もはや全国区!沖縄で最も有名な伝統芸能「エイサー」

もはや全国区!沖縄で最も有名な伝統芸能「エイサー」

沖縄で一番有名な伝統芸能「エイサー」

エイサーとは、本土で言う盆踊りにあたる、旧盆を祝い先祖の霊たちを送迎するために行なわれた踊りの一種です。

大小の太鼓をもった人々が町を練り歩くさまや、伝統芸能であるにもかかわらず若い人々が中心になって行なわれていることが大きな特徴です。

昔は地域ごとの青年団がチームを組んで行なうことが多かったエイサーですが、最近は地域を越えて活動するチームや、女性のみのチーム、子どもたちのチーム、老人会のチームなど、さまざまな種類のチームでエイサーをを楽しんでいます。

沖縄では保育園から高校・大学、大人たちにいたるまで、文化祭や運動会、学園祭、結婚式の際には必須ともいえる定番の出し物となっています。沖縄の子どもたちは、学校生活の中でエイサーを習い、または地域の夏祭りなどを通してエイサーに触れるのが当たり前という環境で育っているのも面白いですね。

沖縄県では各種のエイサーイベントも頻繁に行なわれており、県内でのエイサー人気に火をつけると共に、観光上の重要なイベントにもなっています。

エイサーの歴史

エイサーの起源は諸説あり、浄土宗の僧が念仏踊りを沖縄に伝えたものが変化したという説や、それよりずっと昔からエイサーと思われる踊りの記述が歴史書に見られるという話もありますが、まだ結論は出ていないようです。

明治時代以降、庶民の間でエイサーが流行し、もともとは首里で行なわれていたエイサーが沖縄の中北部を中心に全県に広がっていきました。大衆化と同時に、当時に歌われていた民謡などを取り込み、芸能としての幅も広がりました。

時代が流れ、昭和に入り、戦後のエイサーは大きくスタイルを変えて行きます。

派手なパフォーマンスや太鼓の使用、洗練された衣装といった目を引く工夫が施されるようになりました。また、旧来の曲や振りつけにとらわれず、世間のポップスなどに乗せて自由に振り付けを考えて演技する創作エイサー(スーパーエイサーといわれることもある)も現れるようになり、若者たちの中ではストリートダンスのような感覚で伝統芸能であるエイサーを楽しんでいる人も増えています。

沖縄では中部地域を中心に、頻繁にエイサー関連イベントがあり、また日本の各地や世界のいろんな地域に愛好家たちが生まれ、ワールドワイドなエイサーイベントが催されるようになっており、かつてない盛り上がりを見せています。

エイサー

エイサーの役割

エイサーは皆が同じ踊りを踊るわけではなく、様々な役割があります。

沖縄全島エイサー祭りのWebサイトによると、

◆大太鼓
三線の音をしっかりとらえる者が担う、エイサーの音頭取り的役割。演技中は全体の音がずれないように常にリードし、一打たりとも気が抜けない重要なポジションだ。重量のある大太鼓を持つ体の大きさと体力も要求される。大太鼓を抱えて動きが制限されながらもダイナミックな演技をする。大太鼓の重鎮な響きがエイサーの壮大さを醸し出す。

◆締太鼓
締太鼓は演舞の華といえる。全体が一糸乱れぬ動きで体を動かし、その大胆さと細やかな演技のそろい具合の圧巻さは見る者を引きつける。

◆イキガモーイ(男手踊り)
エイサーの踊りの基本。男性はまずは手踊りからはじめ、リズムや動きをつかめないと太鼓を持たせてもらえない。足の踏み方などで上達具合が分かるという。青年会によっては空手の型を取り入れているところもある。

◆イナグモーイ(女手踊り)
女踊りは主に絣の着物をまとい、タスキがけをし、足元は島ぞうりで、団体によっては豆しぼりやサージ(手ぬぐい)を頭に巻く。力強い男踊りに対して、しなやかな踊りの中に手先の緩やかな動きで踊りに華を添える。

◆旗頭
隊列の先頭に立ち、青年会の顔ともいえる。かなりの重量のある旗を曲のリズムに合わせてテンポ良く上下にふる。道ジュネーの最中に他の青年会と鉢合わせになると、ガーエー(エイサーオーラセー)が始まることがあるが、その際には相手の旗頭と競うようにアップテンポで旗をなびかせる。各青年会ごとに旗が違うのでそれも見所の1つ。

