沖縄みやげにもなるエイサーアイテムたち

エイサー

沖縄みやげにもなるエイサーアイテムたち

エイサー

 

沖縄の伝統芸能エイサーについては、以前の記事で紹介しましたが、最近はいろんな地域でエイサー同好会が活動していたり、エイサーイベントが行われています。和太鼓系のイベントに参加していることもありますね。 そこで、エイサーの衣装や道具をおみやげにしてみてはいかがでしょうか。 エイサーを始めるきっかけになって、新しい交友関係ができるようになるかもしれません。 エイサーアイテムにはどういうものがあるのか、以下見て行きましょう。

エイサーの基本的な衣装

エイサーの衣装は、基本的に以下のような服装をしています。 エイサー衣装

■サージ(頭巾、はちまき) 紫色や赤色の布が多いです。 このサージ、独特の巻き方があって結構長い布が必要です。長い方が後ろの結び目が大きくてカッコいいです。 ちなみに、女性の手踊りが持つ手ぬぐいをティーサージといいます。

■ウッチャキ(打掛) 打掛けはエイサーの衣装の定番、花形です。 意匠の凝った打掛けは、それだけでエイサーのレベルが高く見えます。 専門店では生地を選べば2週間くらいで作ってくれるところもあります。 ウッチャキの上から巻く帯は、ウービと言います。沖縄なまりですね。

 

■脚絆(きゃはん) 足につける布です。これをつけると、武士の具足のようでかっこいいです。無いと何となく足元が貧相な感じがしてさびしいです。 足元は地下足袋が一般的です。

エイサー用 脚絆 中

エイサー用 脚絆 中

posted with amazlet at 15.07.02
売り上げランキング: 443,180

 

■その他 基本的には上記の三つ(と帯)があればエイサーらしい姿になります。 中につける襦袢やエイサー用のズボンもありますが、Tシャツやスウェットなどで代用されていることもしばしばです。 最近はリストバンドをつけているチームもよく見られます。 以下のリンクのような専門店で、こうした伝統芸能用の衣装は取り扱っています。

 

 

例外:チョンダラー

エイサーにはいろんな役割がありますが、その中でもチョンダラーと呼ばれる役割は見た目も全然違っていて面白いです。 このチョンダラーは、人を笑わせるというのが一番の役割ですが、その他にも踊り手の崩れた脚絆を直したり、落ちた衣装などを拾い上げたりしながら演舞をきっちり進行させるという一面も持っています。

沖縄では、エイサーのレンタル衣装がある

沖縄では、結婚式や各種の行事の余興としてエイサーが踊られることも多いため、エイサー用の衣装がレンタルショップで貸し出されています。一泊二日で1,000~1,500円前後が多いです。 レンタルのセット内容は上記のサージ、ウッチャキ、脚絆、帯のセットが一般的です。洗わずにそのまま返しても大丈夫です。 大口で必要な場合は早めにレンタルしないと不足する場合がありますので注意しましょう。

「空手のメッカ」沖縄

空手
秘伝! 沖縄剛柔流空手道 [DVD]
BABジャパン (2000-01-26)
売り上げランキング: 119,010

「空手のメッカ」沖縄

沖縄で有名な武術といえば、やはり空手でしょう。

しかし、どのくらい有名なのかということを知っている人は現地沖縄でもそれほど多くはありません。

毎年、何万人もの人が空手を目的に沖縄を訪れ、そして海外からも多くの人が訪れます。ヨーロッパや南米などの海外でも遠方の地域からくるグループ旅行客で一番多いのは、この空手目当ての訪問なのだそうです。

それほどの魅力を秘めた沖縄の空手。
残念ながら、ここでその全ての魅力を紹介しきることはできません。私の知っている量や情熱と、武道家たちのそれとは大きく差があることを記事を書きながら感じました。

以下の記事を読んだだけでも個人的には胸が熱くなったのですが、読者の皆さんにこの熱さ、伝わりますでしょうか?写真も迫力があり、空手の魅力が熱く伝わってくる良記事です。

