パイナップル

沖縄の果物の王様はやっぱり「マンゴー」

マンゴー

沖縄の果物の王様はやっぱりマンゴー

マンゴー
沖縄の果物といえば、昔はパイナップルがまず思い浮かびましたが、今は何といってもマンゴーです。

マンゴーはウルシ科の果樹で、インドや東南アジアなど赤道に近い地方が原産地と考えられています。日本ではアーウィンという種類のものが最も流通しており、マンゴーの中でも熟していくにつれて赤くなっていくものが「アップルマンゴー」と呼ばれます。

その他、収穫時期の短さや果実の大きさなどから「幻のマンゴー」と呼ばれるキーツマンゴーが沖縄では栽培・販売されています。

マンゴーといえば、その豊かな甘みと果肉が特徴です。
沖縄の人が日常的にマンゴーを食べているわけではありませんが、他の地域の人に比べると食べる機会はずっと多いように思います。そして、沖縄で購入すると、本州で購入する場合と比較しても、同程度の品質で3割以上安い場合が多いです。

 

マンゴーの栄養と味

マンゴーはビタミンA、βカロチン、ビタミンC、葉酸、食物繊維、ビタミンB群がたくさん含まれています。まるでフルーツと緑黄色野菜を組み合わせたような、そういう栄養素。見た目もそういう感じしますよね。

これらの栄養素があることで、どのような効能があるかというと、

  • 美肌効果
  • 生活習慣病予防
  • 夏バテ予防
  • 貧血防止
  • 免疫強化
  • アンチエイジング
  • がん予防

などがあるそうです。何だか、いかにも沖縄らしくないですか?

そして、こうした栄養を摂ろうとすると普通は結構苦労があるのですが、マンゴーは「美味しく」食べられます。むしろ食べ過ぎてしまってお腹壊しそうになるくらい止まりません。過剰摂取はどの道体に毒ですので、ある程度でストップしましょうね。

マンゴーは独特の甘みとフルーティーな酸味があって、冷やしても美味しく、加熱してジャムやソースにしても美味しいです。料理の中にもよく取り入れられています。凍らせて食べたり、塩をかけて食べたりしても美味しいんですよ。

 

賢いマンゴーの選び方・買い方

マンゴーが収穫できるシーズンは7月~9月頭くらいまで。
たとえ沖縄だとしても、年間を通じて収穫できるわけではありません。ですから、機会をつかんで計画的に購入するのが良いでしょう。

普段はマンゴーを選ぶ機会は滅多にないと思うのですが、選び方は目的によっていくつもあります。

まず、食べごろのマンゴーはどういうものなのか、アップルマンゴー(赤いマンゴー)で考えてみると、アップルマンゴーの場合はまず熟して全体が赤くなっているものを選びます。いい時期のものは果肉に弾力があるので、軽く握って押してみると跳ね返ってくるような感じがあります。果実の下部がほんのり黄色いくらいがいい状態です。全体が真っ赤になるくらいだと、もう熟しきっているので急いで食べなければなりません。

そして、いい頃合のマンゴーを数日置いておくと表面にツヤが出てきます。これはマンゴー自体から脂分が少し出てきて、熟してきたことのサインです。また、白い粉のようなものが表面に見えますが、これは乾燥などを防止したり紫外線から身を守るためにマンゴー自身が出しているもので、生きたマンゴーである証です。カビが生えたり腐ったわけではありません。

そしてマンゴーは、贈答用のアップルマンゴーなどは大きく肉厚もあり、ひとつが800~1500円程度(沖縄価格)で販売されていますが、しかし、そうしたマンゴー以外にも時々路上販売などで小さめですがひとつ300~400円くらいのものも販売されています。これらは小さかったり見た目はあまりよくないですが、味やコストパフォーマンスで言えば贈答用の品をしのぎます。栽培農家などで商品としては難しいと判断されたものがこうした形で流通していることがあるので、手軽にマンゴーを食べたいという方にはお勧めです。

最後に、マンゴーの切り方についてですが、一番簡単なのは、桃のように皮をむいて種に気をつけつつそぎ落とすように切っていく方法です。しかし、マンゴーの食べ方として面白いのは、以下の動画の切り方。

見た目も美しく、果肉も厚く取れるので、マンゴーを食べた!という気分が一層強く感じられます。

 

いろんなマンゴーおみやげ

沖縄のマンゴー愛は非常に強くて、キャラクターになったり、いろんな食品に利用されています。

沖縄 お土産 マンゴーケーキ
海外おみやげ宅配便 ギフトランド
売り上げランキング: 130,554

クッキーに練りこまれたり、ケーキのタルトに入っていたり、アイスクリームになっていたりします。
また、シャーベットや、料理のソース、ジュース、カクテル、ゼリー、ドライフルーツなど、様々に加工されてお土産品となっています。個人的にはシャーベットやかき氷が年に一度は食べたくなりますね。

沖縄のホテルビュッフェに行くと、デザートでマンゴープリンにお目にかかることも少なくありません。これだけマンゴーが身近にいろんな形で食べられるのは沖縄だけではないかと思います。宮崎でもマンゴーを作っていますが、品質や加工技術などで言えばまだまだ沖縄の方が上だと個人的には感じています。

マンゴーの季節が近づくと、それは同時に台風の季節です。
沖縄では台風は避けられませんから、その中で強く生き残ったマンゴーたちに、自然と愛着がわくのは沖縄の中では当然のことなんでしょうね。

