衣類

沖縄の染色技術の結晶「紅型(びんがた)」

紅型

和柄生地 紅型 (びんがた)ブロード生地 綿100% (C:イエロー, 1mカット)

沖縄の染色技術の結晶「紅型」

沖縄には昔からいくつかの染色方法がありますが、その中でも最も有名なものとなっているのが「紅型(びんがた)」と呼ばれるものです。紅型は元々技法や製法を指す言葉ですが、それが転じて紅型で作られた衣類や布を指すようになりました。

その名称から赤色を想像しますが、昔の沖縄では色付けをすることを「紅(びん)をつける」と表現していたそうで、必ずしも赤い色だとは限りません。紅型だとしても黄色や青など多様な色の表現が行われています。

王族や上流階級の衣服によく用いられていて、沖縄が中国や東南アジア相手に交易を盛んに行っていた時期には貴重な輸出品としても用いられました。そのため、他国の歴史書や交流の記録には紅型と思われる表現が多く見えるそうです。

 

紅型の特徴

紅型の特徴は、顔料が主な染料となることや、自然にあるもので染めること、そして基本的に手作業で行われることにあると言えるでしょう。そして、沖縄の豊かな自然を鮮やかに表現したものが多くなっています。

日本の多くの染物は落ち着いた色合いが多いですが、沖縄の紅型では鮮やかな色が特に多くなっています。王族や上流階級が着用する機会が多かったからでしょう。

その作業は非常に手間暇のかかるもので、高い技術と経験が必要となるのは言うまでもありません。

【参考:ふくぎ「紅型ができるまで」】

こうした紅型を作るための型紙や道具は戦争によって失われていましたが、戦後に本土に持ち込まれて残っていた型紙や道具を故・城間栄喜さんが収集して、技術を継承し、紅型の復活に尽力したと言われています。

琉球紅型

琉球紅型

posted with amazlet at 16.04.27
青幻舎
売り上げランキング: 347,722

紅型の雑学

■ 黄色や赤が多いのはなぜ?
紅型に黄色や赤がデザインとして多いのはなぜかと言うと、沖縄が中国の文化の影響を強く受けていたからだそうです。昔の中国では、黄色は皇帝が着ける色として、非常に尊い色でしたし、赤は縁起の良い色として使われていました。

そのため、沖縄でも王族や上流階級を中心として、こうした色が高級品として好まれていたと言われています。庶民が青や藍の紅型をつけることもあったそうですし、喪服としての紅型には藍色も使われていたと言われています。

 

■ 柄で身分がわかる
基本的に、柄が大きい紅型は高級品であり、それなりの身分の人しか着れませんでした。また、竜や鳳凰の柄というのも王族にしか許されていなかったと言われています。

ただ、家柄が良くても老人になれば基本的に落ち着いた色で、柄の小さなものを着ていたと言われています。歳をとってからは栄華を強調せず、知恵をもって暮らすのが良いと考えられていたのでしょう。

 

■同じデザインは無い
手作業で作られ、また製法上環境の影響を受けやすいため、同じような色合いやデザインを作るのが難しいとされています。

さらに、昔はオーダーメイド品として、他の人が同じ服を着ることがないように、注文して作らせた後は型紙を処分してしまう風習があったそうです。

そのため、昔の王族などが着用していたような名作は、復興が不可能とされています。

 

■ 雪の柄もある
紅型は沖縄の自然を表現することが多いため、基本的に季節感が乏しいです。本土の方から見ると色合いなどからトロピカルな印象を抱くもしれません。実際、沖縄は気候的にも季節によるメリハリが少ないので、仕方ない部分があります。

しかし、本土との交流が盛んになってくると、そういった四季を体験した人がデザインを担当して雪を表現したり、沖縄にはない植物などを紅型で表現することもあったようです。

現代ではさらに、様々な表現が行われており、常に新作への挑戦が行われています。

 

