実は沖縄特産!?「ミドリムシ(ユーグレナ)」

実は沖縄特産!?「ミドリムシ(ユーグレナ)」

実は沖縄特産!?「ミドリムシ(ユーグレナ)」

今後、沖縄の新しい特産品になるかもしれないのがミドリムシです。

ミドリムシ

ミドリムシというと「学校の理科の教科書で見たな」という人も多いと思いますが、このミドリムシ、実は健康食品として非常に注目を集めています。そして、このミドリムシの培養は沖縄の石垣島で行われているのです。

ミドリムシは学名を「ユーグレナ」と言い、世界的にはこちらの表記が一般的。日本においてはミドリムシがすっかり定着していますが、ちょっと名前のイメージがよくないので、最近はユーグレナの名称で商品が増えてきています。当初はインパクト重視でミドリムシという表記を多く見ましたが、やはりマーケティング的にもユーグレナなんでしょうね。

現在、市販されている商品の原料は石垣島産で、成分の種類や濃度など商品によって違いがあるのだそうです。

 

ミドリムシが世界を救う日

実は、ミドリムシというのはすごい生き物です。

生物の進化から言えば原始生物に近い生物なのですが、自ら活動することができるという動物の性質を持ちつつ、葉緑素で光合成を行うことができるという植物の特性も有しています。簡単に言えば、動物と植物の両方の特性を持っているわけです。

そして、研究によってこのミドリムシはものすごく栄養価が高いことが発見されました。何と、59種類もの栄養素をその体内に有していて、人間に必要な栄養素がほぼ全てその中には入っているのだそうです。

光合成で成長するということは、水と光と二酸化炭素さえあれば、自分で増えていくということです。ですから、これを食料品として加工することができれば世界中の食糧問題も解決できる!とまで言われています。まだまだ安定・大量培養のための技術開発が進んでいるところですが、東京大学発のバイオベンチャーがこの分野を牽引しています。そして、沖縄の石垣島にある研究・培養施設でこの研究とユーグレナの生産が進められています。

光合成は熱も作り出し、二酸化炭素を吸って酸素を作り出すため、CO2排出量問題やエネルギー問題の解決にも利用できるのではないかと期待されています。そんなこんなで、このミドリムシには世界中から熱い視線が注がれているのです。

ちなみに作っているのは、こちらの「株式会社ユーグレナ」さんです。

 

ミドリムシの栄養は?

ミドリムシには59種類の栄養素が含まれていると先ほど言いました。
表にすると以下の通りです。

ビタミン類 α-カロテン、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸
ミネラル類 マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム
アミノ酸類 バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、チロシン、トリプトファン、グリシン、セリン、シスチン
不飽和脂肪酸 DHA、EPA、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモγ-リノレン酸
その他 パラミロン(β-グルカン)、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシン

なかなか普段の生活では摂取しにくい栄養素を含めて、多くの栄養素が入っているのが嬉しいですよね。しかも、動物性の栄養素も植物性の栄養素も両方含まれているという、きわめて珍しい性質を持っているのが特徴です。

 

どのような商品がある?

今のところ、多く見られているのは栄養補助サプリメントで、またもうひとつがダイエット用の補助食品です。

品質などの細かい差異は私には分かりかねますが、いずれも高い人気と効果を誇る製品であるようです。

◆豊富な栄養だからこそ、体質の改善や強化に最適。体の不調にも有効です。

◆ミドリムシ、豊富な栄養の割りにはカロリーは少ないそうで、ダイエットやメタボ対策にも最適です。

このようなミドリムシ商品、少しずつおみやげ屋さんやコンビニ、スーパーなどで取り扱いが増えてきています。国際通りのドラッグストアに行くと強気なお値段設定になっていたりしますが、ほとんどの商品が売り切れ。お目が高い外国人観光客が購入しているようです。

インターネットで購入する分には売り切れの心配はあまりありませんし、お土産屋さんに行く必要もありません。隠れた特産品として覚えておいていただけたら幸いです。

 

コメントする

*
*
* (公開されません)