沖縄にしかない、魔法の泥「クチャ」が美容に効く

沖縄にしかない、魔法の泥「クチャ」が美容に効く

クチャって何?

琉球くちゃ石けん 120g
クチャというのは、沖縄の方言で「泥」のことを言います。言葉は宮古島の方言と言われています。 このクチャ、どういう泥なのかというと、古代から存在する海底の泥が、地盤が隆起してきたことによって地表に現れたものだそうです。泥の中でも粒子が細かく、貝の化石やサンゴの死骸などを多く含み、ミネラルやカルシウムを豊富に含むという特徴があります。

このような質をもった泥は死海や地中海の一部でも見られるそうですが、日本では沖縄だけ。 このクチャが、美容分野で注目されており、シャンプーや石鹸、パックなどの天然素材として用いられるようになっています。

泥の美容効果

泥なら何でも良いのではなく、おおよそ美容のために使われる泥は「海泥」のことを指し、美容業界ではよく「クレイ」と呼ばれます。ですから、クレイパックのクレイは海泥のことです。クレイパックでは、 泥の細かい粒子が、肌の毛穴の奥にまで入り込んで毛穴の黒ずみや汚れを落とし、古くなった角質を落としてくれます。 また、毛穴の汚れを除去するだけでなく、毛穴を引き締め、ミネラルをたくさん含んだ海藻エキスが肌の状態を良好に保つために役立ちます。

こうした働きにより、美肌効果や美白効果、また毛髪のツヤをよくし、太さを保つなどの効果が認められており、泥(クレイ)の中でも存在感を増しつつあるのが沖縄生まれの「クチャ」なのです。

クチャが使われている美用品

沖縄では、琉球王朝時代(1429~1879)の頃から女性たちはクチャを乾燥させて髪を洗うときに使ったり、顔に塗ってパックや洗顔料の代わりとしていたそうです。 沖縄が日本に復帰した1972年頃まで美容のためにクチャが用いられていたと言われますが、復帰後は急に減ったようです。これは日本復帰後、全国に普及していた化学製品が多く入ってきたためだと思われます。

かつての沖縄の女性たちはその髪質が素晴らしく、非常にツヤがあってきれいだったそうで、また長寿の女性たちも髪質が比較的よかったことがクチャが注目された理由だと言われています。

■シャンプー


■洗顔料・パック

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海の泥パック『かんたん クチャ パック 120g』
価格:1474円(税込、送料別) (2021/11/1時点)


コメントする

*
*
* (公開されません)

>>レキオストリートのおすすめ沖縄みやげはこちらから(随時更新)