海ゴーヤー

レキオストリート式 おみやげランキング(2014年8月~2015年7月)

レキオストリート的 おみやげランキング

ランキング

この「沖縄みやげ案内レキオストリート」ができてから一年以上が経ちました。
そこで、今日は一年の販売点数・クリック数などから重み付けをした、独自のおみやげ人気ランキングを発表してみたいと思います。今回の期間は2014年8月から2015年の7月までの1年間です。

ぜひ、沖縄のおみやげ選びの参考にしてください。
それでは、トップ10を紹介します。

10位:シーサー写真集

紹介記事はこちら

10位は見ているだけで元気が出る?シーサーの写真集。
全国でも類を見ない、人気の魔よけ、守り神。それがシーサー。
シーサーまんじゅうの宣伝文句に「食べる魔よけ」というのがあって笑えました。食べられちゃうのに大丈夫なんでしょうか(笑)?

元気の出るシーサー集 (ART BOX POSTCARD BOOK)
清山
ARTBOXインターナショナル
売り上げランキング: 988,027

9位:琉球ガラスグラス

紹介記事はこちら

9位は見た目も鮮やかな沖縄みやげの定番、琉球ガラスのグラスでした。
グラスくらいだと数千円ですが、大きな作品になると数十万円もするのです。
沖縄の戦後の苦労が生んだ、新しい芸術作品が堂々のランクインです。

たるグラス5個セット(オレンジ・青・水・緑・紫)
もっと沖縄プロジェクト
売り上げランキング: 37,028

8位:やちむん

紹介記事はこちら

続いて8位も食器、やちむんがランクインしました。
日に日に熱が高まるやちむん人気。
沖縄ではたくさんの地域限定カフェ雑誌が出ているのですが、やちむんのあるお店は欠かせないというくらい紹介されています。

7位:沖縄戦記 鉄の暴風

紹介記事はこちら

7位は、沖縄戦の記録、鉄の暴風がランクインしました。
実はこれ、ほとんどネット上では流通していません。
沖縄の大きな書店に行くとほぼ常備されています。実はレアなお土産になりつつあるのかもしれません。
戦後70年、悲惨な戦争について捕らえ、平和の尊さを考える貴重な資料です。

沖縄戦記 鉄の暴風
沖縄戦記 鉄の暴風

posted with amazlet at 15.08.14
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 660,463

6位:サンゴのネックレス

紹介記事はこちら

6位は、サンゴのアクセサリーがランクイン。
サンゴといえば、アイドルの持ち帰り発言で物議をかもしましたね。
サンゴもたくさんの種類があって、それに合わせて商品ラインナップも豊富で面白いです。

5位:島ぞうりデザインブック

紹介記事はこちら

5位は、沖縄のビーチサンダル、島ぞうりのデザインブックがランクイン。
島ぞうりのデザインブックは、夏休みの自由研究の題材としても人気が高いです。
こちらもネット上の流通量が少ないのですが、ぜひネット経由で全国展開してほしいですね。

島ぞうり手彫りデザインブック(24cm) ([バラエティ])
小山真紀
東京ニュース通信社
売り上げランキング: 1,887,390

4位:珊瑚礁のオブジェ

紹介記事はこちら

4位は、再び珊瑚礁のおみやげ品がランクイン。
やはり、ものすごく高価なものもある珊瑚礁オブジェはインパクトが強かったのでしょうか。それとも熱帯魚ファンの応援でしょうか。
高価な珊瑚礁オブジェに興味のある方は、沖縄ロワジールホテルに行って展示品を見てみてくださいね。思わず数字の桁を確認し直しますよ。

3位:ルイボスティー

紹介記事はこちら①
紹介記事はこちら②

いよいよベスト3です!
3位は、健康と美容に効くルイボスティーがランクイン。
沖縄では紙パックで安価に販売されている、庶民の飲み物です。
どうだ、この庶民的なパッケージデザイン(笑)

2位:かりゆしウェア

紹介記事はこちら

第2位は、沖縄のビジネススタイル、かりゆしウェアが登場です。
実は検索されるキーワードでも、かりゆしウェア関係が一番多いです。
かりゆしウェアそのものというより、着こなし方についての情報を求める人が多いようですね。
ぽろゆしも実は結構検索されている数が多いんです。ファッション関係はおみやげとしても人気がありますよね。

1位:海ゴーヤー

紹介記事はこちら①
紹介記事はこちら②

栄えあるレキオストリート、おみやげランキング初代王者は、まさかの海「ゴーヤー」!
海ぶどうではなく、「海ゴーヤー」でした。
見た目はゴーヤー、味は海藻。コリコリした食感と、はじけるさわやかな潮味が特徴的な一品です。

以上が一年間のランキングでした。
皆さんが購入したことのある品物はありましたか?
普通のおみやげランキングだと、ほぼ間違いなく「ちんすこう」が一位になりますが、ここのランキングだとすごく下位です。
通のおみやげがピックアップされたという結果になって、運営としては紹介してきた甲斐があって嬉しい次第です。

沖縄の魅力とおみやげを、地元民の目線でお伝えしていくレキオストリート、これからも頑張っていきますので、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

沖縄一の人気者はやっぱり「ゴーヤー」!

ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーとは?

ゴーヤーチャンプルー
もはやゴーヤーといえば、日本中どこに行っても通用するようになってきたと思いますが、和名では「ニガウリ」「ツルレイシ」と呼ばれています。

苦いウリ、つるに生えているレイシという意味かと思いますが、このレイシというのはキノコのレイシではなく、おそらくライチを意味するレイシじゃないかと思います。見た目のイボイボがライチと似ているところから来たのではないでしょうか。

沖縄はもちろん、様々な地域でその栄養が認められて、特に夏バテ予防のために食されています。

 

ゴーヤーは夏バテに効く?

ゴーヤーは暖かい地域で育つため、夏バテ予防に効果的な食品と言われています。

その苦味が食欲を刺激するとも言われますが、一方で栄養素も非常に優秀。夏場に特に消費されがちなビタミンCを豊富に含んでおり、しかもゴーヤーのビタミンCは特殊で熱に強く、加熱調理でも失われません。

沖縄ではゴーヤーは多様に食べられています。
代表的な料理はゴーヤーチャンプルーですが、ゴーヤー茶、ゴーヤーのてんぷら、ゴーヤーの酢の物、漬物など、ゴーヤーの肉詰めなど、いろんな料理の方法があります。

子供の頃は苦くて嫌いだったりしますが、地元では小学校の高学年くらいになってくると、好んで食べるようになってくるから不思議です。そして、大人になる頃には夏にはゴーヤーを食べないと何だか物足りないような気持ちになってきます。

沖縄の夏は暑さも大変ですが、何より期間が長いのが一番大変です。だからこそ、夏バテをしてしまうことがないようにしっかり食べて体調管理をしなくてはならないのです。そんな夏場の友として、ゴーヤーはとても愛されています。

 

ゴーヤー雑学あれこれ

■緑のカーテンにゴーヤーを
最近、緑のカーテンという言葉があります。
これは、植物によって日陰を作り、建物が直射日光によって暖かくなるのを防ぎ、冷房などを省エネしようという温暖化対策のことです。

この緑のカーテンに最適な植物の一つがゴーヤーだと言われています。つるが伸びて葉っぱをつけてくれるというのも勿論ですし、ゴーヤーは実が苦いこともあって虫が寄りにくいという特性があるそうです。ちなみに、ゴーヤーの花は黄色なんですよ。さすがにそこまで緑ではありませんでした。

花も実もある よくばり! 緑のカーテン
サカタのタネ「緑のカーテン」普及チーム
農山漁村文化協会
売り上げランキング: 405,631

■「海ゴーヤー」なるものがある
沖縄には海ゴーヤーなる海藻があります。
海ぶどうはよく知られていますが、似たようなもので、見た目がゴーヤーのような海ゴーヤーがあるのです。
こちらも酢の物やサラダにしたりして、お酒のおつまみなどとして食べられています。

■沖縄のゴーヤーの特徴
沖縄のゴーヤーの特徴は、「大きい」「色が濃い」という点にあります。他の地域でゴーヤーを育ててみると、ひょろひょろとしたものができたり、また色が薄い緑色だったりするそうです。
きっと、沖縄の強烈な日差しを浴びている間にそのようになるのだと考えられます。沖縄では基本的に葉っぱが大きく、分厚く、色の濃い植物が多いように感じます。ゴーヤーもそのような環境で育って今のようになったのでしょう。

ちなみに、沖縄のゴーヤーの種をもっていって内地で育ててみても、沖縄とは違った雰囲気の実が実るそうです。

 

■実は、ゴーヤーチャンプルーは太る
ゴーヤーチャンプルーといえば、ゴーヤーたっぷりでビタミンCが豊富で健康的な感じがしますよね?でも、ゴーヤーチャンプルーばかりだと太るんです。

お家やお店によっても異なりますが、ゴーヤーチャンプルーだからと言ってゴーヤーが一番多いとは限りません。むしろ、ゴーヤーより他の食品が多く入っていることも少なくないのです。
そして、他の食品というのが、豆腐、豚肉、卵だったりするので、実は意外にたんぱく質が豊富。美味しいからとたくさん食べていると、知らない間にけっこうなカロリーになっていることもあるんです。

