シークァーサー

フェイスマスク「LuLuLun(ルルルン)」の沖縄限定がアツイ!

lululun

沖縄のみやげ物屋の店先に多い「LuLuLun(ルルルン)」

沖縄のプレミアムルルルン ゴーヤ&アセロラ

 

「LuLuLun(ルルルン)」といえば、女性の方ならご存知の方も多いフェイスマスクですが、沖縄にはこのLuLuLunのご当地バージョンが二種類販売されています。

「シークァーサーの香り」と「ゴーヤーの香り」の二種類です。

お土産屋の店頭で沖縄限定コスメとしてよく並んでいます。

沖縄で嬉しいフェイスマスク

沖縄といえば強い紫外線で有名です。
よく外国から来た白人の方が肌を真っ赤にしてしまっているのを見ますが、もともとメラニン色素も少なく日光に弱い白人の方が沖縄で肌をさらしていたら、一日も持たずに日焼けによる炎症だらけになるのは仕方ありません。

ウルトラマンのようになってしまった肌の方を見るたびに目を伏せたくなります。
要するに、痛々しい。

日焼けをブロックするために日焼け止めは大切ですが、同時に肌の潤いをしっかり保っておかないと、日焼けのダメージも大きくなりますし、その後の肌トラブルも増え、後でシミやソバカスの原因となってしまいます。

ですから、ルルルンのようなフェイスマスクは沖縄でのおみやげとしてだけではなく、現地での肌の応急処置のためにも重要なのです。

沖縄素材が沖縄の日光に効く?

ルルルンの沖縄限定商品は、沖縄の素材が使われているのがポイント。
やはり厳しい現地の環境で育った植物の成分は、現地の自然環境に対応する能力が高いのです。

「シークァーサーの香り」ではシークァーサーの表皮エキスやハイビスカスエキスが含まれていて、肌にツヤや潤いを与える効果があります。

「ゴーヤーの香り」ではビタミン豊富なゴーヤーのエキスやアセロラエキスを配合。南国の植物のチカラで、強い紫外線による酸化ストレスからも肌を守ってくれます。

沖縄に行く人は、先にこういったもので肌を慣らしておくのもいいかもしれませんね。

ザンビアに潤いを

ルルルンの公式サイトを見てみると、「世界を変えるルルルンプロジェクト」ということで「世界中の女の子をうるおしたい」という壮大な計画を行っているようです。

ザンビア編はとても面白かったですし、社会的な意義を感じました。

ザンビアも日光の強い地域ですから、日差しのダメージから肌を守るためにもこういったものが普及すると良いですね。

【参考:世界を変えるルルルンPROJECT】

沖縄限定だけど・・・ネットでは売っている

このルルルンの沖縄限定バージョンは、沖縄でしか販売されていないということになっていますが、ネット上では商品が無いわけではありません。

ただ、どうしてもネット上で販売されているものは在庫も少なく、割高な価格になっているものが多いです。また、販売元から注意がされないか勝手に心配しております。

それでも「沖縄のものが気に入った!」という方は良いと思いますが、できれば現地でしっかり買い付けた方が良いのかもしれませんね。

比較的良心的な価格で提供しているお店もありますから、そうしたお店を探すのも良いかもしれません。

買い逃してどうしても欲しい、という場合はそういったお店を使うのも悪くは無いと思いますが、現地の知り合いがいればお願いして購入してもらうのが一番ですね。

当サイトでは、当然代理購入はしておりませんのであしからず。

沖縄のプレミアムルルルン ゴーヤ&アセロラ
株式会社グライド・エンタープライズ
売り上げランキング: 107,850

沖縄の飲み物たちが面白い

さんぴん茶

沖縄の飲み物たちが面白い

沖縄の自動販売機
沖縄は高温多湿で、冷たい飲み物が美味しい地域柄でもあります。

そして、沖縄では地域限定の飲み物が非常に多く販売されています。自動販売機を見ても、他の都道府県にはあまり見られないものが並んでいることもしばしば。

今回はその飲み物たちについて紹介します。

沖縄の商業の歴史

上述のように、沖縄に独特の飲み物が多くなった理由は、沖縄の特殊な歴史によるところが大きいです。

沖縄は1945年の戦争終結から、1972年に日本への復帰を果たすまでは米国の統治下にありました。

この頃、ブルーシールアイスクリームのような乳製品メーカーなどもそうですが、基本的に在日の米軍のための食品メーカーが多く入ってきたことと、そして米国の法律と旧来の日本の法律と折衷した形で商習慣が作られていました。

そのため、日本本土で飲まれているような飲み物に加えて、米国資本の飲料メーカーも多数入っており、地元の飲料メーカーはそれらと時には競争し、時には提携したりしながら商品を提供していました。

