ブルーシール

沖縄で見られるアメリカ風のおみやげ

外国人

沖縄で見られるアメリカ風のおみやげ

外国人

 

沖縄は1945年の敗戦後から、1972年の日本復帰まで27年間、米国の統治下にありました。

それゆえ、米国人向けの配給物資などが多く、そこから沖縄風にアレンジされたものが多く生まれています。

他の記事で挙げている、ブルーシールのアイスクリーム琉球ガラスなどもその流れの中から出てきています。

今回は、沖縄では普通だけど他の地域ではほとんど見かけない、アメリカ風のものを沖縄みやげとして見ていきましょう。

軍の払い下げ品が巷に

だいぶ数は減ってきていますが、沖縄には「軍払下げ品」店というジャンルの店があります。

要するに、在日の米軍の方々のアイテムを(新品・新古・中古で)仕入れて、一般人向けに販売しています。雰囲気のある品が多いので、ミリタリーファンやアウトドア愛好家に好まれています。

 

一般の人にも、ジッポライターやIDプレートのついたシルバーのネックレス、またハードな印象の軍用ブーツは人気があります。

スーパーに売っている食品にも!

スーパーで売っている食品の中にも多くのアメリカ風食品が並んでいます。
代表はやはり、ポークランチョンミート。

レギュラースパム(SPAM)・ポークランチョンミート 12缶セット
株式会社沖縄ホーメル
売り上げランキング: 24,635

そして、次点はこれではないかと思うのが、キャンベルの缶入りスープ。他の地域ではほとんど見かけません。

キャンベル クリームマッシュルーム EO缶 305g×4缶
SSKセールス (2014-03-10)
売り上げランキング: 16,454

また、コンビーフハッシュも沖縄以外ではここまで並んでいない気がします。

沖縄ホーメル レトルト コンビーフハッシュ 150g×12パック
株式会社沖縄ホーメル
売り上げランキング: 50,092

また、人口あたりのピザの消費量も沖縄は多いと言われています。
お祝い事の定番メニューは、ピザやケンタッキーのフライドチキンです。これは嘘でなく本当の話です。

 

沖縄県民のオキテ

沖縄県民のオキテ

posted with amazlet at 15.08.03
KADOKAWA/中経出版
売り上げランキング: 123,778

沖縄といえば、ステーキ?

アメリカ風の文化が根付いたため、沖縄では意外にも?ステーキを食べることが少なくありません。
飲み会のシメにステーキ、ということが沖縄では実際にあります。
しかしながら、沖縄で一般にステーキを食べるときは、それほど高くないことが多いです。店にも寄りますが、100g~200gが1,000~3,000円もあれば食べられるお店がほとんどです。

沖縄のステーキの特徴は、赤身の肉が多いということです。霜降りのような脂身の多い肉は好まれません。
このあたりの肉に対する嗜好がアメリカ的であり、和牛よりもアメリカ産やオーストラリア産の牛肉がよく遣われています。
最近は石垣牛や本部牛というブランド牛肉(和牛)も出てきていますが、まだまだ一般的には上記の肉が多いです。

そして、沖縄みやげとしても人気のあるのがステーキソース。その代表といえばA1(エーワン)ソースです。他の地域でA1ソースを見たことが私はありません。カルディあたりに行けば、もしかしたら売っているのでしょうか?
フルーツベースの、酸味の強いステーキソースです。きっとこの酸味が、赤身中心のステーキ肉を柔らかくする効果があったり、さっぱりした味にさせてくれるのでしょう。沖縄のステーキ屋さんではテーブルに常備されているお店も少なくありません。

 

とはいえ、沖縄はアメリカではない

こうして見ると、沖縄はずいぶんアメリカ的な物が入っているように感じますが、米国人や米国人を家族に持つ人に言わせればアメリカとも随分違うそうです。

あくまでアメリカはアメリカであり、沖縄は沖縄。
沖縄の人は、取り入れて沖縄風にアレンジすることで、自分たちのものを作り出すのが上手です。

沖縄の若い人にとっては、ハンバーガーもタコライスもソウルフードであり、米軍のアイテムを一度は欲しいと思い、同級生にはハーフの人やアメリカや外国国籍の人もいるという経験が当たり前です。そして、それも沖縄だと思っているのです。

