海ブドウ
純沖縄産A品朝摘み生海ぶどうオジーの夢

沖縄の代表的珍味「海ぶどう」とは?

海ぶどうとは、その名の通り、海で採れるブドウのこと。

とはいっても、当然ブドウではありません。海藻の一種で、正式には「クビレズタ」と言います。

茎から生えた球状の小枝がブドウのように見えるので海のぶどう、「海ぶどう」と呼ばれています。

ちなみに、グリーンキャビアというオシャレな名前で呼ばれることもあるそうです。

この海ぶどうは、水温が暖かい地域の浅海域で採ることができますが、少し前までは収穫量も少なく、沖縄県の中でさえも珍味として扱われていました。20年ほど前に養殖に成功するようになってから、価格も下がって多くの地域に出回るようにもなり、人気の食材となって目にする機会も増えたのです。

 

海ぶどうはどんな味?

海ぶどうの最大の魅力はその食感です。

口に入れてみると、海藻らしい茎のしっかりした食感と、舌で潰せるぶどうの球の部分が非常に楽しいのです。

海ぶどうはまた、海水の味をしっかり蓄えているので、磯の風味と塩気をもともと含んでいて、素のままでも美味しく食べられます。ですが、少し塩気を抜いて三杯酢などで食べる方法も人気です。海ぶどう用のドレッシングも研究開発されているそうですよ。

サラダにして食べたり、酢の物にして食べたり、そのまま食べたり、ごはんに乗せてどんぶりにして食べたりと味わい方は様々です。クックパッドを見てみたら、たくさんのレシピがあって驚きました。料理される際は、一度ご覧になってみると良いと思います。

純沖縄産A品朝摘み生海ぶどうオジーの夢

海ぶどうはビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄分、食物繊維を多く含んでおり、体の内側から健康を作る作用もあります。美味しいだけでなく、体にも良いというのが海ぶどうの魅力だと私は思っています。

食物アレルギーがひどい子どもでも、海藻類にはアレルギーが出ないことが多く、海ぶどうはそうした子どもたちのために注文して取り寄せられることもあるそうです。

それにしても、昔は海ぶどうは本当に取扱いが稀で、よく「時価」でお店で出ていました。
海ぶどう丼は、ちょっとこだわりのある店主が時々仕入れてきて1500~3000円くらいで出ていたように思います。それが最近はいろんなお店で1000円以下で食べられてしまいます。本当に技術開発と普及の努力に頭が下がる思いです。

 

海ぶどうの注意点

海ぶどうは、前述の通り、暖かい海で育ちます。
それは逆に言うと、冷えに弱いということです。

ですので、保存する際は、常温で保存しましょう。できれば20~27度くらいが良いそうです(海ぶどうが採れる海域は平均水温が25度前後だそうです)。気温で15度以上がひとつの目安で、冷えが強いと粒がしぼんでしまってせっかくの食感が楽しめなくなるばかりか、蓄えた水分が流出して風味もなくしてしまいます。できれば軽い塩水で常温保存を心がけ、早めに食べるようにしましょう。

また、類似品として「海ゴーヤー」なるものがあります。

こちらは海ぶどうと比較して粒が大きく、見た目がゴーヤーにとても似ています(とても小さいですが)。

海ぶどうと比べるとコリコリとした食感で、サラダやおひたしにすると美味しいです。

偽物ということではなく、似たような見た目の全く別物ですので、間違って購入したり注文したりして怒らないように!

沖縄では、海ぶどうや海ゴーヤーだけでなく、新しい種類の食用藻類の研究が行なわれており、日々品種改良によって新しい特産品を生み出そうと努力しているのです。

【参考】
Wikipedia 「クビレズタ」

恩納村漁業協同組合 リゾート食材