沖縄の県産野菜「島野菜」はいろいろスゴイ!

沖縄の県産野菜「島野菜」はいろいろスゴイ!

沖縄の県産野菜「島野菜」

沖縄は独自の気候や風土を持つ地域で、本州とは生育する果物や野菜の品種がまるで違います。

マンゴーやパイナップルなどの南国フルーツが栽培されていることはよく知られていますが、一方で野菜はゴーヤーくらいしか知られていないのではないでしょうか。

沖縄では盛んに「島野菜」が販売されていて頻繁に食卓に上ります。スーパーなどでは島野菜を使ったレシピが無料で配布されていることも珍しくありません。そして現在、生産、加工、流通・販売までを一貫して手がける六次産業という産業の取り組みが沖縄では盛んに行われており、島野菜の全国展開に力を入れているのです。

沖縄の島野菜でアンチエイジング

沖縄の島野菜は近年その健康効果が大きく注目されています。島野菜の持つ強い抗酸化作用がアンチエイジングに効果的だと考えられているからです。

人間の体内における「酸化」は「老化」とほぼイコールで、抗酸化作用のある食物を摂取することで酸化しにくい体を作ることができる、つまり細胞の老化を遅らせて若さを保つ効果があると言われているのです。

沖縄は健康長寿の県として知られていますが、現在の高齢者は島野菜を積極的に食べる食生活を過ごしています。近年の食生活の変化が平均寿命の伸びを抑えている原因と考えられており、県ぐるみで食生活の見直しを推進しています。

沖縄県は日本でも特に日光が強烈な地域だということで有名です。植物は強い日光にさらされるとしなびていき、枯れてしまいます。そのような厳しい環境の中でも青々と健康に育ち、みずみずしい葉や実をつけることができるのは強力な抗酸化成分を植物たちが体内に持っているからなのです。

抗酸化に優れた島野菜を摂取することによって、体がしわしわと枯れてしまう酸化(=老化)を防止することができ、若さを保つことができる、というわけなんですね。

沖縄の島野菜にはどんなものがある?

沖縄の島野菜は、非常に多くの種類があるのでここでは正直紹介しきれません。

それでもいくつか紹介しますと、

ゴーヤー:ニガウリ。加熱しても損なわれないビタミンCで夏場の栄養補給に。

島にんじん:きれいな黄色をしているニンジンです。オレンジ色ではありません。

島オクラ:巨大なオクラ。十数センチのものも珍しくありません。

パパイヤ:特に青パパイヤは抗酸化成分が豊富といわれています。

ジービン:つるむらさき。ぬめりのある豆苗みたいな感じでしょうか。

ハンダマ:葉野菜で、筋の中に紫色が見える珍しい野菜。鉄分、抗酸化成分が豊富です。沖縄ほうれん草という別名があるとかないとか。

島らっきょう:大きな、というより別種にしか見えないラッキョウ。島オクラと同様のサイズで、てんぷらや漬物でよくお目にかかります。

ウリズン:ウリズンとは沖縄の初春を表す言葉ですが、この時期に採れる四角豆を言います。

ナーベラー:いわゆるヘチマ。沖縄では炒めたり味噌で煮込んで食べます。

シブイ:冬瓜です。冬瓜といいますが、夏にできて、冬まで保存が利きます。ただし、直射日光に当たらず、常温のところで保管しましょう。

モーウィ:赤瓜といいますが、漬物の形でよく食べられています。

フーチバー:ヨモギ。沖縄では豚や山羊の料理の臭いを消したり、ジューシー(炊き込みご飯、雑炊)に入れて食べます。

ターンム:田芋。普通のサツマイモよりも水っぽく、粘り気があるのが特徴。てんぷらにしたり、お菓子の材料にしたり、マッシュして栗きんとんのようにして食べます。

ここで紹介したのはまだまだ一部。キリがないほどあります。
こうした食材は県内の市場や道の駅などでたくさん売られていますし、またスーパーなどでも人気商品です。地産地消と言いますが、やはり地元で作ったものは安く手に入りますし、その土地の人の体にもあるのでしょうね。

今では、日本中から要望があるので全国発送も行われているようです。

 

沖縄の島野菜料理に困らないために

沖縄には、島野菜の名前がわからないと注文しにくい料理が多いです。

たとえば、マーミナーチャンプルー。
これは何かというと、「もやし炒め」なんですね。
方言で書かれていると、何のことだかサッパリです。

ですから、沖縄の食堂でよく見られるメニューをいくつか紹介します。

  • ゴーヤーチャンプルー:これは有名なので省略
  • マーミナーチャンプルー:マーミナーはモヤシ。チャンプルーは省略されることもあります。もやし炒め
  • ナーベーラー:ヘチマ。ナーベーラーだけ書いてある場合、ヘチマを島豆腐などと一緒に味噌味で炒め(煮)したものが多い
  • フーチバージューシー:ヨモギ(フーチバー)の入ったジューシー(炊き込みご飯、雑炊)
  • ニンジンしりしりー:県産のニンジン(島にんじんに限らない)を細く切って油で炒め、最後に卵をかけて炒めながら混ぜ合わせたもの。野菜嫌いの子どももなぜかよく食べる。つまみにもOK
  • パパイヤイリチー:パパイヤの炒り煮。イリチーは炒めながら煮る料理

このくらい知っておくといいと思うのですが、個人的には沖縄の食堂にしか見られない「味噌汁定食」はぜひ注文してほしいメニューです。

「味噌汁定食」というのは、島野菜による具だくさん味噌汁とご飯のセット(小鉢もつくことが多い)のことです。通常の味噌汁の3~4倍のボリュームと、大胆サイズで入った野菜(卵が入ってることも多い)をいただきます。

ちなみに、沖縄の定食屋では「定食」という言葉が省かれていることがありますので注意してください。メニューに「ライス」「味噌汁」「刺身」とあって、これを三つとも注文するとすごい量の注文をしたことになってしまいます。上記の大きな味噌汁に加え、ごはんと小鉢、そしてライスと刺身(定食)のごはんと味噌汁もついてきてしまいます。

さらにわかりにくいことに、沖縄では「おかず」というメニューがある食堂もあります。これは「おかず定食」で、日替わりおかずにライスと味噌汁がついて来ますので気をつけましょう。「定食」というとなぜかご飯・味噌汁・小鉢に加え、ちょっとした刺身がセットになっていることが多いのが沖縄の定食屋の特徴です。

メインを島野菜にしても、十分なボリュームの食事が楽しめます。ヘルシーというだけでなく、食べ方もパワフルな島野菜をぜひ楽しんでみてくださいね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

沖縄産 島野菜とわかめ 乾燥スープの素(62g)
価格:890円(税込、送料別) (2020/12/1時点)


コメント

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 【沖縄の県産野菜「島野菜」はいろいろスゴイ!】  […]

コメントする

*
*
* (公開されません)