たびらい沖縄 「空手発祥の地・沖縄で空手の極意に触れる」

空手のメッカとは「聖地」ということ。海外に住む人の多くにとって、一生に一度できるかできないかの巡礼ですから、文字通り気合を入れて望んでいらっしゃるそうです。

沖縄の空手の歴史

沖縄の空手は琉球空手と呼ばれます。空手が唐手と表記される場合もあります。
日本での空手とは区別するべきだという話も多く、いまだにこの空手の起源については明らかにはなっていません。

13世紀頃の沖縄本島でのグスク時代や三山時代という戦乱の時代に、護身術や武術として発展したのではないかという話や、16世紀ごろに頻繁に中国との貿易が行われる中、護身術として元々存在していたものが、中国の少林寺拳法などの武術の影響を受けて変化したものとも言われます。少なくとも、このころには沖縄の武士階級の中ではたしなみとして空手は行われていたそうです。

空手は対人戦を想定しているものであり、野生の動物などを相手にした場合には武器を使った武術が適切であり、空手よりも武器を用いた古武術の方が先にあったのではと想定されます。

基本的に空手や古武術と呼ばれる武器を用いた武術は、門外不出であり、なかなか大きく広まりませんでしたし、記録も多くは残っていないそうです。

元々は空手は「手(てぃ)」と沖縄では呼ばれていて、素手での格闘術という意味合いでした。本来の琉球空手は、組み技や関節技、武器の使用などを含む総合的な武術でしたが、18世紀以降に庶民への普及が行われていく中で素手での「空」手を中心に細分化され、また流派も分かれていきながら今の形になっていると言われています。

格闘技全般的に言えることですが、異種格闘技戦で強者と認知されている格闘家を倒すことで有名になるケースが多いです。琉球空手も、とあるボクシングの世界チャンピオンを空手家が一撃で倒したところから全国的に有名になっていったそうです。

今では、世界中に空手の愛好家がいて、沖縄を空手の聖地とあがめ、その空気を感じようと訪れてきます。

空手観光について

空手を目的に渡航する人が増えているので、沖縄県としても大型武道館の新設やツアー設計など、空手ツーリズムに力を入れているところでもあります。

空手の各流派や、空手を普及させる目的の団体も増え、広報活動が盛んになってきています。

以下のようなところが空手観光情報を集めるのに便利です。

沖縄伝統空手道古武道国際研修センター

沖縄県空手博物館(沖縄剛柔流拳志会空手道古武道本部道場)

沖縄伝統空手総合案内ビューロー

沖縄伝統空手道

 

ちなみに、道場見学などをされる場合は必ず事前に道場に連絡をするようにしましょう。というのは、ほとんどの場合、道場というのは師範の方の自宅の一部で行われていて、職業として指導をしていることは少ないからです。他人の家に行くと思って、礼をもって訪問しましょう。なお、他流派の稽古に参加する時は白の道着に白帯がマナーです。

 

 

知っていると強くなる?琉球空手の格言

  • 「法は剛柔を呑吐す」

→ 空手は、剛法(打撃)と柔法(組技、関節技、投げ技)から成り立っているということ。空手は本来、総合格闘術です。

  • 「空手に先手なし」

→ 一般には、自分からは仕掛けない、手を出さないということ。確かに空手の型では、第一動作は防御で、後に反撃が続きます。

  • 「相手の背後を取ってから、正面から打ちかかれ」

→ 実際に背後を取れということではなく、絶対的に優位な状況を作ってから攻撃しなさいということのようです。

 

調べてみると空手の世界は非常に面白いです。ちょっと変わった沖縄ツアーを考えていらっしゃる方は、ぜひご一考いただければと思います。

 

今、使える! 術技修得システム 宮城長順の沖縄空手に空手を学ぶ
玉野十四雄
BABジャパン
売り上げランキング: 26,527

沖縄で「島ぞうり」といえば、これのこと

島ぞうり

沖縄ではコレを「島ぞうり」と言う

沖縄では誰もが通じる「島ぞうり」というぞうりがあります。
それがこちら。

【スカイウェイ】SKYWAY 島ぞうり ビーチサンダル (24cm, ブルー)

いわゆる、ゴムのビーチサンダルです。

昔はもっと別の島の植物を使って生産されたサンダルを島ぞうりと呼んでいたそうですが、近年、このゴム製のビーチサンダルが沖縄で大量に生産・消費されるようになってから完全に覆った模様です。

沖縄では大人から子供まで、家でもビーチでもショッピングの場でも、これを履いている人を見ます。本州ではほとんど見かけることができず、ましてや普段から履いている人もほとんどいません。

だからなのか、沖縄の人は自信をもってコレを「島ぞうり」と呼びます。沖縄では、沖縄のものだと理解しているものには何でも「島」をつける風習があるのです。

島ぞうりは何がいいのか?