決してアメリカそのものではないという意識、また日本と全く同じでもないという独立した民族意識があります。沖縄独立論というのは一つの説としてあるのは事実ですが、それを本気に考えている人は多くはありません。あくまで沖縄人という自尊心が保たれることが沖縄の人たちにとっては大事なのではないかと感じます。

沖縄の飲み物たちが面白い

さんぴん茶

沖縄の飲み物たちが面白い

沖縄の自動販売機
沖縄は高温多湿で、冷たい飲み物が美味しい地域柄でもあります。

そして、沖縄では地域限定の飲み物が非常に多く販売されています。自動販売機を見ても、他の都道府県にはあまり見られないものが並んでいることもしばしば。

今回はその飲み物たちについて紹介します。

沖縄の商業の歴史

上述のように、沖縄に独特の飲み物が多くなった理由は、沖縄の特殊な歴史によるところが大きいです。

沖縄は1945年の戦争終結から、1972年に日本への復帰を果たすまでは米国の統治下にありました。

この頃、ブルーシールアイスクリームのような乳製品メーカーなどもそうですが、基本的に在日の米軍のための食品メーカーが多く入ってきたことと、そして米国の法律と旧来の日本の法律と折衷した形で商習慣が作られていました。

そのため、日本本土で飲まれているような飲み物に加えて、米国資本の飲料メーカーも多数入っており、地元の飲料メーカーはそれらと時には競争し、時には提携したりしながら商品を提供していました。

それが1972年に日本に復帰するようになると、今度は日本国内のメーカーが入ってくるようになります。しかし、元々米国資本で作られていた会社と日本における会社との間で習慣や商品に違いがあったため、沖縄では商品において提携はするものの会社は資本を同じくして別会社として経営されることが多かったのです。その習慣は今日まで続いています。

別会社で、商圏も地域に限られているということから、地域密着の商品開発が進み、多くの地域限定商品が県民の嗜好に合わせて生まれるようになりました。今では当然のように売られているさんぴん茶やルイボスティーも、簡単には売れなかったと言いますが、長い年月をかけて広告して商品を浸透させてきました。

今では県内に向けたものだけではなく、沖縄に観光に来る人のための商品開発も進んでいます。

沖縄でよく飲まれる飲み物

沖縄で一般的によく飲まれる飲み物には、次のようなものがあります。

■コーラ
沖縄はとにかくコーラがよく並んでいます。おじいさんおばあさんもコーラを飲みます。
しかも、コーラの種類がとにかく多いです。

■さんぴん茶
今では代表的な沖縄の飲み物になりました。詳しくはさんぴん茶の記事をお読み下さい。

■レモンティー
本州ではレモンを紅茶に入れるという概念はあると思いますが、レモンティーであることをこんなに強調していることはありません。沖縄ではレモンティーという商品が喫茶店やお店、自動販売機にずらりと並んでいます。
柑橘系が入ったさっぱりとした味わいが、沖縄の風土では味覚にピッタリ合うようです。

以下の商品は、沖縄で人気の食堂で提供されているレモンティーをそのまま商品にしたもの。

■ミネラルウォーター
正確にはミネラルウォーターばかりでなくナチュラルウォーターやボトルドウォーターも多いようですが、沖縄の特殊な水資源を活かした商品を各メーカーが出しています。

沖縄やんばるが育んだ東村の天然水 500ml×24本セット
沖縄ポッカコーポレーション
売り上げランキング: 104,162

■炭酸飲料
これもいろんなメーカーがいろんな商品を出しています。本州では既に販売が終わっているようなものも地域限定で取り扱っていたりします。やっぱりこれも、さっぱりした気持ちになりたいからウケているのだと思われます。最近は糖分の入っていない炭酸水も多く販売されていますね。

