沖縄一の人気者はやっぱり「ゴーヤー」!

沖縄一の人気者はやっぱり「ゴーヤー」!

ゴーヤーとは?ゴーヤ?ゴーヤー?どれが正しい?

ゴーヤーチャンプルー


もはやゴーヤーといえば、日本中どこに行っても通用するようになってきたと思いますが、和名では「ニガウリ」「ツルレイシ」と呼ばれています。

苦いウリ、つるに生えているレイシという意味かと思いますが、このレイシというのはキノコのレイシではなく、おそらくライチを意味するレイシじゃないかと思います。見た目のイボイボがライチと似ているところから来たのではないでしょうか。

沖縄ではまず「ゴーヤー」で、「ゴーヤ」と呼ぶことはまずありません。ゴーヤと書いていたらちょっと「うーん、アヤシイ」と思うんですが、私だけでしょうか。メニュー表におさまりのいい文字数に調整して削られることはあるかもしれないですが、できればゴーヤーと伸ばしてほしいものです。

余談ですが、小学校では「呉屋(ごや)」という名字の男の子はだいたい友達の間で「ゴーヤー」と呼ばれます。女子にはあまり使いませんね。

ゴーヤーは、沖縄はもちろん様々な地域でその栄養が認められるようになり、特に夏バテ予防を目的に食されています。

ゴーヤーは夏バテに効く?

ゴーヤーは暖かい地域で育つため、夏バテ予防に効果的な食品と言われています。

その苦味が食欲を刺激するとも言われますが、一方で栄養素も非常に優秀。夏場に特に消費されがちなビタミンCを豊富に含んでおり、しかもゴーヤーのビタミンCは特殊で熱に強く、加熱調理でも失われません。

沖縄ではゴーヤーは多様に食べられています。
代表的な料理はゴーヤーチャンプルーですが、ゴーヤー茶、ゴーヤーのてんぷら、ゴーヤーの酢の物、漬物など、ゴーヤーの肉詰めなど、調理方法も多いのです。クックパッドなどで検索すると、多くのレシピに出会えると思いますが、個人的には舌が慣れているからか、沖縄の方が作ったレシピのほうが合います。

子供の頃は苦くて嫌いだったりしますが、地元では小学校の高学年くらいになってくると、好んで食べるようになってくるから不思議です。そして、大人になる頃には夏にはゴーヤーを食べないと何だか物足りないような気持ちになってきます。

沖縄の夏は暑さも大変ですが、暑い時期が長く続くのが大変です。だからこそ、夏バテ防止はとても重要なんですね。そんな夏場の友として、ゴーヤーはとても愛されています。

ゴーヤー雑学あれこれ

■緑のカーテンにゴーヤーを
最近、緑のカーテンという言葉があります。
これは、植物によって日陰を作り、建物が直射日光によって暖かくなるのを防ぎ、冷房などを省エネしようという温暖化対策のことです。

この緑のカーテンに最適な植物の一つがゴーヤーだと言われています。つるが伸びて葉っぱをつけてくれるというのも勿論ですし、ゴーヤーは実が苦いこともあって虫が寄りにくいという特性があるそうです。ちなみに、ゴーヤーの花は黄色なんですよ。さすがにそこまで緑ではありませんでした。

■「海ゴーヤー」なるものがある
沖縄には海ゴーヤーなる海藻もあり、見た目がゴーヤーのような海ゴーヤーがあるのです。
こちらも酢の物やサラダにしたりして、お酒のおつまみなどとして食べられています。
最近あまり見かけなくなった気がしますが。

■沖縄のゴーヤーの特徴
沖縄のゴーヤーの特徴は、「大きい」「色が濃い」という点にあります。他の地域でゴーヤーを育ててみると、ひょろひょろとしたものができたり、また色が薄い緑色だったりするそうです。
きっと、沖縄の強烈な日差しを浴びている間にそのようになるのだと考えられます。沖縄では基本的に葉っぱが大きく、分厚く、色の濃い植物が多いように感じます。ゴーヤーもそのような環境で育って今のようになったのでしょう。

ちなみに、沖縄のゴーヤーの種をもっていって内地で育ててみても、沖縄とは違った雰囲気の実が実るそうです。

■実は、ゴーヤーチャンプルーは太る
ゴーヤーチャンプルーといえば、ゴーヤーたっぷりでビタミンCが豊富で健康的な感じがしますよね?でも、ゴーヤーチャンプルーばかりだと太るんです。

お家やお店によっても異なりますが、ゴーヤーチャンプルーだからと言ってゴーヤーが一番多いとは限りません。むしろ、ゴーヤーより他の食品が多く入っていることも少なくないのです。
そして、他の食品というのが、豆腐、豚肉、卵だったりするので、実は意外にたんぱく質が豊富。美味しいからとたくさん食べていると、知らない間にけっこうなカロリーになっていることもあるんです。

ダイエット中の方は、豆腐やお肉に吊られず、ゴーヤーを中心に食べてくださいね。

■もう、何でもゴーヤー!
ゴーヤーは観光資源としていろんなものにデザインされ、Tシャツやスマホケースのデザインになったり、キャラクター化されて商品になったりしています。

一番有名なものが、NHKの朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」で登場したゴーヤーマン。さすがに今ではゴーヤーマンを見かけることはほとんどありませんが、ゴーヤーをモチーフにした商品は枚挙に暇がありません。

何の因果か、沖縄のメイン道路は国道58号線で、やっぱり58(ゴーヤー)なんだなぁと驚かされるばかりです。

コメントする

*
*
* (公開されません)

>>レキオストリートのおすすめ沖縄みやげはこちらから(随時更新)