■ 紅型体験は一般的
沖縄では、地域の文化を学ぶために紅型の体験を行うことが一般的に行われています。たとえば、紅型教室が催されたり、小学校や中学校では授業の一環として行われることもあります。地元の高校や大学の中には紅型などの染色を学ぶ学科もあったりします。

観光客向けに紅型体験コースをプログラムしている工房もあったりと、多くの人が紅型に触れる機会が提供されています。

やってみると、それなりのものが作れるので簡単だと思われがちですが、やはり職人が染め上げたものはその正確さや美しさが全然違いますし、柄も複雑で使用する色も多くなっています。

 

紅型のお土産品

紅型のお土産品にはいろんなものがあります。

■着物・反物
やはり代表は着物や反物ですね。いわゆる琉装といわれるものは紅型染めが多いです。

■手ぬぐい
手ぬぐいは沖縄ではティーサージと呼ばれています。暑い地域だけに使っている人も多いからか、いろんなデザインの品が販売されています。

注染てぬぐい 【ヤギセイ】紅型作家シリーズ 「 がじゅまるの森 」

■その他
のれんやテーブルクロスなど、生活の中で利用できます。

古紅型 大判 クロス 箱入り (唐獅子)

沖縄で「島ぞうり」といえば、これのこと

島ぞうり

沖縄ではコレを「島ぞうり」と言う

沖縄では誰もが通じる「島ぞうり」というぞうりがあります。
それがこちら。

【スカイウェイ】SKYWAY 島ぞうり ビーチサンダル (24cm, ブルー)

いわゆる、ゴムのビーチサンダルです。

昔はもっと別の島の植物を使って生産されたサンダルを島ぞうりと呼んでいたそうですが、近年、このゴム製のビーチサンダルが沖縄で大量に生産・消費されるようになってから完全に覆った模様です。

沖縄では大人から子供まで、家でもビーチでもショッピングの場でも、これを履いている人を見ます。本州ではほとんど見かけることができず、ましてや普段から履いている人もほとんどいません。

だからなのか、沖縄の人は自信をもってコレを「島ぞうり」と呼びます。沖縄では、沖縄のものだと理解しているものには何でも「島」をつける風習があるのです。

島ぞうりは何がいいのか?

島ぞうりは何がそんなによくて、沖縄で使われているのでしょうか?
管理人が思うところを挙げてみます。

①安い
沖縄では、ぞうりは消耗品。なぜなら、季節を問わずよく履くからです。
そして、海に履いていけば流されるからです。
子供なら、ブランコから蹴っ飛ばしたり、普段からスリッパ飛ばしで失くしてしまうこともチラホラ。
高級品は使いにくいのです。

②乾きが早い
沖縄では、急に雨が降ります。スコールと呼ばれるものです。
そのため、普段履きがスニーカーだと、突然雨に降られた場合に靴がずぶ濡れで残念な気持ちになります。また、嫌な匂いもしますよね。
その点、島ぞうりは水をほとんど吸わないし、すぐに乾きます。滑りやすいのが玉に瑕ですね。

③沖縄ファッションとの相性が良い
沖縄では、Tシャツとハーフパンツやショートパンツのような、足を見せるファッションの若い女性が多く見られます。また、男性たちも固い服装よりはラフなゆるい服装を好みます。これらの服装に、この島ぞうりはよく合うのです。足がきれいに見えたり、やわらかい感じを演出してくれます。

なお、かりゆしウェアとは相性はあまりよくありません。かりゆしウェアってやっぱりフォーマルなようです。

④沖縄の誇り
島ぞうりのように、沖縄独特の文化を沖縄の人はとても大事にします。
それゆえ、理由はなくても島ぞうりがみんな大好きです。

こうした理由から、島ぞうりが愛されているのではないかと思われます。

どんどんデザイン化される島ぞうり

最近の島ぞうりはアートの題材になっています。
県内の有名なデザイナーがデザインを手がけてプリントされた島ぞうりや、イベント用の島ぞうり、はたまたクラスTシャツならぬクラス島ぞうりの製作をすることもあるそうです。