■バヤリース
残念なことに沖縄バヤリースが昨年にその歴史に幕を閉じました。
沖縄のバヤリースの面白かったのは、果汁の割合が違う商品が売っていたこと。
果汁10%と20%は別商品でした。

沖縄バヤリース バヤリースオレンジ PET 500ml×24本
沖縄バヤリース
売り上げランキング: 23,675

■ヒラミジュース
ヒラミジュースとは、シークァーサージュースのことです。
昔は原液を水で割って飲むものというイメージがありましたが、最近は観光客向けに、また手軽に飲めるようにと簡単にペットボトルでほどよく作られたものが販売されています。独特の味わいであるため、好き嫌いが別れるようです。

沖縄特産【ヒラミ8 500ml×3本】JAおきなわ
JAおきなわ
売り上げランキング: 69,329

■ルイボスティー
ルイボスティーはノンカフェインのお茶で副作用的なものが無いとして、健康ブームに乗って人気が出るようになりました。赤ちゃんや妊婦の方でも安心して飲めるお茶として知られています。また、ミネラル分が他のお茶に比べて多めで、汗でミネラル分を失いやすい沖縄では重宝されています。

飲み物あれこれ

沖縄では飲み物に関して面白いエピソードがたくさんあります。

■とにかく量が多い。
自動販売機を見てみると、500mlのロング缶がずらりと並んでいます。これは他の都道府県にはあまり見られない特徴です。そして、学生たちが1リットルの紙パックを持って飲み物を飲んでいる姿もよく見かけます。

暑い沖縄では、とにかく飲み物をたくさん飲みたくなるのでしょうね。

■缶ジュースは箱で買う
一箱24缶入りの缶ジュースがスーパーなどで常時販売されています。

これは沖縄は親戚関係の集まりや祝い事が多く、たくさんの人が集まるため、いつでも飲み物が出せるようにと準備しておく家が多いからです。特に、子供たちはお茶やお酒よりジュースを飲みますから、子供たちを歓迎しているという意味合いがあります。

■自動販売機の不思議
沖縄には他地域には見られないメーカーの自動販売機も多く、価格設定もオーナーさんやメーカーでまちまちで、50円くらいで売っているものもあります。また、商品をあえてはっきり明示しないで宝くじのようになっている自動販売機もあります。

面白いものでは、地元のサッカーチームであるFC琉球を応援するために、自販機で購入した額の一部がFC琉球に寄贈されるという応援自動販売機もあります。

米国生まれ、沖縄育ちの「ブルーシールアイスクリーム」

ブルーシールアイスクリーム

沖縄のハーゲンダッツ?「ブルーシール」

沖縄には「ブルーシール」と呼ばれるアイスクリームブランドがあります。

沖縄での知名度は、ハーゲンダッツやサーティーワンよりもずっと上で、一般的な価格のアイスクリームから高級アイスクリームまで数々の商品が提供されています。気軽に家族で食べるアイスクリーム屋さんでもあり、お友達とちょっとした贅沢をしたい時にも適している、そんなお店がブルーシールアイスクリームです。

沖縄の気候風土にマッチした商品開発を続けて、戦後の1948年から歩み続けてきたブルーシールアイスクリームは、沖縄の人々に夢と涼しさを今日も変わらずに与え続けています。

アメリカ生まれ、沖縄育ち

ブルーシールアイスクリームの大元である、フォーモスト社は、もともとアメリカの会社です。戦後、沖縄に駐留する米軍関係者のために乳製品を供給するところから始まりました。

その初めは沖縄県の北部(中部?)にある、現うるま市の基地内でした。当時のアイスクリームは、基地の中でしか手に入らない貴重なものだったそうです。

1963年に米軍基地から浦添市の牧港に拠点を移し、沖縄独自のアイスクリームへと変化していきます。社名もフォーモストブルーシールと改めて、より沖縄の生活に浸透していきました。多くの人が足を運んでアイスを楽しむようになりました。