それが1972年に日本に復帰するようになると、今度は日本国内のメーカーが入ってくるようになります。しかし、元々米国資本で作られていた会社と日本における会社との間で習慣や商品に違いがあったため、沖縄では商品において提携はするものの会社は資本を同じくして別会社として経営されることが多かったのです。その習慣は今日まで続いています。

別会社で、商圏も地域に限られているということから、地域密着の商品開発が進み、多くの地域限定商品が県民の嗜好に合わせて生まれるようになりました。今では当然のように売られているさんぴん茶やルイボスティーも、簡単には売れなかったと言いますが、長い年月をかけて広告して商品を浸透させてきました。

今では県内に向けたものだけではなく、沖縄に観光に来る人のための商品開発も進んでいます。

沖縄でよく飲まれる飲み物

沖縄で一般的によく飲まれる飲み物には、次のようなものがあります。

■コーラ
沖縄はとにかくコーラがよく並んでいます。おじいさんおばあさんもコーラを飲みます。
しかも、コーラの種類がとにかく多いです。

■さんぴん茶
今では代表的な沖縄の飲み物になりました。詳しくはさんぴん茶の記事をお読み下さい。

■レモンティー
本州ではレモンを紅茶に入れるという概念はあると思いますが、レモンティーであることをこんなに強調していることはありません。沖縄ではレモンティーという商品が喫茶店やお店、自動販売機にずらりと並んでいます。
柑橘系が入ったさっぱりとした味わいが、沖縄の風土では味覚にピッタリ合うようです。

以下の商品は、沖縄で人気の食堂で提供されているレモンティーをそのまま商品にしたもの。

■ミネラルウォーター
正確にはミネラルウォーターばかりでなくナチュラルウォーターやボトルドウォーターも多いようですが、沖縄の特殊な水資源を活かした商品を各メーカーが出しています。

沖縄やんばるが育んだ東村の天然水 500ml×24本セット
沖縄ポッカコーポレーション
売り上げランキング: 104,162

■炭酸飲料
これもいろんなメーカーがいろんな商品を出しています。本州では既に販売が終わっているようなものも地域限定で取り扱っていたりします。やっぱりこれも、さっぱりした気持ちになりたいからウケているのだと思われます。最近は糖分の入っていない炭酸水も多く販売されていますね。

■バヤリース
残念なことに沖縄バヤリースが昨年にその歴史に幕を閉じました。
沖縄のバヤリースの面白かったのは、果汁の割合が違う商品が売っていたこと。
果汁10%と20%は別商品でした。

沖縄バヤリース バヤリースオレンジ PET 500ml×24本
沖縄バヤリース
売り上げランキング: 23,675

■ヒラミジュース
ヒラミジュースとは、シークァーサージュースのことです。
昔は原液を水で割って飲むものというイメージがありましたが、最近は観光客向けに、また手軽に飲めるようにと簡単にペットボトルでほどよく作られたものが販売されています。独特の味わいであるため、好き嫌いが別れるようです。

沖縄特産【ヒラミ8 500ml×3本】JAおきなわ
JAおきなわ
売り上げランキング: 69,329

■ルイボスティー
ルイボスティーはノンカフェインのお茶で副作用的なものが無いとして、健康ブームに乗って人気が出るようになりました。赤ちゃんや妊婦の方でも安心して飲めるお茶として知られています。また、ミネラル分が他のお茶に比べて多めで、汗でミネラル分を失いやすい沖縄では重宝されています。

飲み物あれこれ

沖縄では飲み物に関して面白いエピソードがたくさんあります。

■とにかく量が多い。
自動販売機を見てみると、500mlのロング缶がずらりと並んでいます。これは他の都道府県にはあまり見られない特徴です。そして、学生たちが1リットルの紙パックを持って飲み物を飲んでいる姿もよく見かけます。

暑い沖縄では、とにかく飲み物をたくさん飲みたくなるのでしょうね。

■缶ジュースは箱で買う
一箱24缶入りの缶ジュースがスーパーなどで常時販売されています。

これは沖縄は親戚関係の集まりや祝い事が多く、たくさんの人が集まるため、いつでも飲み物が出せるようにと準備しておく家が多いからです。特に、子供たちはお茶やお酒よりジュースを飲みますから、子供たちを歓迎しているという意味合いがあります。

■自動販売機の不思議
沖縄には他地域には見られないメーカーの自動販売機も多く、価格設定もオーナーさんやメーカーでまちまちで、50円くらいで売っているものもあります。また、商品をあえてはっきり明示しないで宝くじのようになっている自動販売機もあります。

面白いものでは、地元のサッカーチームであるFC琉球を応援するために、自販機で購入した額の一部がFC琉球に寄贈されるという応援自動販売機もあります。