米国生まれ、沖縄育ちの「ブルーシールアイスクリーム」

ブルーシールアイスクリーム

沖縄のハーゲンダッツ?「ブルーシール」

沖縄には「ブルーシール」と呼ばれるアイスクリームブランドがあります。

沖縄での知名度は、ハーゲンダッツやサーティーワンよりもずっと上で、一般的な価格のアイスクリームから高級アイスクリームまで数々の商品が提供されています。気軽に家族で食べるアイスクリーム屋さんでもあり、お友達とちょっとした贅沢をしたい時にも適している、そんなお店がブルーシールアイスクリームです。

沖縄の気候風土にマッチした商品開発を続けて、戦後の1948年から歩み続けてきたブルーシールアイスクリームは、沖縄の人々に夢と涼しさを今日も変わらずに与え続けています。

アメリカ生まれ、沖縄育ち

ブルーシールアイスクリームの大元である、フォーモスト社は、もともとアメリカの会社です。戦後、沖縄に駐留する米軍関係者のために乳製品を供給するところから始まりました。

その初めは沖縄県の北部(中部?)にある、現うるま市の基地内でした。当時のアイスクリームは、基地の中でしか手に入らない貴重なものだったそうです。

1963年に米軍基地から浦添市の牧港に拠点を移し、沖縄独自のアイスクリームへと変化していきます。社名もフォーモストブルーシールと改めて、より沖縄の生活に浸透していきました。多くの人が足を運んでアイスを楽しむようになりました。

現在も、BIG DIPの愛称で親しまれる浦添市牧港のブルーシール本店は観光客にとっても人気スポットとなっています。ちなみに私は、日本国内でアイスクリーム専門でここまで大きな店舗は見たことがありません。

bigdip_makiminato

沖縄県内ではブルーシールの商品はスーパーやコンビニエンスストアのアイスクリーム棚で見ることができます。沖縄県民なら一度は飲んだことがあるだろう、ブルーシールのチョコドリンクは時々自動販売機でも見かけることができます。

クリスマスにはブルーシールでアイスケーキを頼む、という風習があるのももしかしたら沖縄県だけなのかもしれませんね。

少し前までは、日本国内で沖縄でしか食べられなかったのですが、東京や鹿児島に少しずつ出店するようになってきています。また、現在は通信販売も行なわれていますので、県外にいても気軽にブルーシールアイスクリームを食べられる環境が整ってきています。

沖縄らしさを追求した味わい

元々アメリカの企業であり、アメリカ人向けにアイスクリームを提供し始めたブルーシールですが、今ではすっかり沖縄にローカライズされるようになりました。

沖縄の気候や風土に合わせたさっぱりとした味が特徴ですが、コクがしっかりとしていて乳脂肪分は少なめで、ほとんどがラクトアイスに分類されています。

フレーバーの種類が非常に豊富なことと、沖縄の食材を使っている製品が多いことに特徴があります。

たとえば、

紅いも、ウベ(ベニヤマイモ)、シークァーサー(ライムのようなかんきつ類)、サトウキビ、マンゴー、パイナップルなどが用いられています。最近はちんすこうもアイスクリームになっています。

【参考? DEEokinawa 「ブルーシールの人気アイスを当てるまで終われま10」】

沖縄のブルーシールアイス「OKINAWANミックスセット」90ml×24個入

本店ではアイスクリームの他にも、パフェやドリンク、ハンバーガー、オリジナルグッズの販売も行なっています。

そして、中には3300円もするビッグマウンテンという、フレーバー違いのアイスを17個も積み上げたとんでもないパフェメニュー。でも、挑戦者多数なんだそうです。おなか壊さないように、グループで溶ける前にお召し上がりください。

私は昔からレインボーシャーベットがさっぱりしていて好きなのですが、沖縄食材が使われているわけではないようで、だんだん大きな店舗以外では見かけなくなってきました。残念。

味わいは沖縄なんですけど、内装やカラーリングはまさにアメリカ!って感じなのが、現代の沖縄らしくていいなぁと思います。

blueseal_nago

ブルーシールのサービスデー

■Big Dip Day(毎月10日、20日)
毎月の10日と20日はブルーシールではBig Dip Dayとして、なんとシングルアイスの価格でトリプルのアイスが食べられます。沖縄では新聞広告も出ているくらい有名な話で、学生たちやOLが狙って食べに来るくらいですが、観光でいらっしゃる方は知らない方が多いです。
あまりにもたくさんの種類のフレーバーがありますから、10日、20日に来たのであれば是非グループで行って、いろんな味を楽しんでみてくださいね。

■クレープの日(取り扱い店舗のみ。毎月9日19日29日)
また、クレープの日があります。
クレープの「ク」で「9」のつく日、9日19日29日はクレープが90円引きになります。

■その他
その他、LINEやFacebookで新着商品情報やプレゼントキャンペーン情報などを随時提供しています。お買い得商品やサービスデーの情報もこちらをチェックすると良いでしょう。

【ブルーシール 「ソーシャルアカウントのご紹介」】

 

【参考】
ブルーシールアイスクリーム

Wikipedia 「ブルーシールアイスクリーム」

うらそえナビ 「Blue Seal 牧港本店 」

ブルーシールアイスギフトパック スマイルパック 各90ml/17種類計18個入り ギフトセット