現在も、BIG DIPの愛称で親しまれる浦添市牧港のブルーシール本店は観光客にとっても人気スポットとなっています。ちなみに私は、日本国内でアイスクリーム専門でここまで大きな店舗は見たことがありません。

bigdip_makiminato

沖縄県内ではブルーシールの商品はスーパーやコンビニエンスストアのアイスクリーム棚で見ることができます。沖縄県民なら一度は飲んだことがあるだろう、ブルーシールのチョコドリンクは時々自動販売機でも見かけることができます。

クリスマスにはブルーシールでアイスケーキを頼む、という風習があるのももしかしたら沖縄県だけなのかもしれませんね。

少し前までは、日本国内で沖縄でしか食べられなかったのですが、東京や鹿児島に少しずつ出店するようになってきています。また、現在は通信販売も行なわれていますので、県外にいても気軽にブルーシールアイスクリームを食べられる環境が整ってきています。

沖縄らしさを追求した味わい

元々アメリカの企業であり、アメリカ人向けにアイスクリームを提供し始めたブルーシールですが、今ではすっかり沖縄にローカライズされるようになりました。

沖縄の気候や風土に合わせたさっぱりとした味が特徴ですが、コクがしっかりとしていて乳脂肪分は少なめで、ほとんどがラクトアイスに分類されています。

フレーバーの種類が非常に豊富なことと、沖縄の食材を使っている製品が多いことに特徴があります。

たとえば、

紅いも、ウベ(ベニヤマイモ)、シークァーサー(ライムのようなかんきつ類)、サトウキビ、マンゴー、パイナップルなどが用いられています。最近はちんすこうもアイスクリームになっています。

【参考? DEEokinawa 「ブルーシールの人気アイスを当てるまで終われま10」】

沖縄のブルーシールアイス「OKINAWANミックスセット」90ml×24個入

本店ではアイスクリームの他にも、パフェやドリンク、ハンバーガー、オリジナルグッズの販売も行なっています。

そして、中には3300円もするビッグマウンテンという、フレーバー違いのアイスを17個も積み上げたとんでもないパフェメニュー。でも、挑戦者多数なんだそうです。おなか壊さないように、グループで溶ける前にお召し上がりください。

私は昔からレインボーシャーベットがさっぱりしていて好きなのですが、沖縄食材が使われているわけではないようで、だんだん大きな店舗以外では見かけなくなってきました。残念。

味わいは沖縄なんですけど、内装やカラーリングはまさにアメリカ!って感じなのが、現代の沖縄らしくていいなぁと思います。

blueseal_nago

ブルーシールのサービスデー

■Big Dip Day(毎月10日、20日)
毎月の10日と20日はブルーシールではBig Dip Dayとして、なんとシングルアイスの価格でトリプルのアイスが食べられます。沖縄では新聞広告も出ているくらい有名な話で、学生たちやOLが狙って食べに来るくらいですが、観光でいらっしゃる方は知らない方が多いです。
あまりにもたくさんの種類のフレーバーがありますから、10日、20日に来たのであれば是非グループで行って、いろんな味を楽しんでみてくださいね。

■クレープの日(取り扱い店舗のみ。毎月9日19日29日)
また、クレープの日があります。
クレープの「ク」で「9」のつく日、9日19日29日はクレープが90円引きになります。

■その他
その他、LINEやFacebookで新着商品情報やプレゼントキャンペーン情報などを随時提供しています。お買い得商品やサービスデーの情報もこちらをチェックすると良いでしょう。

【ブルーシール 「ソーシャルアカウントのご紹介」】

 

【参考】
ブルーシールアイスクリーム

Wikipedia 「ブルーシールアイスクリーム」

うらそえナビ 「Blue Seal 牧港本店 」

ブルーシールアイスギフトパック スマイルパック 各90ml/17種類計18個入り ギフトセット