島ぞうりは何がそんなによくて、沖縄で使われているのでしょうか?
管理人が思うところを挙げてみます。

①安い
沖縄では、ぞうりは消耗品。なぜなら、季節を問わずよく履くからです。
そして、海に履いていけば流されるからです。
子供なら、ブランコから蹴っ飛ばしたり、普段からスリッパ飛ばしで失くしてしまうこともチラホラ。
高級品は使いにくいのです。

②乾きが早い
沖縄では、急に雨が降ります。スコールと呼ばれるものです。
そのため、普段履きがスニーカーだと、突然雨に降られた場合に靴がずぶ濡れで残念な気持ちになります。また、嫌な匂いもしますよね。
その点、島ぞうりは水をほとんど吸わないし、すぐに乾きます。滑りやすいのが玉に瑕ですね。

③沖縄ファッションとの相性が良い
沖縄では、Tシャツとハーフパンツやショートパンツのような、足を見せるファッションの若い女性が多く見られます。また、男性たちも固い服装よりはラフなゆるい服装を好みます。これらの服装に、この島ぞうりはよく合うのです。足がきれいに見えたり、やわらかい感じを演出してくれます。

なお、かりゆしウェアとは相性はあまりよくありません。かりゆしウェアってやっぱりフォーマルなようです。

④沖縄の誇り
島ぞうりのように、沖縄独特の文化を沖縄の人はとても大事にします。
それゆえ、理由はなくても島ぞうりがみんな大好きです。

こうした理由から、島ぞうりが愛されているのではないかと思われます。

どんどんデザイン化される島ぞうり

最近の島ぞうりはアートの題材になっています。
県内の有名なデザイナーがデザインを手がけてプリントされた島ぞうりや、イベント用の島ぞうり、はたまたクラスTシャツならぬクラス島ぞうりの製作をすることもあるそうです。

夏休みになると、自由研究の題材として「島ぞうりデザインキット」が大手の書店やショッピングセンターで販売されたりしています。

島ぞうり手彫りデザインブック(26cm) ([バラエティ])
小山真紀
東京ニュース通信社
売り上げランキング: 1,395,106

島ぞうりはもはや、安いスリッパというだけではなく、スマホのカバーなどのように、新たなプラットフォームとなって個性を表現する場になってきています。オンリーワンの島ぞうりを持っている人はクラスメイトに羨望のまなざしで見られているかもしれません

このあたりの記事とか面白いです。

進化するオリジナル島ぞうりの世界1/2
進化するオリジナル島ぞうりの世界2/2

おみやげとしての島ぞうり

沖縄では島ぞうりをお土産品としても多数販売しています。
しかし、まだまだビーチサンダルとしての認識が本州では強いため、大人気には至っていないようです。
県外にいる沖縄の人が喜ぶようにとお土産にされることが多いとか。

しかし、一目でお土産とわかる、ネタになる島ぞうりも最近は売られるようになりました。
ゴーヤーのようなブツブツのついたゴーヤー島ぞうりなどが、おみやげ屋さんの片隅でひっそりと登場してマニアの人気を得ているようです。こうした商品はまだネット上では取り扱いが少ないため、現地調達になりそうです。

沖縄県民が集まるお店に島ぞうりで行けば、ひとつの話題になることは請け合い。
沖縄の心を知りたい方は、ぜひ島ぞうりを一度はいてみてくださいね。

沖縄の果物の王様はやっぱり「マンゴー」

マンゴー

沖縄の果物の王様はやっぱりマンゴー

マンゴー
沖縄の果物といえば、昔はパイナップルがまず思い浮かびましたが、今は何といってもマンゴーです。

マンゴーはウルシ科の果樹で、インドや東南アジアなど赤道に近い地方が原産地と考えられています。日本ではアーウィンという種類のものが最も流通しており、マンゴーの中でも熟していくにつれて赤くなっていくものが「アップルマンゴー」と呼ばれます。