夏休みになると、自由研究の題材として「島ぞうりデザインキット」が大手の書店やショッピングセンターで販売されたりしています。

島ぞうり手彫りデザインブック(26cm) ([バラエティ])
小山真紀
東京ニュース通信社
売り上げランキング: 1,395,106

島ぞうりはもはや、安いスリッパというだけではなく、スマホのカバーなどのように、新たなプラットフォームとなって個性を表現する場になってきています。オンリーワンの島ぞうりを持っている人はクラスメイトに羨望のまなざしで見られているかもしれません

このあたりの記事とか面白いです。

進化するオリジナル島ぞうりの世界1/2
進化するオリジナル島ぞうりの世界2/2

おみやげとしての島ぞうり

沖縄では島ぞうりをお土産品としても多数販売しています。
しかし、まだまだビーチサンダルとしての認識が本州では強いため、大人気には至っていないようです。
県外にいる沖縄の人が喜ぶようにとお土産にされることが多いとか。

しかし、一目でお土産とわかる、ネタになる島ぞうりも最近は売られるようになりました。
ゴーヤーのようなブツブツのついたゴーヤー島ぞうりなどが、おみやげ屋さんの片隅でひっそりと登場してマニアの人気を得ているようです。こうした商品はまだネット上では取り扱いが少ないため、現地調達になりそうです。

沖縄県民が集まるお店に島ぞうりで行けば、ひとつの話題になることは請け合い。
沖縄の心を知りたい方は、ぜひ島ぞうりを一度はいてみてくださいね。

沖縄ビジネスカジュアルの新定番「ぽろゆし」

ぽろゆし

沖縄ビジネスカジュアルの新定番「ぽろゆし」

(ぽろゆし) ぽろゆし前開ポロシャツ メンズ ホワイト L
沖縄のクールビズといえばかりゆしウェアというのが基本ではあるのですが、最近広がってきているのが「ぽろゆし」です。

簡単に言えば「沖縄を連想させるようなアロハ柄のポロシャツ」と言ったところでしょうか。
沖縄で言う「微吉(ほろよし)=何となく良い」とポロシャツをかけて命名されたというこのシリーズは、アイロン不要なことや楽な着心地であることが受けて、今では多くの企業で認められ、ユニフォームにもなっています。

ぽろゆしのはじまり

ぽろゆしは、最初は大手が開発に協力してくれなかったこともあって、小さなラインで生産されていました。

それが国産の高品質商品となって良かった面もありましたが、今ではより多くの人に着てもらうために生産ラインを海外に移して大量生産が行なわれるようになり、従来のものよりも価格が3~4割安い商品が市場に増えてきました。これが普及を押し上げて人気商品にした一因と考えられます。

また、かりゆしウェアのブームがひと段落した時期だったこともあって、新しい沖縄発のファッションムーブメントが求められていたこともあってぽろゆしは2010年代に登場して強く支持されるようになりました。

今では多くの企業がぽろゆしの製作と販売を手がけています。

ぽろゆしで町おこし

最近、このぽろゆしによる町おこし効果を狙った取り組みが増えています。

たとえば、うるま市や宜野座村などでは地域限定のポロゆしが作成されています。また、沖縄市のコザではエイサー祭りの時期にエイサーぽろゆしが販売されたり、いろんなイベントとぽろゆしを組み合わせるケースが続々と現れました。

毎年新しいデザインが登場するので、毎年訪れてイベントを堪能するリピーターの中には、このぽろゆしを継続的に購入してコレクションとする人もいるそうです。

ぽろゆしあれこれ

■ ぽろゆしの価格
ぽろゆしの価格帯は、メーカーによって幅があります。

普及品はセールなどで3000円~5000円前後で販売されていることが多いです。
新作などはおおよそ5000円~10000円程度の幅になります。特殊に加工されたものや、織りや染めに伝統工芸技術が施されたものなどはそれ以上の価格になります。