◆サナジャー
(本来の意味とは違うが「チョンダラー」と呼ばれる事もある)
観客を盛り上げる等、道化的な役割をしつつ、エイサーの隊列を整えたりする。エイサーのキャリアを積んだベテランがこの役目を務めることが多い。旧盆の道ジュネーでは、道先案内役として、周囲と調和をとる。奇抜で工夫されたメイクや滑稽な踊りは一見の価値ありである。

といった、様々な役割でひとつのチームが構成されています。

エイサー長胴太鼓(24cm)

エイサー長胴太鼓(24cm)
価格:8,240円(税込、送料別)

管理人の思うエイサーの魅力

管理人が思うに、エイサーの一番の魅力はその高揚感だと思います。

その演舞からも高揚するのですが、寸分の違いなくシンクロしたその太鼓の音を聞いているうちに、心臓がドキドキとしてきて、体の内側から力が湧いてくるような思いになっていくのです。

演技する若者たちの真剣な表情や、それを温かく、また憧れるように見守る人々の雰囲気は、固くなりがちな一般的な伝統芸能とは一線を画している感があります。野外で行なわれるからこその開放感も手伝って、元気が出てくるのがエイサーの魅力だなぁと感じます。

沖縄ではドキドキするときに「ちむどんどん」と言いますが「ちむ(=心、心臓)」が「どんどん(=ドンドン、ドキドキ)」するという意味です。まさに、エイサーのための言葉だなぁと思います。

エイサーあれこれ

■ 「エイサーなら仕方ない」
当然、そのようなエイサーですから、練習のためには大きな音が鳴ります。
そして、数十人という大勢で行なうことが多いので、なかなか練習する場所がありません。
学校の体育館や運動場が使えればいいのかもしれませんが、そういう機会もそれほど多くありませんし、またイベント前は練習場所も混み合います。

そんな時は、警察やご近所に許可をとって、近所の広い通りや公園を使って練習をすることがあります。

しかも、皆さんお仕事をされながらエイサーをしていたりするので、20時や21時から練習開始、近所に太鼓の音が響き渡る、ということも少なくありません。

しかしそこは沖縄。「まあ、エイサーなら仕方ない」という雰囲気になり、見学に行って応援する人もいます。

こうした地域の活動を見守る習慣があるのは沖縄のとてもいいところだなと思います。

■エイサー検定
沖縄のエイサーについて、どれくらい皆さんはご存知ですか?

オンラインで受けられる「エイサー検定」がありますので、興味のある方は是非ご覧下さい。

沖縄では歴史や観光ガイドに関して公式の検定があり、観光都市の魅力を高めようと努力しています。勉強しておくと、エイサーを見る時に面白いかもしれませんよ。

■いろんなエイサーイベント
以下はエイサーのイベントの一例です。その他にもいろいろなエイサーイベントがありますので、沖縄にお越しの際はぜひとも探してみてくださいね。

  • 那覇一万人のエイサー踊り隊(那覇市。例年8月)
  • 全島エイサー祭り(沖縄市。例年8月)
  • 糸満ふるさとエイサー祭り(糸満市。例年7月)
  • 全沖縄こどもエイサーまつり(豊見城市。例年7月)
  • 金武町青年エイサーまつり(金武町。8月)
  • 読谷青年エイサーまつり(読谷町。8月)
  • 青年ふるさとエイサーまつり(那覇市。8月~9月)
  • 世界エイサー大会(浦添市。例年9月~10月。)

【参考】
Wikipedia 「エイサー」

たびらい沖縄

エイサー検定

沖縄全島エイサーまつり

コメント

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

コメントはまだありません。

  1. […] 沖縄の伝統芸能エイサーについては、以前の記事で紹介しましたが、最近はいろんな地域でエイサー同好会が活動していたり、エイサーイベントが行われています。和太鼓系のイベントに参加していることもありますね。 […]

コメントする

*
*
* (公開されません)

>>レキオストリートのおすすめ沖縄みやげはこちらから(随時更新)