その他、収穫時期の短さや果実の大きさなどから「幻のマンゴー」と呼ばれるキーツマンゴーが沖縄では栽培・販売されています。

マンゴーといえば、その豊かな甘みと果肉が特徴です。
沖縄の人が日常的にマンゴーを食べているわけではありませんが、他の地域の人に比べると食べる機会はずっと多いように思います。そして、沖縄で購入すると、本州で購入する場合と比較しても、同程度の品質で3割以上安い場合が多いです。

 

マンゴーの栄養と味

マンゴーはビタミンA、βカロチン、ビタミンC、葉酸、食物繊維、ビタミンB群がたくさん含まれています。まるでフルーツと緑黄色野菜を組み合わせたような、そういう栄養素。見た目もそういう感じしますよね。

これらの栄養素があることで、どのような効能があるかというと、

  • 美肌効果
  • 生活習慣病予防
  • 夏バテ予防
  • 貧血防止
  • 免疫強化
  • アンチエイジング
  • がん予防

などがあるそうです。何だか、いかにも沖縄らしくないですか?

そして、こうした栄養を摂ろうとすると普通は結構苦労があるのですが、マンゴーは「美味しく」食べられます。むしろ食べ過ぎてしまってお腹壊しそうになるくらい止まりません。過剰摂取はどの道体に毒ですので、ある程度でストップしましょうね。

マンゴーは独特の甘みとフルーティーな酸味があって、冷やしても美味しく、加熱してジャムやソースにしても美味しいです。料理の中にもよく取り入れられています。凍らせて食べたり、塩をかけて食べたりしても美味しいんですよ。

 

賢いマンゴーの選び方・買い方

マンゴーが収穫できるシーズンは7月~9月頭くらいまで。
たとえ沖縄だとしても、年間を通じて収穫できるわけではありません。ですから、機会をつかんで計画的に購入するのが良いでしょう。

普段はマンゴーを選ぶ機会は滅多にないと思うのですが、選び方は目的によっていくつもあります。

まず、食べごろのマンゴーはどういうものなのか、アップルマンゴー(赤いマンゴー)で考えてみると、アップルマンゴーの場合はまず熟して全体が赤くなっているものを選びます。いい時期のものは果肉に弾力があるので、軽く握って押してみると跳ね返ってくるような感じがあります。果実の下部がほんのり黄色いくらいがいい状態です。全体が真っ赤になるくらいだと、もう熟しきっているので急いで食べなければなりません。

そして、いい頃合のマンゴーを数日置いておくと表面にツヤが出てきます。これはマンゴー自体から脂分が少し出てきて、熟してきたことのサインです。また、白い粉のようなものが表面に見えますが、これは乾燥などを防止したり紫外線から身を守るためにマンゴー自身が出しているもので、生きたマンゴーである証です。カビが生えたり腐ったわけではありません。

そしてマンゴーは、贈答用のアップルマンゴーなどは大きく肉厚もあり、ひとつが800~1500円程度(沖縄価格)で販売されていますが、しかし、そうしたマンゴー以外にも時々路上販売などで小さめですがひとつ300~400円くらいのものも販売されています。これらは小さかったり見た目はあまりよくないですが、味やコストパフォーマンスで言えば贈答用の品をしのぎます。栽培農家などで商品としては難しいと判断されたものがこうした形で流通していることがあるので、手軽にマンゴーを食べたいという方にはお勧めです。

最後に、マンゴーの切り方についてですが、一番簡単なのは、桃のように皮をむいて種に気をつけつつそぎ落とすように切っていく方法です。しかし、マンゴーの食べ方として面白いのは、以下の動画の切り方。

見た目も美しく、果肉も厚く取れるので、マンゴーを食べた!という気分が一層強く感じられます。

 

いろんなマンゴーおみやげ

沖縄のマンゴー愛は非常に強くて、キャラクターになったり、いろんな食品に利用されています。

沖縄 お土産 マンゴーケーキ
海外おみやげ宅配便 ギフトランド
売り上げランキング: 130,554

クッキーに練りこまれたり、ケーキのタルトに入っていたり、アイスクリームになっていたりします。
また、シャーベットや、料理のソース、ジュース、カクテル、ゼリー、ドライフルーツなど、様々に加工されてお土産品となっています。個人的にはシャーベットやかき氷が年に一度は食べたくなりますね。