感覚としてはかりゆしウェアと同程度の価格と考えて良いでしょう。

■ ぽろゆしの利用シーン
ぽろゆしの利用シーンは様々で、ビジネスでもカジュアルでも可です。

ビジネスシーンでは、かりゆしウェアよりもカジュアルな感じになりますので職場を選ぶ面があること、また冠婚葬祭の場での利用は今のところあまり無いといえるでしょう。
リラックスした雰囲気を出したいサービス業などで利用されている印象です。

ジーンズやスラックスと合わせてカジュアルに着ても違和感が無いので、おみやげや贈答品としても喜ばれます。

とはいえ、内地のビジネスシーンでの着用は今のところ難しいと思われますので、あくまで沖縄県内の話としてお考えくださいね。

【参考】

こちんだアトリエ 「”ぽろゆし”が生まれるまで」

ハブボックス 「ぽろゆし特集」

沖縄のナショナルウェア「かりゆしウェア」

かりゆしウェア

かりゆしウェアとは?

かりゆしウェアとは、沖縄県で主に着用されているシャツで、ワイシャツとネクタイに代わるホワイトカラーの服装として定着しています。官公庁や一般の企業でも広く着用されています。ハワイのアロハシャツをモチーフに、半袖開襟のデザインで作成されていますが、襟元は現代的にボタンダウンやスタンドカラーなどいろんな種類が現在は登場しています。
沖縄に関係のあるものがデザインとして用いられているのが大きな特徴です。

月桃物語 かりゆしウェア メンズ 絣ジャガード・柄ポイント使い ボタンダウン

2005年以降は温暖化対策の一環としてのクールビズの一種としても注目されるようになりました。

「かりゆし」とは漢字では「嘉利吉」と表記され、沖縄の方言で「めでたい」という意味を持っていて、沖縄では冠婚葬祭の場面に応じたかりゆしウェアが利用されるようになってきています。

「かりゆしウェア」は登録商標です。

沖縄県衣類縫製品工業組合では、かりゆしウェアの定義を、

①沖縄県内で縫製されたもの(布地は県外で生産されたものでも良い)
②沖縄観光をPRする柄のもの

としていて、認定を受けた工場・メーカーに「沖縄産かりゆしウェア」のタグをつけて品質管理に務めています。

 

かりゆしウェアの種類とトレンド

かりゆしウェアは、基本的に半袖で開襟であり、シャツから出して着ることが想定されています。

そのため、ワイシャツのようにゆったりしたデザインだけでなく、若者向けの細身型のものや、女性向けの七分丈の型など様々なデザインのものがあります。

価格帯はさまざまで、1,000~3,000円くらいの量販品から、一着数万円という高級素材のシャツまで様々です。上記のかりゆしウェアのタグがついているような商品には量販品はほとんど見られません。沖縄県衣類縫製品工業組合では、

「かりゆし」のタグの有無について、県や関係団体の指導を受け、沖縄で企画製造されていることが明白な伝統工芸のかりゆし、また製造者と購入者がお互いを認知している事が明確である個人注文かりゆしなどは、タグを下げることを義務づけていません。

というようにしているため、そうした所で製造されているものや、年度落ちのデザインが安く量販品として販売されることが多いです。

おおよそ、普通のワイシャツよりは少し高めで5,000円前後から10,000円の価格帯が多いように思います。

かりゆしウェアは、冠婚葬祭やビジネスの場など、いろんな場面で用いられます。

沖縄では結婚式だからどの色、柄、ということはかりゆしウェアに関しては定めは特に無く、自由な色や柄のものを着てきます。葬儀や法事の際には、黒い布地の喪服用のかりゆしウェアが着用されるようになってきています。

日本は、スーツが正装になっている一番緯度の低い(=南の)国だと言われています。その中でも最南端に位置する沖縄は当然夏も暑く長いため、スーツをいつも着用していると苦しいという事情もあって、急速に普及するようになりました。

