沖縄の心を歌で伝える「琉球民謡」

沖縄の心を歌で伝える「琉球民謡」

沖縄の心を歌で伝える琉球民謡

沖縄といえば独特の音楽でも知られており、民謡が盛んに歌われている地域です。

普通、民謡の定義といえば「昔から歌われてきた曲」なのですが、沖縄では「新曲」と呼ばれる民謡が次々と作り出されています。

恋の歌や、愛する人に送る歌、親子に関する歌、出会いと別れに関する歌、自然の雄大さに対する感動を歌にしたものなど、その種類は様々で、今も昔も、沖縄の人々はその心を歌に乗せて歌っています。

まさに琉球民謡こそ沖縄の心を伝える音楽であり、琉球民謡を知ることで沖縄を深く味わうことができると言っても過言ではありません。

 

琉球民謡の特徴

沖縄は古くから独自の文化を持っており、地理的な特徴から本州とは大きく異なる芸術の発展を遂げてきました。音楽も例外ではありません。

琉球民謡の代表的な特徴には、

  • 沖縄方言(うちなーぐち)の歌詞で歌われる
  • 音階にレとラがなく、ド・ミ・ファ・ソ・シの5音で構成され、主に長音→連続した短音の繰り返しが見られる
  • 三線や琉球琴、サンバなど、独特な楽器が用いられる
  • 合いの手、はやしなどが入る曲が多い

などがあります。

伝統的な曲として人気が高いのは、「安里屋ユンタ」「てぃんさぐぬ花」「童神(わらびがみ)」「谷茶前節(たんちゃめぶし)」などがあります。

キャンパスレコード45周年記念アルバム~決定盤! 沖縄の歌~

その独特な音質と情感あふれる歌いまわしから、老若男女問わずファンが多く、国内の民謡人気が落ちていく中で異質の存在感を放っています。

 

琉球民謡の沖縄での浸透ぶりがすごい!

沖縄では地元の文化や歴史を大事にする風習があります。民謡もとても大事にされており、後世への継承を目的にさまざまな努力が行なわれています。それが現在の民謡の人気や評価を生んでいるのは間違いありません。

沖縄県では、幼稚園や小学校の音楽の授業の中で必ず一度は琉球民謡に触れる機会がありますし、エイサーやカチャーシー、三線などが運動会や学芸会の出し物になることも多く、子どもたちは民謡を自然に耳にして育ちます。

また、旧盆やお正月には民謡の特別番組が地元のローカル局によって放送されます。生放送で3時間~4時間の中継もしばしば行なわれており、県外から来て驚く人も多いです。その他にも、民謡はCMタイアップ曲として利用されたり民謡を紹介するテレビ番組も放送されたりしていて、社会に深く浸透しています。

他の地域ではあまり見られない「民謡喫茶」や「民謡スナック」といった業態を多く目にするのは沖縄ならではです。個人経営の喫茶店や飲み屋にはカラオケ設備を備えた店も多く、のど自慢たちが歌ったり集まって演奏したりしています。最近では観光客向けの民謡ライブを目玉にした居酒屋も多く、地元アーチストたちの活躍の場となっています。

公民館などでは生涯学習として民謡の研究をしたり、三線などの楽器講座も非常に人気があります。みんな民謡が大好きなのです。

 

新しい沖縄民謡とは?

前述の通り、沖縄では若い世代を中心に民謡の新曲が続々作られています。

これらは、琉球民謡の曲調を保ちつつ、現代的な歌謡曲として作られているものです。沖縄ではこれらも民謡として扱う場合があり、その懐の広さも民謡人気を支えています。

「ハイサイおじさん」、「島唄」や「花」、「涙そうそう」、「島人ぬ宝」などの全国的なヒット曲も多数あり、常に新しい曲が作られては公開されています。

最近は歌謡曲を沖縄風にアレンジした楽曲も多く地元のアーティストを中心にカバーされており、沖縄民謡の魅力を多くの人が楽しみ受け入れられるようになっています。

沖縄のCDショップには必ずこうした「沖縄民謡コーナー」があるので、是非沖縄にいらした際には覗いてみると良いと思います。

ちなみに、アクターズスクール系の歌手やオレンジレンジなどの楽曲、有名なご当地ヒーローである琉神マブヤーの主題歌などは、歌謡曲的な色が強く、琉球民謡の音階とも違うために、今のところは琉球民謡とはみなされていません。

沖縄ではこうした琉球民謡のCDなども多く手に入ります。ちょっと変わったお土産品としても喜ばれているようです。沖縄の楽器店やCDショップにはたくさんの楽曲が置かれており、始めて足を運んだ人は「沖縄民謡」コーナーの充実ぶりに驚くでしょう。


コメントする

*
*
* (公開されません)