物や野菜がまるで違います。

マンゴーやパイナップルなどの南国フルーツが盛んに栽培されているのは非常に有名ですが、一方で野菜はゴーヤーくらいしか有名にはなっていません。

しかし、地元の沖縄では盛んに「島野菜」が販売されていて、レシピと共に沖縄中で販売されています。そして現在、生産、加工、流通・販売までを一貫して手がける六次産業という産業の取り組みが沖縄では盛んに行われているのです。

沖縄の島野菜でアンチエイジング

沖縄の島野菜は近年になってその健康効果が大きく注目されるようになってきています。というのは、その抗酸化作用がアンチエイジングに効果的だと見られているからです。

一般的に、人間にとって酸化というのは老化とほぼイコールであり、抗酸化作用のある食物はこの酸化を防いで細胞の老化を遅らせる効果があると言われています。

沖縄が健康長寿を誇っていた時期、沖縄県の多くの人は高齢者を中心にこうした島野菜を積極的に食べていたと言われています。

沖縄県は日本でも特に日光が強烈な地域だということで有名ですが、普通、植物というのは強い日光にさらされるとしなびていって、枯れてしまうものです。しかし、そんな厳しい環境の中でも青々と健康に育ち、そしてみずみずしい葉や実をつけることができるのは、そうした抗酸化成分を植物たちが体内に持っているからなのです。

ですから、そうした食物を摂取することで、体もしわしわと枯れてしまう、老化状態を防止することができ、若さを保つことができる、というわけなんですね。

沖縄の島野菜にはどんなものがある?

沖縄の島野菜は、非常に多くの種類があるのでここでは正直紹介しきれません。

それでもいくつか紹介しますと、

ゴーヤー:ニガウリ。加熱しても損なわれないビタミンCで夏場の栄養補給に。

島にんじん:きれいな黄色をしているニンジンです。オレンジ色ではありません。

島オクラ:巨大なオクラ。十数センチのものも珍しくありません。

パパイヤ:特に青パパイヤは抗酸化成分が豊富といわれています。

ジービン:つるむらさき。

ハンダマ:葉野菜で、筋の中に紫色が見える珍しい野菜。鉄分、抗酸化成分が豊富です。沖縄ほうれん草という別名があるとかないとか。

島らっきょう:大きなというか別種にしか見えないラッキョウ。島オクラと同様のサイズで、てんぷらや漬物でよくお目にかかります。

ウリズン:ウリズンとは沖縄の初春を表す言葉ですが、この時期に採れる四角豆を言います。

ナーベラー:いわゆるヘチマ。沖縄では炒めたり味噌で煮込んで食べます。

シブイ:冬瓜です。冬瓜といいますが、夏にできて、冬まで保存が利きます。ただし、直射日光に当たらず、常温のところで保管しましょう。

モーウィ:赤瓜といいますが、漬物の形でよく食べられます。

フーチバー:ヨモギ。沖縄では豚や山羊の料理の臭いを消したり、ジューシー(炊き込みご飯、雑炊)に入れて食べます。

ターンム:田芋。普通のサツマイモよりも水っぽく、粘り気があるのが特徴。てんぷらにしたり、お菓子の材料にしたり、マッシュして栗きんとんのようにして食べます。

キリがないですね。
こうした食材は市場ではたくさん売られていますし、またスーパーなどでも近年非常に推されている人気商品です。地産地消と言いますが、やはり地元で作ったものは安く手に入りますし、その土地の人の体にもあるのでしょうね。

今では、日本中から要望があるので全国発送も行われているようです。

 

 

沖縄の島野菜料理に困らないために

沖縄には、島野菜の名前がわからないと注文しにくい料理が多いです。

たとえば、マーミナーチャンプルー。
これは何かというと、「もやし炒め」なんですね。
方言で書かれていると、何のことだかサッパリです。

ですから、沖縄の食堂でよく見られるメニューをいくつか紹介します。

  • ゴーヤーチャンプルー:これは有名なので省略
  • マーミナーチャンプルー;マーミナーはモヤシ。チャンプルーは省略されることもあります
  • ナーベーラー:ナーベーラーだけ書いてある場合、ヘチマを島豆腐などと一緒に味噌味で炒め(煮)したものが多いです
  • フーチバージューシー:ヨモギの入ったジューシー(炊き込みご飯、雑炊)
  • ニンジンしりしりー:県産のニンジン(島にんじんに限らない)を細く切って油で炒め、最後に卵をかけて炒めながら混ぜ合わせたもの。つまみとして
  • パパイヤイリチー:パパイヤの炒り煮。イリチーは炒めながら煮る料理

このくらい知っておくといいと思うのですが、個人的なイチオシの料理は、沖縄の食堂にしか見られない「味噌汁定食」です。

味噌汁定食というのは、島野菜による具だくさん味噌汁のことで、通常の味噌汁の3~4倍のボリュームと、大胆なサイズで入った野菜(卵が入ってることも多い)が魅力的な味噌汁です。定食ですから、小鉢とご飯がついて来ます。

ちなみに、沖縄の定食屋では「定食」という言葉が省かれていることがあります。メニューに「ライス」「味噌汁」「刺身」とあって、これを三つとも注文すると、上記の大きな味噌汁に加えて、ごはんと小鉢、そしてライスと刺身(定食)のごはんと味噌汁もついてきてしまいます。

さらにわかりにくいことに、沖縄では「おかず」というメニューがある食堂もあり、おかずにライスと味噌汁が当然ついて来ますので気をつけましょう。「定食」というとなぜかご飯・味噌汁・小鉢・ちょっとした刺身がセットになっていることが多いです。

メインを島野菜にしても、十分なボリュームの食事が楽しめますよ。

体にいい沖縄野菜健康法

体にいい沖縄野菜健康法

posted with amazlet at 15.12.08
緒方 修
実業之日本社
売り上げランキング: 764,636

沖縄一の人気者はやっぱり「ゴーヤー」!

ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーとは?

ゴーヤーチャンプルー
もはやゴーヤーといえば、日本中どこに行っても通用するようになってきたと思いますが、和名では「ニガウリ」「ツルレイシ」と呼ばれています。

苦いウリ、つるに生えているレイシという意味かと思いますが、このレイシというのはキノコのレイシではなく、おそらくライチを意味するレイシじゃないかと思います。見た目のイボイボがライチと似ているところから来たのではないでしょうか。

沖縄はもちろん、様々な地域でその栄養が認められて、特に夏バテ予防のために食されています。

 

ゴーヤーは夏バテに効く?

ゴーヤーは暖かい地域で育つため、夏バテ予防に効果的な食品と言われています。

その苦味が食欲を刺激するとも言われますが、一方で栄養素も非常に優秀。夏場に特に消費されがちなビタミンCを豊富に含んでおり、しかもゴーヤーのビタミンCは特殊で熱に強く、加熱調理でも失われません。

沖縄ではゴーヤーは多様に食べられています。
代表的な料理はゴーヤーチャンプルーですが、ゴーヤー茶、ゴーヤーのてんぷら、ゴーヤーの酢の物、漬物など、ゴーヤーの肉詰めなど、いろんな料理の方法があります。

子供の頃は苦くて嫌いだったりしますが、地元では小学校の高学年くらいになってくると、好んで食べるようになってくるから不思議です。そして、大人になる頃には夏にはゴーヤーを食べないと何だか物足りないような気持ちになってきます。

沖縄の夏は暑さも大変ですが、何より期間が長いのが一番大変です。だからこそ、夏バテをしてしまうことがないようにしっかり食べて体調管理をしなくてはならないのです。そんな夏場の友として、ゴーヤーはとても愛されています。

 

ゴーヤー雑学あれこれ

■緑のカーテンにゴーヤーを
最近、緑のカーテンという言葉があります。
これは、植物によって日陰を作り、建物が直射日光によって暖かくなるのを防ぎ、冷房などを省エネしようという温暖化対策のことです。

この緑のカーテンに最適な植物の一つがゴーヤーだと言われています。つるが伸びて葉っぱをつけてくれるというのも勿論ですし、ゴーヤーは実が苦いこともあって虫が寄りにくいという特性があるそうです。ちなみに、ゴーヤーの花は黄色なんですよ。さすがにそこまで緑ではありませんでした。

花も実もある よくばり! 緑のカーテン
サカタのタネ「緑のカーテン」普及チーム
農山漁村文化協会
売り上げランキング: 405,631

■「海ゴーヤー」なるものがある
沖縄には海ゴーヤーなる海藻があります。
海ぶどうはよく知られていますが、似たようなもので、見た目がゴーヤーのような海ゴーヤーがあるのです。
こちらも酢の物やサラダにしたりして、お酒のおつまみなどとして食べられています。

■沖縄のゴーヤーの特徴
沖縄のゴーヤーの特徴は、「大きい」「色が濃い」という点にあります。他の地域でゴーヤーを育ててみると、ひょろひょろとしたものができたり、また色が薄い緑色だったりするそうです。
きっと、沖縄の強烈な日差しを浴びている間にそのようになるのだと考えられます。沖縄では基本的に葉っぱが大きく、分厚く、色の濃い植物が多いように感じます。ゴーヤーもそのような環境で育って今のようになったのでしょう。

ちなみに、沖縄のゴーヤーの種をもっていって内地で育ててみても、沖縄とは違った雰囲気の実が実るそうです。

 

■実は、ゴーヤーチャンプルーは太る
ゴーヤーチャンプルーといえば、ゴーヤーたっぷりでビタミンCが豊富で健康的な感じがしますよね?でも、ゴーヤーチャンプルーばかりだと太るんです。

お家やお店によっても異なりますが、ゴーヤーチャンプルーだからと言ってゴーヤーが一番多いとは限りません。むしろ、ゴーヤーより他の食品が多く入っていることも少なくないのです。
そして、他の食品というのが、豆腐、豚肉、卵だったりするので、実は意外にたんぱく質が豊富。美味しいからとたくさん食べていると、知らない間にけっこうなカロリーになっていることもあるんです。

ダイエット中の方は、豆腐やお肉に吊られず、ゴーヤーを中心に食べてくださいね。

 

■もう、何でもゴーヤー!
ゴーヤーは観光資源としていろんなものにデザインされ、Tシャツやスマホケースのデザインになったり、キャラクター化されて商品になったりしています。

一番有名なものが、NHKの朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」で登場したゴーヤーマン。さすがに今ではゴーヤーマンを見かけることはほとんどありませんが、ゴーヤーをモチーフにした商品は枚挙に暇がありません。

何の因果か、沖縄のメイン道路は国道58号線で、やっぱり58(ゴーヤー)なんだなぁと驚かされるばかりです。

 

Voconvo convo (ボコンボコンボ) M(24~26cm)
もっと沖縄プロジェクト
売り上げランキング: 181,020

【参考】
沖縄ゴーヤーパーク

 

Camp Ryukyu (キャンプリュウキュウ) アバシゴーヤー Tシャツ