毎年、あちこちで新作のデザインコンテストが開かれており、年々新しいデザインが取り入れられています。

2014年時点では、色は爽やかな色や薄めの布地のものが人気があるそうです。柄は少し前は小柄でシンプルなものが多かったのですが、最近は大柄なものが人気になっているようです。職場などで大柄なかりゆしを着ても、ほとんど咎められることはありません。

(マジュン) MAJUN メンズかりゆしウェア 半袖ボタンダウン Flower Line Art

かりゆしウェアの着こなし

かりゆしウェアの着こなしですが、クールビズのワイシャツと同様に考えてもらって大丈夫です。

ただ、一点だけ「シャツはズボンに入れない」ことだけご注意ください。ズボンから出した時にきれいに見えるようにカットされているので、無理に入れるとかえって不恰好になってしまいます。

女性のかりゆしウェアは、男性のものと比べて、胸元が大きく開かないように配慮されており、女性らしい体のラインが出るように(でも目立ちすぎないように)できているものが多いです。

男女とも、スーツ用のスラックスやスカートなどと合わせて着られていることが多いです。靴もビジネスシューズなどが締まっていてかっこよく映ります。基本的にスーツスタイル、準正装くらいの位置づけで考えておけば失敗はないでしょう。

アロハシャツのようにゆったり着るのが涼しくて良いかと思いますので、あまりぴったりしたデザインのものを選ばない方が快適です。特に男性は、細身の人が細いスタイルのものを選ぶと、柄が大きく見えすぎて軽薄な印象を受ける場合もあります。デザインの好き嫌いや先入観ではなく、実際に試着して選んだ方が無難です。肌の色によっても合う色や合わない色があります。

男女ともですが、かりゆしウェアの上からジャケットを羽織るスタイルはあまりオススメできません。一枚で着るときにきれいに見えるように作られているため、ジャケットを羽織るとチグハグな感じを受けます。

もし冷房などが強くて寒く感じるときは、色や柄がワイシャツよりもカジュアルな印象になりますので、あまり色やデザインが派手でないカーディガンや、シンプルなデザインでカジュアルなジャケットを羽織ると良いでしょう。その際も、前のボタンはしめない方が見栄えがいいです。シャツの持つ色や柄を潰さないようにするのがいいかと思います。

購入に際して

購入は沖縄県内なら、フォーマルな洋服を扱っている多くの店で可能です。デパートはもちろん、ショッピングセンターや大手のスーツの量販店などでも販売されています。もちろん、メーカーの直営店もありますし、多くの観光地でも取扱いがあります。

ただ、時々普通のアロハシャツを「かりゆしウェア」として売っているお店もありますのでご注意ください。あまりにも安い場合や他のお店の商品と違う場合は気をつけましょう。

沖縄県外でも、わしたショップや、インターネット上のショップから購入が可能です。ネットショップでは試着ができませんので、ある程度自分の傾向がわかってから購入する方が無難ではないかと思います。

高級品は、素材から沖縄の芭蕉布や月桃を用いたものや、沖縄伝統のウージ(さとうきび)染めを用いたもの、伝統工芸の紅型を用いたものなど、沖縄の文化を凝縮したものになっており、また地域の環境に合わせて着心地がよく、汗をかいても乾きが早かったり、肌触りが非常によいものが多いです。インナーのシャツが全く要らないと感じるほど、吸水性・速乾性に優れ、優しい肌触りのものもあります。このレベルの高級品はインターネットでは取り扱いが少なく、メーカーの直営店でのみの販売や、限定の個別注文になる場合が多いそうです。

沖縄では、個別注文の高級かりゆしウェアがプレゼントとして用いられることもあります。特に定年後の様々な年齢に関するお祝いの際にプレゼントされることが増えています。

【参考】
沖縄県「『かりゆしウェア』とは」

Wikipedia「かりゆしウェア」

内閣府沖縄振興局「かりゆしウェアについて」