沖縄のホテルビュッフェに行くと、デザートでマンゴープリンにお目にかかることも少なくありません。これだけマンゴーが身近にいろんな形で食べられるのは沖縄だけではないかと思います。宮崎でもマンゴーを作っていますが、品質や加工技術などで言えばまだまだ沖縄の方が上だと個人的には感じています。

マンゴーの季節が近づくと、それは同時に台風の季節です。
沖縄では台風は避けられませんから、その中で強く生き残ったマンゴーたちに、自然と愛着がわくのは沖縄の中では当然のことなんでしょうね。

沖縄では今、「お笑い」が熱い

笑顔のシーサー

沖縄の今は「お笑い」が熱い

今、沖縄で注目されているのが「お笑い」の分野です。
沖縄は国内外から多くの観光客を誘致することを目標にしていますが、その中で自然環境を活かした観光体験を提供すると共に、独特の文化から生み出される人的資源を活かした観光の目玉を作ろうと努力しています。
その中のひとつが「お笑い」であり、沖縄には早々に吉本興業のような大手も進出してきて草の根でお笑いを広める活動をしています。最近、旧三越ビルに登場した商業施設「HAPINAHA」には吉本興業が舞台施設や世界最大級のお化け屋敷を展開していて、今後の観光の目玉のひとつになることが期待されています。

沖縄の有名お笑い事務所

全国的な有名人の中には沖縄出身の人がちらほら見えます。
沖縄というだけで多少のインパクトをもって聞こえるのも確かですが、夢をもって上京してその中で研鑽して有名になったのですから、その努力はどれほどのものでしょうか。

そして最近は、沖縄県内にも芸能事務所がいくつかあって、県内では有名なお笑いの事務所もいくつかあります。沖縄よしもと(吉本興業)、オリジン、FECなど、それぞれ特色がありますが、沖縄のお笑いについて語るときには欠かせない事務所です。

これらは単にお笑いの舞台を提供するだけでなく、地元テレビ局やラジオ局の番組に登場し、様々な奉仕活動などを通して地域住人に笑いと活力を提供しています。また、新たな才能を発掘するための養成所の機能も持っています。

DVD 『基地を笑え!お笑い米軍基地 Vol.6』
C-POP TV株式会社 (2011-06-18)
売り上げランキング: 89,054

そして、それらの流行のお笑い事務所とは一線を画す、沖縄のお笑い集団と言えば笑築過激団。お笑いポーポーという沖縄お笑いの伝説的番組を作り出した集団は今も健在です。そのほかにも沖縄で喜劇の女王といわれ、映画にもなった仲田幸子の劇団「仲田幸子一行」など、沖縄には独特のお笑い文化が色濃く存在しています。

沖縄には、沖縄のイベントがある

沖縄には、Q-1グランプリやお笑いバイアスロンに代表される沖縄独特のお笑いイベントがあります。
また、最近では吉本興業が毎年「沖縄国際映画祭」を主催し、多くの映画を公開すると共に吉本興業所属のタレントたちが自主作成した映画や地元を広告する映像などを公開しています。

これらの活動を通して、沖縄の魅力を再発見し、そして郷土愛を燃やす人も少なくありませんし、多くの観光客の誘致にも一役買っています。

沖縄の笑いの特徴

私管理人が考える沖縄のお笑いの特徴は、

・地元ネタが多い
・家族ネタが多い
・方言や沖縄らしいアクセントで話した方が面白い(慣れてないと聞き取りにくいかもしれません)

があるのかなと思っています。
特に芸能事務所所属の友人が言うには、地元ネタを入れるか入れないかで引き込み方が全然変わってくるそうです。オジーオバーが客席に多い公演では、方言で語りかけると場があったまりやすいとか。

沖縄では結婚披露宴や地元テレビやラジオなど、そうした芸能人が活躍する舞台が数多くありますから、こうした人たちがどんどん出てきて磨かれることで沖縄がもっと面白くなるのではと期待しています。

笑う門には福来ると言いますし、笑うと健康にも良いということで琉球新報社などは毎年のようにパッチアダムスさんを招いて講演をしてもらったりしています。沖縄では笑うということに、かなり関心が注がれているのだなあと思います。