ダイエット中の方は、豆腐やお肉に吊られず、ゴーヤーを中心に食べてくださいね。

 

■もう、何でもゴーヤー!
ゴーヤーは観光資源としていろんなものにデザインされ、Tシャツやスマホケースのデザインになったり、キャラクター化されて商品になったりしています。

一番有名なものが、NHKの朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」で登場したゴーヤーマン。さすがに今ではゴーヤーマンを見かけることはほとんどありませんが、ゴーヤーをモチーフにした商品は枚挙に暇がありません。

何の因果か、沖縄のメイン道路は国道58号線で、やっぱり58(ゴーヤー)なんだなぁと驚かされるばかりです。

 

Voconvo convo (ボコンボコンボ) M(24~26cm)
もっと沖縄プロジェクト
売り上げランキング: 181,020

【参考】
沖縄ゴーヤーパーク

 

Camp Ryukyu (キャンプリュウキュウ) アバシゴーヤー Tシャツ

もはや珍味ではない、みんなの「海ぶどう」

海ブドウ
純沖縄産A品朝摘み生海ぶどうオジーの夢

沖縄の代表的珍味「海ぶどう」とは?

海ぶどうとは、その名の通り、海で採れるブドウのこと。

とはいっても、当然ブドウではありません。海藻の一種で、正式には「クビレズタ」と言います。

茎から生えた球状の小枝がブドウのように見えるので海のぶどう、「海ぶどう」と呼ばれています。

ちなみに、グリーンキャビアというオシャレな名前で呼ばれることもあるそうです。

この海ぶどうは、水温が暖かい地域の浅海域で採ることができますが、少し前までは収穫量も少なく、沖縄県の中でさえも珍味として扱われていました。20年ほど前に養殖に成功するようになってから、価格も下がって多くの地域に出回るようにもなり、人気の食材となって目にする機会も増えたのです。

 

海ぶどうはどんな味?

海ぶどうの最大の魅力はその食感です。

口に入れてみると、海藻らしい茎のしっかりした食感と、舌で潰せるぶどうの球の部分が非常に楽しいのです。

海ぶどうはまた、海水の味をしっかり蓄えているので、磯の風味と塩気をもともと含んでいて、素のままでも美味しく食べられます。ですが、少し塩気を抜いて三杯酢などで食べる方法も人気です。海ぶどう用のドレッシングも研究開発されているそうですよ。

サラダにして食べたり、酢の物にして食べたり、そのまま食べたり、ごはんに乗せてどんぶりにして食べたりと味わい方は様々です。クックパッドを見てみたら、たくさんのレシピがあって驚きました。料理される際は、一度ご覧になってみると良いと思います。

純沖縄産A品朝摘み生海ぶどうオジーの夢

海ぶどうはビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄分、食物繊維を多く含んでおり、体の内側から健康を作る作用もあります。美味しいだけでなく、体にも良いというのが海ぶどうの魅力だと私は思っています。

食物アレルギーがひどい子どもでも、海藻類にはアレルギーが出ないことが多く、海ぶどうはそうした子どもたちのために注文して取り寄せられることもあるそうです。

それにしても、昔は海ぶどうは本当に取扱いが稀で、よく「時価」でお店で出ていました。
海ぶどう丼は、ちょっとこだわりのある店主が時々仕入れてきて1500~3000円くらいで出ていたように思います。それが最近はいろんなお店で1000円以下で食べられてしまいます。本当に技術開発と普及の努力に頭が下がる思いです。

 

海ぶどうの注意点

海ぶどうは、前述の通り、暖かい海で育ちます。
それは逆に言うと、冷えに弱いということです。

ですので、保存する際は、常温で保存しましょう。できれば20~27度くらいが良いそうです(海ぶどうが採れる海域は平均水温が25度前後だそうです)。気温で15度以上がひとつの目安で、冷えが強いと粒がしぼんでしまってせっかくの食感が楽しめなくなるばかりか、蓄えた水分が流出して風味もなくしてしまいます。できれば軽い塩水で常温保存を心がけ、早めに食べるようにしましょう。

また、類似品として「海ゴーヤー」なるものがあります。

こちらは海ぶどうと比較して粒が大きく、見た目がゴーヤーにとても似ています(とても小さいですが)。

海ぶどうと比べるとコリコリとした食感で、サラダやおひたしにすると美味しいです。

偽物ということではなく、似たような見た目の全く別物ですので、間違って購入したり注文したりして怒らないように!

沖縄では、海ぶどうや海ゴーヤーだけでなく、新しい種類の食用藻類の研究が行なわれており、日々品種改良によって新しい特産品を生み出そうと努力しているのです。

【参考】
Wikipedia 「クビレズタ」

恩納村漁業協同組合 リゾート食材